ブログパーツ
QLOOKアクセス解析

サラウンドに嵌った男は他の事にも嵌ってます(笑)

サラウンドは永遠に不滅ですが、ブログの幅を広げます(笑)
サラウンドに嵌った男は他の事にも嵌ってます(笑) TOP  >  サラウンドの音

サラウンドについて最近、思う事

少し前にセッティングの事について記事を幾つか書きました。

音量とセッティングの関係(スピーカー編)
音量とセッティングの関係(スーパーウーハー編)
音量とセッティングの関係(機器類編)

まとめの記事を書いてない事は分かってましたが、
やりくさしのままで・・・(^▽^;)

D-RENでスピーカーの鳴り方が変わり、換気扇フィルターを電源などに施す事で
またまた鳴り方が変わり驚愕しているところ、shuさんの記事を読んで改めて
セッティグの重要性を感じていたところです。

そして最近の映画を見ていて音に感動する事が少なくなってきました。
映像は派手だし爆発音も激しくて見ていて高揚はします。

けど、オペラ座の怪人など、少し前の映画の方が音作りは凝ってて楽しいと思います。
楽器やフレーズによって鳴らすスピーカーを使い分け、それぞれのスピーカーを
ちゃんと鳴らせる事で部屋に見事な音場が形成されるような感じです。

セッティングの精度が上がるにつれオペラ座の怪人の鳴り方も進化します。
やっていて、たまらなく楽しいんです♪

そして最近、思う事とタイトルに書いた思う事とは??

1.まだまだセッティングは追い込める?

特にリアスピーカーに関してはまだまだ追い込めます。
フロントスピーカーの鳴り方の変化を基準にするとリアはまだまだです(汗)

まず手製のスピーカースタンドが未熟でぐらつきがあります。

これは致命的な欠点で、ただでさえ微妙で繊細な音が多いリアスピーカー
からの音を正確に鳴らす事は厳しいと思います。

とりあえずマグネシウム制振ボードやD-RENなどをリアに投入し、
レベルアップはしていく予定ですが、スタンドのぐらつきは補修しようがない??(汗)
※本当を言うとセンタースピーカーのスタンドも怪しいです・・(^▽^;)

フロントスピーカーの空間表現アップが何によるものか分かりません(笑)
うちの場合、スピーカーのセッティングの向上と電源系のレベルアップに
よるものとしか言いようがなく・・・(^▽^;)

同様の効果がリアスピーカーで得られる事ができれば、例えばリアスピーカーに
入ってる拍手の質感、臨場感のアップが見込めます。もしかしたら高さも
補えるかもしれません。今まで聞いてた音と全く違う鳴り方が期待できるかも?(^^♪

実は根拠のない話を書いてる訳でもなく、随分前にイベントで聞いた
オペラ座の怪人の感動がうちでは再現できてないんです。オペラ座の怪人の
限らず、ドリームガールズなど(何度か記事に書いてる拘ってるシーンがあります)もです。

とは言え、うちのリアスピーカーはフロントと違って壁から近く、スピーカー周りの空間が
確保できてないなど、色んな負の要素があるので仮にスピーカーのセッティングを
良くしても焼け石に水かもしれないんですよね・・・(^▽^;)
※それでもやらねば!!(笑)

昨年末にアトモスでターミネーターを見てアトモス熱は上がってましたが、
ここまでセッティングに神経質になってる以上、アトモスの導入は不可能っぽいです。
天井のスピーカーなんて取り付けるだけでも一苦労なのに、天井とスピーカーの
間にインシュレーターにD-RENと・・、あと制振シートも・・。
なんて思ってたら病気になります(笑)

あとは今の環境のセッティングに納得ができてない以上、
次のステップには進めないです。

2.最近の映画はアトモスでしか楽しめない??

