ブログパーツ
QLOOKアクセス解析

サラウンドに嵌った男は他の事にも嵌ってます(笑)

サラウンドは永遠に不滅ですが、ブログの幅を広げます(笑)
サラウンドに嵌った男は他の事にも嵌ってます(笑) TOP  >  MCACC

測定し直したMCACCの音は?

久しぶりに測定したMCACCの音は以外に「あり」でした。

視聴したのはクリスボッティにオペラ座の怪人ですが、
新しく設定された音を基準とするならば今までの音に
不自然さが感じられます。

全体最適で判断すると今までの音の方が
好みですが、新しい数値を見て試してみたいことが
見つかりました!!(^^♪

まず新しくなった音ですが、バランス優先で大人しくなった
感はあります。全体的に優しくまろやかな音で、重厚さを
求められる音もほわーっとした感じです。。(^▽^;)

ただ、音の響きなどは「より」自然でいい感じです!
オペラ座の怪人のチャプター20のティンパニの余韻は良かったです!
一つ一つの音の重厚さなどは今までの音に分がありますが、
あの響き方は取り入れたいです♪

クリスボッティのライブではバスドラは微妙でした。
スピード感は後退するものの、バスドラの音自体は
新しい設定の方がいいかもしれません。

ただ躍動感が乏しくなるというか、
楽しい音ではないんです。

とりあえずスピーカーディスタンスを弄ってみようと思います!
センタースピーカーの出力を調整しながら、どう変わるか
試してみたいと思います!(^^♪





スポンサーサイト
[ 2013年08月17日 19:43 ] カテゴリ:MCACC | TB(0) | CM(0)

重い腰をあげてMCACCの再設定を行いました!!(笑)

今日は家族で川に県外まで行ってました!
仕事で高速に乗るので本当は乗りたくなかったんですけど(笑)

帰ってきて思い体に鞭を打ってMCACCの再設定をしました!
昨日、MCACCのEQを感で弄ってましたが、手に追える
代物じゃありません(笑)

前回、測定した時とは部屋やセッティングが全く違います。
今の環境でVSA-AX4AHがどのような数値にしてくれるのか
興味が沸いてきました。

重い腰を上げる、と言っても三脚を出して
セッティングをするだけなんで(笑)

250815MCACC測定

現在、使ってるメモリー6です。
今日の測定結果はメモリー2に記録しました!!(^.^)

高さも含め、限りなく視聴位置に近い状態で測定しました。

上がメモリー2で今回の測定結果で、下の2枚がメモリー6が現在
使用している自分で補正した数値です。

250815(メモリー2)

250814MCACCのデータ
250815(メモリー6)
※上の画像はEQを弄る前の数値(純粋に1年前の数値です)

注目していたEQを見てみると、各スピーカーとも基本的な傾向は
変わらないですね。センタースピーカーの低域が若干違うかな?
という感じでしょうか?

スピーカーディスタンスも微妙に違いますね~
以前、測定時はマットを床に直置きをしてました。
今の環境になって、多少後ろで聞くようになってたんですね!!
フロントスピーカーの間が164cmですから2等辺三角形の頂点で
視聴していることになります。

とりあえずクリスボッティやオペラ座の怪人を聞き比べましたが、
全然違います。当然ですよね(笑)

いいも悪いもありますので、いい塩梅に調整してみたいと思います!

聞き比べた感想は明日以降で・・・
眠たいです。。。(^▽^;)

[ 2013年08月15日 21:53 ] カテゴリ:MCACC | TB(0) | CM(2)

久しぶりに弄ったMCACC

言いたくないですけど、毎日暑いですね(笑)

最後にMCACCの測定をしたのが平成24年6月のようです。
1年経ってたんですね。。あれからラックが無くなり、自作の
スピーカースタンドに変わったりと環境は大幅に変わっています。
パワーストーンやSWの壁コンセントを変更する事で低音の鳴り方が変わった
ことも大きな要因です。

