ブログパーツ
QLOOKアクセス解析

サラウンドに嵌った男は他の事にも嵌ってます(笑)

サラウンドは永遠に不滅ですが、ブログの幅を広げます(笑)
サラウンドに嵌った男は他の事にも嵌ってます(笑) TOP  > 

最近、見た映画「カリフォルニア・ダウン」「ファンタスティック・フォー」

・カリフォルニア・ダウン(BD)(2016-61)

最近、何となく好きな俳優さん、ドウェイン・ジョンソン!

ワンダーコア2を買ってお腹を引き締めつつ、上体も筋肉量を
増やしたい・・・、と思ってますがドウェインのような体には絶対になりませんね!
なっても日常生活が困りそうですけど・・(笑)

全く内容を知らず「戦争かエイリアンもの」かと思ってました・・(^▽^;)

結局、地震と津波ものの映画だった訳ですが映像が凄かったですね!
上空から見ると地面が「あんなに波打つのか??」というエグいものでした。

相変わらず不死身のドウェインでしたが、どんな危機に陥ってもハッピーエンドが
約束されてて安心です。僕はハッピーエンドが好きなんですね・・(^▽^;)

娘役のアレクサンドラ・ダダリオが感じのいい女の子役でした。
それにしても胸が大きい・・(笑)

何でも続編があるとか無いとか?
続編も同じ地震ものとしたら、あれ以上に大きい被害が??
考えられません(笑)


【点数】
 内容:7 点
 映像:8.5点 見ごたえあり!!
 音 :8 点
 総合:7.5点
 ※内容はあまり無いかも??(^▽^;)




・ファンタスティック・フォー(BD)(2016-62)
どうしても大好きなジェシカ・アルバが出演していたファンタスティック・フォーとの
比較になりますが、想像以上に面白くなかったかも??(汗)

これはキャストだけの問題ではないと思うんです。何でしょう??(^▽^;)

新しい映画だけあって映像と音は楽しめました。
音は低音や移動感が楽しい映画だったとは思いますが、
内容はどうでしょう??

リードの子供の頃の話は良かったんですよね・・
期待できるかも??と思いきや、中だるみが続き、
いざ戦闘が始まるとえ?終わった??という感じでした(汗)

前作の話になりますがスー役のジェシカ・アルバは猛烈に可愛かったですし・・
鼻血を出したところすら素敵でした(笑)

ジョニーはクリス・エヴァンスですが、
キャプテン・アメリカと違い初々しかったのを覚えてます(笑)

そういえば前作のリード役のヨアン・グリフィスはカリフォルニア・ダウンに出てましたが、
酷いクソ野郎でした。僕の中では素敵なリード役のイメージがありますので、
ちょっと残念だったり・・・(^▽^;)

リメイク版?のファンタスティック・フォーは期待が大き過ぎたせいか、
僕は好きになれませんでした。残念・・

【点数】
 内容:6 点
 映像:8.5点
 音 :8.5点
 総合:7.5点
 ※やっぱりジェシカ・アルバは偉大です♪






【2016年の評価まとめ(9点以上)】
 ・内容   ・・・ジョー・ブラックをよろしく(9点)
          ゴーン・ガール(10点)
          SEVEN/SE7EN(9点)
          ニュー・シネマ・パラダイス(9.5点)
          セッション(9点)
          お!バカんす家族(9点)
          テルマ&ルイーズ(9点)
          プラベート・ライアン(9点)

 ・映像   ・・・ゴーン・ガール(9点)
          マーヴェリックス/波に魅せられた男たち(9点)
          SEVEN/SE7EN(9.5点)
          ジュラシック・ワールド(9点) 
          エクソダス:神と王(9点)

 ・音     ・・・SEVEN/SE7EN(10点)
          ニュー・シネマ・パラダイス(9点)
          セッション(9点)
          ターミネーター新起動/ジェニシス(9.5点)
          007/スペクター(9点)

 ・総合   ・・・ゴーン・ガール(9点)
          SEVEN/SE7EN(9.5点)
          ニュー・シネマ・パラダイス(9点)
          ターミネーター新起動/ジェニシス(9点)
          プライベート・ライアン(9点)




スポンサーサイト
[ 2016年08月21日 09:00 ] カテゴリ:見た映画のリスト | TB(0) | CM(2)

音量とセッティングの関係(スーパーウーハー編)

前回、音量とセッティングの関係(スピーカー編)という内容で
いろいろ書かせていただきました。

スーパーウーハーって爆発音などの激しい音の迫力を出す為に
存在してると思ってましたが、いろいろ弄っているうちに中高音や
音場に大きく影響してる事に気づきました。

MCACCの定在波補正をマニュアルで弄ると低音の鳴り方が
変わるのは勿論ですが、それに伴い中高音の聞こえ方まで変わりました。

考えれば中高音(特に繊細な音)が低音に潰される事は容易に
想像ができる事ですが、例えば映画の迫力を求めると陥りやすい
ワナじゃないでしょうか???