今でも多少の音の高さは確保できてますが、天井にスピーカーがある
ほどの鳴り方はできてません。去年のターミネーターで比較ができてます。

僕が最近の映画で音の感動が薄いのは、本来ソフトが持ってるポテンシャルの
ほんの一部しか楽しめてないから??と思えてきました。

去年のイベントの説明で頭上の音は天井と床にあるスピーカーの両方で
構築されていると教わりました。なるほど、その理屈はオペラ座の怪人で
書いた、音が複数のスピーカーで構築されている事と同じです。


・・・・

ハードルが尋常じゃなく高いですね(笑)

今、5本のスピーカーで構築を頑張ってますが日々のセッティングで
音の隙間は昔との比較で、かなり埋まりました。

アトモスも僕の理屈から言えば天井のスピーカーのセッティングを
追い込めば追い込むほど、素晴らしい空間表現が可能だと思います。

興味はあります。やってみたい気持ちはあります。
けど、いつになるやら・・・(笑)

と、思ってる事を書いてみました。

そして、音量とセッティングの関係のまとめ記事とさせていただきます!(^▽^;)






スポンサーサイト
[ 2016年11月03日 10:45 ] カテゴリ:サラウンドの音 | TB(0) | CM(5)

音量とセッティングの関係(機器類編)

音量とセッティングの関係(スピーカー編)
音量とセッティングの関係(スーパーウーハー編)

音量とセッティングの関係という事で2つの記事を書きました。
書いた記事を自分で読んで挑戦的な内容だな・・、と思ったり・・(^▽^;)
と言いつつ、もう少し攻めてみたいと思います(笑)

アンプとプレーヤーについて書きたいと思いますが、
ともに何気にラックに置いておりセッティングなんて気にしてませんでした。
いや、セッティングで音や映像が変わるなんて思いもしませんでしたので・・(^▽^;)

最初の衝撃は制振シートでした。

最初の記事は2009年だったんですね(笑)
まずはDV-AX5AViの下に超薄型制振シートA-40を敷きました。 →その時の記事

この時の経験がオーディオに振動が大敵と刷り込まれました。
そして高級な機器はこの辺の振動対策がしっかりしてるのかな?と思うようになりました。

という事で最近の薄くて軽いプレーヤーには非常に懐疑的で、
どんなに優れたチップを搭載してたとしても信用ができないです。
「軽い=対策ができてない」と信じてます。物量こそ全て!みたいな(笑)

そんなこんなで価格の割に変化あえて効果と書きません)の大きいサンシャイン製品の
ファンになりました。いや、他のメーカーさんのアクセサリーは高すぎるんです・・(^▽^;)

振り返ると色んなアクセサリーを試してます。ボードにMgスペンサーに
最近ではD-RENなど・・・。カテゴリのアクセサリー類もいっぱいになりました(笑)

因みにアンプやプレーヤーに施したアクセサリーでどんな変化があったか?

基本、音に芯が入りSNが良くなります。低音など重心が下がったような
ズッシリとした音に変わります。映像に関してはノイズが減り、暗いシーンは暗く、
明るいシーンも階調が滑らかになり情報量の多い絵になります。

その結果、立体感や奥行き感も良くなり感動的な絵になります。
女優さんの美しさも倍増です(笑)

これらの変化は機器やソフトの潜在能力をアクセサリーを使って
引き出してるのだと思います。その引き出し方にアクセサリーの持つ個性が
加味されてる感じでしょうか??


※ここが僕の中でポイントです

つまりアクセサリーによる変化が、好ましい結果になった
場合は効果という風に呼べるのではないでしょうか?

音だけでなく映像にも言える事ですが、目や耳を介在し脳みそに届くまで
色んな要素が関係しています。電源やケーブルは勿論の事、部屋の構造も含め、
本当に色んな事が関わり合ってます。

その複雑な関係をコーディネートして日夜、努力してるのだと思います。

長くなってますが結論です。

少し前に僕の中のポイントと書かせていただいた機器やソフトの潜在能力を
引き出してやる事が、まずは肝心なのでは?という事です。

スピーカーのセッティングで音の鳴り方が変わるのは前の記事で書いたことです。
情報量がアップする事もあるでしょう。けど、プレーヤーやアンプから引き出せてない
音をスピーカーのセッティングで引き出す事は不可能です。