もしかしたら再測定し直した方がいいのかも
しれませんが、それなり以上にまとまっているので腰が
上がらずで。。。(^▽^;)

とは言え、更なる高みを目指してMCACCを弄りたい、
という衝動に駆られています。

250814MCACCのデータ

今のMCACCのデータですが、気になっている箇所をで囲ってみました。
前から気になっている、EQで大きく補正されている部分です。
この補正されている部分を弄ることが、例えばTOTOのバスドラを
叩いた時の皮の音を鳴らせるのでは?なんて思ってます。
※両フロントスピーカーの63Hz、センタースピーカーの500Hz

あとチャンネルレベルの設定画面で各スピーカーからピンクノイズを順に鳴らすことが
出来ますが、フロントRが他のスピーカーに比べ音が高いことも気になってました。

結論から書きますとフロントやセンタースピーカーの赤で63Hzや500Hzを0.5dBずつ
上げたみたものの、僕の耳では然程の変化を感じ取ることが出来ませんでした。

フロントRのピンクノイズの件で16kHzやTRIMを弄ってみたところ、
クリスボッティのライブでMarkのギターが痩せて大変なことになって
しまいましたので、すぐに戻しました(笑)

一度にやると訳が解らなくなりますので、今は両フロントスピーカーの63Hzを
-4.5dBから-4.0dBに0.5dBだけあげてみました。

あとは定在波の調整でSWを少し弄ってみました。
ここの数値を弄ると音が大幅に変わって恐ろしいのですが、
嵌った時の効果は期待できるので挑戦してみました!(^.^)

僕が最近、拘っているのがBilly Kilsonのバスドラをいかに
カッコ良く鳴らすか?ですが、曲はIndian Summerで、1時間30分15秒あたりからで、
特に1時間30分45秒くらいのバスドラに注目しています!

45秒あたりで他のタムやスネアドラムを叩かず、バスドラを叩くだけのシーンがあります。
センタースピーカーの下からドッ、ドッ、ドッ!と鳴る
バスドラがカッコイイんですよね~!!(^^♪

定在波の調整でSWの74hzの「Q」や「ATT」を
弄ると、このバスドラの音が切れを増したりぼやけたりします。
最終的に「ATT」を4.5dBから3.5dBにしてみました。

とりあえずクリスボッティは「こんな感じかな?」という鳴り方に
なりましたので。。。(^▽^;)

他のソフトを聴いて確認をしたいと思います!
最近、レンタルもそんなにしてないので、家にあるソフトを
見返すことが多くなってます。

というのも以前、買ったディスクも当時と今では
視聴環境が変わっており、見返してもそれなりに
楽しめるんです!見てても忘れてますし(笑)

250813色んな写真 (7)

久しぶりに見てみるとします!!\(^o^)/


[ 2013年08月14日 19:18 ] カテゴリ:MCACC | TB(0) | CM(0)

然程の変わりはありませんでした、と書きましたが・・・

大きな間違いでした(汗)

今朝、upした記事にリアスピーカーLのチェンネルレベルを下げたものの、
然程の変わりはありませんでしたと書いた件についてです。

ドリカムのライブ(DVD)を見ていて時の話です。
普段の視聴位置で普通に見ると、少し首を上げなければなりません。
それが結構、肩凝りに繋がってて辛いんです。
※センタースピーカーを極力、フロントの高さに合わせたい為
 スクリーンもちょっと上目になっているんです


ということで正座をして見ると姿勢が良くなり、
視聴していても首は楽なんです。ただ、音が全体的に
ちょっと下目になり好きじゃないんです(汗)

ところが、この状態だとリアLのチャンネルレベルを下げた効果が
ハッキリと出たんです。恐らく正座をすることでフロントのウーハーと
リアのウーハーを結んだ線上に耳が位置したからだと思います。

フロントとリアで作られる音の空間が過去、最高でした!!(^^♪
慣れの問題かもしれませんが、音がちょっと下目なのも
忘れれるくらい??