あと僕が陥ったワナですが、スーパーウーハーが一生懸命、鳴ると
妙な音場が形成されたような気になります。部屋が音で充満してるような
錯覚に陥ってました(笑)僕だけでしょうか??(^▽^;)

ちなみに、この状態だとボリュームが大きくなれば迫力(勘違いの)は増しますが、
音は割れるは、聞こえるはずの音が聞こえない。ボリュームを下げた方が
いい音に聞こえるようになります(笑)

パイオニアの場合ですが、MCACCの設定(視聴位置からスーパーウーハーまでの
距離を始めとする補正値)がある程度、整えばそれなりに製作サイドの意図する音が
鳴るのだと思います。ここが決まると見通しの良い音になる気がします。
※定在波の影響が大きいのでしょうか???

この辺の事は去年、一昨年くらいまでに試行錯誤した過程で
感覚的に思ってる事です。

前置きが長くなりましたが、ようやくセッティグの話に(笑)

スーパーウーハーもセッティングが物凄く大事だと思わされたのが、
またまたD-RENを使った足元の変更です。→その時の記事

D-RENを使うまでのセッティングは大理石の上にクリプトンのインシュレーターを
使った3点支持でした。正直、スーパーウーハーが重いせいもあり、
セッティングの変更に腰が重かったんです。

そんなに変わらないかも??と思ってましたし・・(^▽^;)

因みにサンシャインのサイトはユーザーが2chの再生がメインのターゲットなのか、
スーパーウーハーに使用した時の話は出てきません。僕の中では何よりも
効果が大きいと思ってるのですが・・・(^▽^;)

今にして思えば、システムの中で一番の振動が発生する機械ですので、
自身の放つ振動が原因で正しく鳴らす事が出来てなかったのだと思います。

宇宙戦争やオペラ座の怪人の特定のシーンでは、ウーハーがびびって
音のぼやけた不快な音になってました。随分長い間、特定のシーンに限り
諦めてましたので・・。本当に分かってませんでした(笑)

D-RENをスーパーウーハーに使う事でぼやけていた低音の輪郭が
はっきりするようになりました。ウーハーの振動が正しくなってるせいか、
低音にキレとスピードが伴うようになりました。結果、音の定位も良くなってます。

その効果だと思いますが、今の状態でボリュームを下げても爆発音などが
バランス良く小さくなりました。以前はボリュームを下げると爆発音が痩せたり、
輪郭がぼやけたりしてたんです。これはセッティングが良くなった事の効果で、
かなり良い傾向だと思ってます♪

因みにスーパーウーハーのセッティングで音の空気感、臨場感も向上します。
理屈は分かりませんが、ブーミーな音が減ると反比例で良くなったのかな?
くらいに思ってます(笑)

本当はこの状態でMCACCの再測定ができたら・・・、と思ってますが、
今の音にかなり満足してるせいか腰が重いです。もしかしたら、もっと
素晴らしい世界が待ってるかもしれませんが・・・(^▽^;)

ま、今の設定がメモリーされてるので駄目もとで挑戦するべきなんですが・・
歳のせいにしましょう(爆)

スーパーウーハーのセッティングをしっかりする事が
小音量で楽しむ大きなカギを握ってるのでは?という話でした。

次は機器のセッティングですね!




[ 2016年08月16日 21:30 ] カテゴリ:サラウンドの音 | TB(0) | CM(2)

音量とセッティングの関係(スピーカー編)

shuさんが書かれている音量の話に触発され、
自宅の音量を測定するとえらい事に(笑) →その時の記事(笑)

少し前にshuさんのブログで小音量で楽しめるサラウンドが
完成度が高いのでは?
とやり取りをさせていただいてました。

僕は結果的に大音量派に分類される音で聞いてるようですが(笑)
理想は小さい音でもサラウンドを楽しめる音を追及してます。

どういう追及の仕方をしてるか??