通常、人が潜在能力の3割しか使えてないところ、
北斗神拳は100%を引き出す事が可能です。
※分かる人いるかな・・(^▽^;)
僕は北斗神拳が使えないので、僕はアクセサリーを使って
潜在能力を引き出してやるのです(笑)

ここでほとんどまとめちゃった気もしますが、次でまとめの記事にしたいと思います。
こうして書いていると自分の頭の中も整理できますね!!(^^♪


[ 2016年08月27日 11:00 ] カテゴリ:サラウンドの音 | TB(0) | CM(4)

音量とセッティングの関係(スーパーウーハー編)

前回、音量とセッティングの関係(スピーカー編)という内容で
いろいろ書かせていただきました。

スーパーウーハーって爆発音などの激しい音の迫力を出す為に
存在してると思ってましたが、いろいろ弄っているうちに中高音や
音場に大きく影響してる事に気づきました。

MCACCの定在波補正をマニュアルで弄ると低音の鳴り方が
変わるのは勿論ですが、それに伴い中高音の聞こえ方まで変わりました。

考えれば中高音(特に繊細な音)が低音に潰される事は容易に
想像ができる事ですが、例えば映画の迫力を求めると陥りやすい
ワナじゃないでしょうか???

あと僕が陥ったワナですが、スーパーウーハーが一生懸命、鳴ると
妙な音場が形成されたような気になります。部屋が音で充満してるような
錯覚に陥ってました(笑)僕だけでしょうか??(^▽^;)

ちなみに、この状態だとボリュームが大きくなれば迫力(勘違いの)は増しますが、
音は割れるは、聞こえるはずの音が聞こえない。ボリュームを下げた方が
いい音に聞こえるようになります(笑)

パイオニアの場合ですが、MCACCの設定(視聴位置からスーパーウーハーまでの
距離を始めとする補正値)がある程度、整えばそれなりに製作サイドの意図する音が
鳴るのだと思います。ここが決まると見通しの良い音になる気がします。
※定在波の影響が大きいのでしょうか???

この辺の事は去年、一昨年くらいまでに試行錯誤した過程で
感覚的に思ってる事です。

前置きが長くなりましたが、ようやくセッティグの話に(笑)

スーパーウーハーもセッティングが物凄く大事だと思わされたのが、
またまたD-RENを使った足元の変更です。→その時の記事

D-RENを使うまでのセッティングは大理石の上にクリプトンのインシュレーターを
使った3点支持でした。正直、スーパーウーハーが重いせいもあり、
セッティングの変更に腰が重かったんです。

そんなに変わらないかも??と思ってましたし・・(^▽^;)

因みにサンシャインのサイトはユーザーが2chの再生がメインのターゲットなのか、
スーパーウーハーに使用した時の話は出てきません。僕の中では何よりも
効果が大きいと思ってるのですが・・・(^▽^;)

今にして思えば、システムの中で一番の振動が発生する機械ですので、
自身の放つ振動が原因で正しく鳴らす事が出来てなかったのだと思います。

宇宙戦争やオペラ座の怪人の特定のシーンでは、ウーハーがびびって
音のぼやけた不快な音になってました。随分長い間、特定のシーンに限り
諦めてましたので・・。本当に分かってませんでした(笑)

D-RENをスーパーウーハーに使う事でぼやけていた低音の輪郭が
はっきりするようになりました。ウーハーの振動が正しくなってるせいか、
低音にキレとスピードが伴うようになりました。結果、音の定位も良くなってます。

その効果だと思いますが、今の状態でボリュームを下げても爆発音などが
バランス良く小さくなりました。以前はボリュームを下げると爆発音が痩せたり、
輪郭がぼやけたりしてたんです。これはセッティングが良くなった事の効果で、
かなり良い傾向だと思ってます♪

因みにスーパーウーハーのセッティングで音の空気感、臨場感も向上します。
理屈は分かりませんが、ブーミーな音が減ると反比例で良くなったのかな?
くらいに思ってます(笑)

本当はこの状態でMCACCの再測定ができたら・・・、と思ってますが、
今の音にかなり満足してるせいか腰が重いです。もしかしたら、もっと
素晴らしい世界が待ってるかもしれませんが・・・(^▽^;)

ま、今の設定がメモリーされてるので駄目もとで挑戦するべきなんですが・・
歳のせいにしましょう(爆)

スーパーウーハーのセッティングをしっかりする事が
小音量で楽しむ大きなカギを握ってるのでは?という話でした。

次は機器のセッティングですね!