という事は今の視聴位置を考えると、リアスピーカーの位置が
若干高いということになります。最適な音場が頭の上で構築
されているのかも??そう思えてきました。

常に正座して視聴するとそれなりの満足度は
得られますが、問題は長くて5分くらいしか正座ができない(笑)

ウルトラマンよりちょっと長いくらい?(爆)

10分見たら立ち上がれません(^▽^;)

正座をすると画面を見るにも楽な高さなんですね。。。

今後に向けての選択肢
1.マットをどけて正座をした時の高さになる椅子、もしくはソファーを置く
 問題は僕の寝るところがなくなる(笑)
2.センタースピーカーとリアスピーカーの高さを下げることでスクリーンも下げれる
 問題はフロントに対してリアが下がり過ぎないか心配
3.今の環境で正座できる時間を延ばす訓練
 問題は・・・、痛いし辛い(笑)

寝るところを忘れたら理想は「1」かな~
ソファー代も課題かぁ、、、

やっぱり寝るところが無くなるのも痛いな~(^▽^;)
ま、平和な悩みです。幸せですね!(笑)


[ 2013年01月29日 21:03 ] カテゴリ:MCACC | TB(0) | CM(4)

最新のMCACCデータを見て感じること!

色々、弄ってる中で僕なりに感じることがあり
久しぶりにMCACCデータを取り込んでみました。

250128データ1

【↓定在波】
250128データ2
【↓EQ】
250128データ3

今回、一番確認したかったのはリアスピーカーの
Channel Levelです!現在、使ってるのはM6です。

M1はM6のコピーで、弄っても戻れるように作ったHOMEです(笑)

リアスピーカーの何を確認したかったというと、
クローゼットの扉の影響が反映されているかどうか?でした。

結論から言うとクローゼットの影響は反映しています。
フロントやセンターよりレベルが落とされていました。

MCACCの測定結果を見て、前と後ろのチャンネルレベルの数値が違うことに
疑問を感じても追求することはありませんでした。
あ、違うんだ・・、くらいで(笑)

プロジェクターのラックの整理していて、クローゼットの扉の影響を
考えるようになりました。色々、試すもんですね!(^.^)

前の記事でリアLの隣の壁に暗幕を貼ったり、
クローゼットの扉の前に簾を置くと音が痩せたり・・・、と書きました。
吸音されて音が小さくなったんですね。。

クローゼットの扉に反射を抑える、何かを施そうと思ってます。
その場合はリアスピーカーのチャンネルレベルをフロントに揃えてやろうと思ってます。
もしかしたら今までよりバランスのいい音になるかもしれません。

アンプの設定で調整してもいいと思いますが、音の為には
基本的なセッティングをしっかりする方がいいと思います。

とりあえずリアの出力はリアLを0.5dB下げてみました。
理屈ではクローゼットの扉に近い分、音が大きいはずなので・・
ま、実際は変更してみても然程の変わりはありませんでした(^▽^;)
やっぱり抜本的な改革が必要みたいです!!!

EQなど、他の数値を見てても試してみたいことが多くありますので、
順番に片付けていきたいと思います!!(^^♪

一通り弄った後、MCACCの再測定を行いますが
このM6の数値との違いが楽しみです!!



[ 2013年01月29日 06:36 ] カテゴリ:MCACC | TB(0) | CM(0)
プロフィール

take 51

Author:take 51
なんちゃってホームシアターで
映画を楽しんでます!

映画は内容も大事ですが、
やっぱり音ですよ!
サラウンドですよね!!!

派手な音が入ってると
思わずニンマリ!(笑)

【他に嵌ってる事のブログ】
「↓↓↓」もどうぞ!(^^♪

メダカに嵌った男のブログ
競馬に嵌った男のブログ
「麺」に嵌った男のブログ

見られてる記事ランキング
月別アーカイブ

FC2ブログランキング
ブログランキグ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ blogram投票ボタン
カテゴリ
ブログ内検索
QRコード
QRコード