僕の行きつく先はアンプやスピーカーなど、機器類の
セッティングに辿りつくと思ってます。
※皆さん、そうなんでしょうね(笑)

この場合でいうセッティングとは機器類の設置方法は勿論の事、
スピーカーの設置場所も含みます。

これらの根拠はこれまでの経験から僕が仮定してるものです。

まずスピーカーについて書いてみたいと思います。

セリフなど主要な音はセンタースピーカーに入ってる事が多いと思いますが、
空間表現に重要な音はフロントスピーカーに入ってる事が多いと思います。

前に2Hさん宅にお邪魔させていただいた時、2本のスピーカーから作られる
ポニョの空間表現に驚愕した事が目から鱗でした。 →その時の記事

例えばBURLESQUEの最後の曲でドラムが部屋をグルリと回るシーンがあります。
視聴位置の横、どうかすると後ろまでグルッと回ってるような音です。

当然、リアスピーカーからも鳴ってると思ってましたが、
どうやら鳴ってるのはフロントだけのようです。
※自信が無いのでまた聞き直しますが・・(^▽^;)

フロントスピーカーに入ってる音を製作サイドの意図通りに鳴らしてやるには、
その部屋におけるベストな位置を探す必要があります。2Hさんが「トン」で追い込んで
いく必要がある位、微妙な調整です。

そして場所が決まればスピーカーの置き方です。
普通に置いても音は鳴りますが、そのスピーカーの持つ性能を
フルに引き出してやろうと思うとセッティングが重要になってきます。

うちはD-RENとマグネシウム超薄型制振シートを使う事で
今までの音が何だったのか??と思うくらい鳴り方が変わりました。→その時のカテゴリ

これは想像ですけど、スピーカーに伝わる床からの振動を
遮断してやる事でスピーカーの持つ能力が最大限に引き出されてるのだと
思います。→小音量でもしっかり鳴らせる!!

小音量でも
1.音の立ち上がりが良い
2.情報量が多い
3.SNが良い

という事でしっかり鳴ってるのだと思います。

前は大きい音で鳴らしても音が割れない、であったり
五月蠅く感じない事が良いセッティングと思ってました。
実際、前はそんな記事が多かったと思います・・(^▽^;)
※記事が見つかったらリンクを貼り足します(笑)

スピーカーがしっかり鳴らせる体制が出来てると、
ソフトに入ってる全ての音を鳴らし切る可能性が高まるという事です。

このソフトの音を出し切るにはアンプやプレーヤーの基本的な性能ではなく、
セッティングが重要なんだと思います。勿論、アンプやプレーヤーの元々の
性能も大事ですが、セッティングがいい加減だと性能を引き出せません。

その話は順番に・・・(^▽^;)

とりあえず次はスーパーウーハーについて書いてみます。
センタースピーカーも大事だとは思いますが、空間表現という意味では
スーパーウーハーかな?と。


[ 2016年08月15日 21:30 ] カテゴリ:サラウンドの音 | TB(0) | CM(4)

自宅の音量が気になって測定してみました!

shuさんがブログで音量に関する記事を書かれており
気になって我が家も測定していみました!

スマホのアプリを使ってみましたが面白いですね!!(^^♪

曲は大好きなPoliceのSynchronicity IIを!

ちなみにアンプのボリュームは-27dbです。
オペラ座の怪人やBURLESQUEで-20db~-18dbでしょうか??
このボリュームは昼間や夜でも21時までで、しっかり楽しみたい時のものです。

この曲はそれほど大きな音量ではないので、
まずは手始めに!のつもりでしたが・・・

2808シンクロニシティ2

あれ??結構な音量が??(^▽^;)

ちなみに一般的な騒音値の目安は?

【90db】
・犬の鳴き声(5m)
・騒々しい工場の中
・カラオケ(店内中央)
・ブルドーザー(5m)

【80db】
・地下鉄の車内
・電車の車内・ピアノ(1m)
・布団たたき(1.5m)
・麻雀牌をかき混ぜる音(1m)

一応、ペアガラスで音漏れも多少はマシかもしれませんが、
しっかり防音してる訳ではないのでご近所様は結構うるさいかも・・
そんなに密接してる訳ではないですが、ちょっと反省した方がいいかも?