[ 2016年08月16日 21:30 ] カテゴリ:サラウンドの音 | TB(0) | CM(2)

音量とセッティングの関係(スピーカー編)

shuさんが書かれている音量の話に触発され、
自宅の音量を測定するとえらい事に(笑) →その時の記事(笑)

少し前にshuさんのブログで小音量で楽しめるサラウンドが
完成度が高いのでは?
とやり取りをさせていただいてました。

僕は結果的に大音量派に分類される音で聞いてるようですが(笑)
理想は小さい音でもサラウンドを楽しめる音を追及してます。

どういう追及の仕方をしてるか??

僕の行きつく先はアンプやスピーカーなど、機器類の
セッティングに辿りつくと思ってます。
※皆さん、そうなんでしょうね(笑)

この場合でいうセッティングとは機器類の設置方法は勿論の事、
スピーカーの設置場所も含みます。

これらの根拠はこれまでの経験から僕が仮定してるものです。

まずスピーカーについて書いてみたいと思います。

セリフなど主要な音はセンタースピーカーに入ってる事が多いと思いますが、
空間表現に重要な音はフロントスピーカーに入ってる事が多いと思います。

前に2Hさん宅にお邪魔させていただいた時、2本のスピーカーから作られる
ポニョの空間表現に驚愕した事が目から鱗でした。 →その時の記事

例えばBURLESQUEの最後の曲でドラムが部屋をグルリと回るシーンがあります。
視聴位置の横、どうかすると後ろまでグルッと回ってるような音です。

当然、リアスピーカーからも鳴ってると思ってましたが、
どうやら鳴ってるのはフロントだけのようです。
※自信が無いのでまた聞き直しますが・・(^▽^;)

フロントスピーカーに入ってる音を製作サイドの意図通りに鳴らしてやるには、
その部屋におけるベストな位置を探す必要があります。2Hさんが「トン」で追い込んで
いく必要がある位、微妙な調整です。

そして場所が決まればスピーカーの置き方です。
普通に置いても音は鳴りますが、そのスピーカーの持つ性能を
フルに引き出してやろうと思うとセッティングが重要になってきます。

うちはD-RENとマグネシウム超薄型制振シートを使う事で
今までの音が何だったのか??と思うくらい鳴り方が変わりました。→その時のカテゴリ

これは想像ですけど、スピーカーに伝わる床からの振動を
遮断してやる事でスピーカーの持つ能力が最大限に引き出されてるのだと
思います。→小音量でもしっかり鳴らせる!!

小音量でも
1.音の立ち上がりが良い
2.情報量が多い
3.SNが良い

という事でしっかり鳴ってるのだと思います。

前は大きい音で鳴らしても音が割れない、であったり
五月蠅く感じない事が良いセッティングと思ってました。
実際、前はそんな記事が多かったと思います・・(^▽^;)
※記事が見つかったらリンクを貼り足します(笑)

スピーカーがしっかり鳴らせる体制が出来てると、
ソフトに入ってる全ての音を鳴らし切る可能性が高まるという事です。

このソフトの音を出し切るにはアンプやプレーヤーの基本的な性能ではなく、
セッティングが重要なんだと思います。勿論、アンプやプレーヤーの元々の
性能も大事ですが、セッティングがいい加減だと性能を引き出せません。

その話は順番に・・・(^▽^;)

とりあえず次はスーパーウーハーについて書いてみます。
センタースピーカーも大事だとは思いますが、空間表現という意味では
スーパーウーハーかな?と。


[ 2016年08月15日 21:30 ] カテゴリ:サラウンドの音 | TB(0) | CM(4)

久しぶりに好きなソフトをじっくり聞いた休日

 暖かくなったり寒かったり・・、皆さん体調は如何でしょう??
僕は何とか保ってる、という感じです(笑)

 昨日は久しぶりにマスコット除電器でスピーカーやケーブル類に
施しをし、じっくりと楽しみました!!(^^♪

 Chris Bottiのライブをじっくり見たのがいつ以来か??
分からないくらいですが、このソフトの素晴らしさを再認識しました。
知ってる曲ばかりですが、体が忘れていたのか?