このソフトでこれならオペラ座の怪人やBURLESQUEだと測定するのが
恐ろしい・・・。巷で評判になってるガルパンなんてとんでもないかも??(汗)

自分がそれほど爆音派じゃないと思ってたのが恥ずかしいです・・(^▽^;)

[ 2016年08月13日 16:01 ] カテゴリ:部屋の環境 | TB(0) | CM(6)

久しぶりにAztecaを弄ってみました♪やっぱりPoliceはカッコイイ・・

久しぶりに日中、雨戸を降ろし部屋を暗くして
ソフトを楽しんでみました。気が付けばD-RENでセッティングを
弄ってから、じっくり視聴するのは初めてかも??(^▽^;)

オペラ座の怪人やPoliceのライブなど、僕の中のど定番ソフトを
目いっぱい鳴らしてみました!ご近所の方も懐かしい?んな訳ないか・・(^▽^;)

Policeは久しぶりにアングルを変えてみました!!
どういう事か分からないと思います。

2808部屋、Police (3)

何もしなければカメラは観客席側からStingを中心に撮ってますが、
アングルを変更するとStewart Copeland中心に変わります。
彼のドラムさばきが良くわかり、これはこれで楽しいんです!!(^^♪

彼の手元や彼のアップなど、趣向が変わってていいんです。

2808部屋、Police (5)

メニューの曲目リストの右上(赤丸の部分)にあるswitch angleをクリックすると
Stewartバージョンに切り替わります!!ま、こんな古いソフトを未だに楽しんでる
人は日本にもそう居ないとは思いますが・・・(^▽^;)



このソフト、何べん聞いても飽きる事がなくカッコイイです。
自分でこんな事を書くのは気が引けますが、音が良くなり更に楽しめてます。

このソフト、1曲目のMessage In A Bottleのギターは定位が甘く「んん??」と
なりますが、それ以降は視聴位置の右側を中心にキレとスピードのある音で鳴ってくれます。

2曲目のSynchronicity IIはStingのベースの唸る音と共に痺れさせてくれます♪
このソフトはある程度のボリュームをあげて楽しみたいですね!D-RENでSWから
余計なビビリ音が少なくなったのも良くなった大きな要因の一つですね!

ただ、前から書いてる事ですが音が左右に分かれた感が強くなるシーンがあります。
これは普通の映画を見ていても、たまに感じる事ですが解決法が思いつかず
放置してました。何気に壁を見て「ふと」気が付いた事が。

もともと左右の壁のフロントスピーカーと視聴位置の中間くらいの
位置にAztecaを貼っていましたが、いろいろ検証の結果、外しました。

という事で遊んでるAztecaが二つあるので、正面の壁の上に付けたらどうなるか?
ふと試してみたくなりました!!(^^♪

2808部屋、Police (2)

2808部屋、Police (1)

こんな事で変わるのか?と思われる方もいらっしゃると思います。当然です(笑)
けど、やっぱり変わるんですね・・。それもかなり・・・(^▽^;)

そして全く期待してませんでしたが、気になってた音の左右に分かれた感が
マシになったんです。こんなに結果がすぐ出るとは・・。嬉しい誤算(笑)

BURLESQUEの最後の曲も音場的には良くなったのではないでしょうか??
サビの部分でドラムの音が部屋を1周するシーンも、ドラムの音のぼやけた
感じがかなりマシになってます。

ただ音がややスクリーン側に引っ込み、しかも平面的になった気がします。
気がします、と書いてますが間違いないです・・。これはあまり好ましくない・・

そして、もっと許せないのがリアスピーカーからの音が奥まってしまいました。
物凄く遠慮がちに聞こえるんです・・。オペラ座の怪人やPoliceのライブで
観客の拍手が視聴位置から相当後ろに下がってしまった印象です。

Aztecaの位置で多少は改善されるんでしょうか??
フロントの左右に分かれた感が改善されたのは大きいですが、
今回のマイナス面は目を瞑り難いかも・・・(^▽^;)

ま、休みはもう少しありますので色々試してみるとしましょう!!(^.^)




[ 2016年08月13日 06:00 ] カテゴリ:AztecaとWatayukiⅡ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

take 51

Author:take 51
なんちゃってホームシアターで
映画を楽しんでます!

映画は内容も大事ですが、
やっぱり音ですよ!
サラウンドですよね!!!

派手な音が入ってると
思わずニンマリ!(笑)

【他に嵌ってる事のブログ】
「↓↓↓」もどうぞ!(^^♪

メダカに嵌った男のブログ
競馬に嵌った男のブログ
「麺」に嵌った男のブログ

見られてる記事ランキング
月別アーカイブ

FC2ブログランキング
ブログランキグ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ blogram投票ボタン
カテゴリ
広告です!(^.^)
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
QRコード
QRコード