 久しぶりにこのソフトで鳥肌が立ちました。
やっぱりいい物はいいですね!色あせる事がないです!!(^^♪

久しぶりといえば、久しぶりにライブBDを買いました!!



 前から気になってましたが、2011年のライブと言えば彼も50歳を超えてるはず。
若々しくエネルギッシュなイメージが強かったので、老いたブライアンを見たくない、
みたいな思いがありました。なんか違う!と(笑)

 ライブ盤は欲しいけどBDが無いんです。DVDはありますが・・
そんな事で発売から随分経ってますが、やっとの購入となりました(笑)

2802Bアダムス (2)

 ギターとピアノのシンプルな構成で、予想通りかなりお年を召されてました(^▽^;)
正直、「失敗したか??」と思いましたので(笑)

 このソフトは改めて書きたいと思いますが、ファンなら納得の1枚だと思います!
とにかく音が素晴らしいソフトで・・。これだけでも買って良かったと思ってます!
正直、映像面はちょっと残念ですが・・(^▽^;)
 
 

 それにしても、除電を施しある程度の音量で聞くと楽しいですね!
以前、聞きまくってた記憶はしっかりありますので、久しぶりに聞くと
当時、気が付かなかった新たな気づきがあったり・・

 暫く小音量で聞いてたせいか、ウーハーが動いてなかったのか??
原因は分かりませんが、とにかく最初は音の定位する位置が低かったです。
こんなはずでは・・、と思いながら鳴らしているうちに元に戻りました。




因みに久しぶりにじっくり鳴らし、焦った事を羅列すると・・


1.色んな音が各スピーカーから
 鳴ってる感しかない

 目の前にステージが広がる、という感じではありませんでした。
観客の拍手や声援が部屋に広がらないといけないのに、それぞれの
スピーカーから鳴ってるという感じが不快でした(笑)

2.音の定位が全体的に下がっていた 
 これも辛かったです。スピーカー(センタースピーカーを含めたウーハー)が
目線よりだいぶ下にありますので、全体的に下から聞こえるのは仕方がないのですが、
フロントスピーカーの後ろにあるコンパネなどで、かなり上方修正されてます。
これも鳴らしているうち、以前の感じに戻りました。

3.スーパーウーファーの音がずれてる?? 
 これは正直、前から感じてた事ですが、久しぶりに聞いて確信しました。
随分、鳴らした後、ジュラシック・ワールドを見ましたが違和感があります。
どういう違和感か説明が難しいですが・・・(^▽^;)
 うちの音のセッティングはお気に入りのライブを僕好みになってるので、
どうも映画がイマイチのように思います。音も全体的に前方よりに定位する
ようになってますし・・

 この「3」は久しぶりに鳴らした事が原因ではなく、着手すべき
重要な課題という事でした。

 暫く一人でじっくりと聞く事がなくなってましたが、
また楽しみたいと思います!!思えば料理をするようになって、
時間が無かった事もありますが、料理は料理で楽しみたいので・・
忙しくなりそうです(笑)

やっぱりサラウンドは楽しい!!
という事で!!(^^♪


 
[ 2016年02月28日 18:00 ] カテゴリ:サラウンドの音 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

take 51

Author:take 51
なんちゃってホームシアターで
映画を楽しんでます!

映画は内容も大事ですが、
やっぱり音ですよ!
サラウンドですよね!!!

派手な音が入ってると
思わずニンマリ!(笑)

【他に嵌ってる事のブログ】
「↓↓↓」もどうぞ!(^^♪

メダカに嵌った男のブログ
競馬に嵌った男のブログ
「麺」に嵌った男のブログ

見られてる記事ランキング
月別アーカイブ

FC2ブログランキング
ブログランキグ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ blogram投票ボタン
カテゴリ
ブログ内検索
QRコード
QRコード