ブログパーツ
QLOOKアクセス解析

サラウンドに嵌った男は他の事にも嵌ってます(笑)

サラウンドは永遠に不滅ですが、ブログの幅を広げます(笑)
サラウンドに嵌った男は他の事にも嵌ってます(笑) TOP  >  マグネシウム超薄型シート

我が家のフロントスピーカーの足元が決まりました!

2804スピーカーの下

画像を見ただけでは分かりにくいと思いますが、
上から順に・・

1.スピーカー(Q5)
2.マグネシウム超薄型制振シートV25
3.D-REN4枚
4.超薄型制振シートB20
5.床


という感じです!

床の上の黒いボードがB20です。
で、スパイクの下がV25ですが、この2枚の間が
少し空いてます。この空いてるのはD-RENがあるからです。

ちなみにD-RENを購入する前は

1.スピーカー(Q5)
2.メタルスペンサー
3.超薄型制振シートB20


でした!

D-RENの設置で音は良くなったのですが、
聞くジャンルによっては正直、「???」の部分もありました。
音の輪郭のくっきりする感じでしょうか?

ジャズの切れが求められるようなケースは抜群なんですが、
チェロの響きの余韻や艶の部分が削られたような印象を持ちました。
それでも空間表現の劇的な向上を目の当たりにすると我慢するか??
と思ってましたが・・・

マグネシウム超薄型制振シートを使用する事で問題が解決しました。
正直、スピーカーのセッティングをいろいろ試した訳ではないので、
これがベスト!!と断言するのは、どうかと思いますが・・





僕はこれで十分です。




いや、これでいきます!!\(^o^)/



まずD-RENの導入で一番の収穫はステージ感の向上を含めた
空間表現の向上でしょうか??

そしてマグネシウム超薄型制振シートの導入による収穫は、その効果が
更に良くなった事。そしてD-RENの導入で「???」だった部分が
影を潜めた事
でしょうか??

欠点に目が届いてないのかもしれませんが、この組み合わせは相当いいです。
うちだけでしょうか?他の方に聞いていただいてご意見をいただきたいくらい・・

来月はセンタースピーカー用にマグネシウム超薄型制振シートを買い足します。
その次はリアスピーカーに・・。センタースピーカーとリアスピーカーは自作スタンドを
使ってますが、この部分が弱いと効果が薄いかもしれません。

フロントスピーカーが床置きだから効果が出やすいのか?と思ってます。
これはセンタースピーカーに導入したら結果が出ますね!!(^.^)

久しぶりに散財してます・・・(汗)









スポンサーサイト
[ 2016年04月05日 21:00 ] カテゴリ:マグネシウム超薄型シート | TB(0) | CM(2)

フロントスピーカーにマグネシウム超薄型制振シートを導入!!

先日の記事に書いたフロントスピーカー用のおもちゃは
マグネシウム超薄型制振シートでした。5種類サイズがある中の
下から2番目のサイズです。 メーカーサイト

超薄型制振シートを使って効果を実感しているので、
今回の商品が発売になった時も気にはなっていたのですが、
ちょっと高くて手が出ませんでした・・・(^▽^;)

メーカーサイトやメーカーブログでスピーカー用のボードとして
絶大なコスパを発揮
、と書かれていたので今回は騙されてみようと・・(笑)

2804マグネシウムシート

マグネシウム製の超薄型制振シートという事で重いのかと思いきや、
軽くてビックリ(笑)え、大丈夫なのかな??と思いつつ、スピーカーの下に設置。

今回はV25という無くなり次第、販売終了という限定商品を買いました。
それでも2枚で20000円弱しますので・・・(^▽^;)

設置は

床 → 超薄型制振シートB20 → D-REN4枚  
→ マグネシウム超薄型制振シートV25


という順番にしました。今までB20とスパイクの間にメタルスペンサーを
1枚ずつ置いてましたが、今回は外してみました。これがあると、スピーカーの
位置を微妙に変えるにしても面倒で・・・(汗)


さて、どうなったでしょう??


もう参りました(笑)

一言でいうと、これがスピーカーの音離れが良くなった!
という事でしょう。D-RENを使ってステージ感が向上したと書きましたが、
更に良くなりました。

そして、それぞれの音がクリアになりました。しかもクリアになった
といって薄くなった訳でもありません。

うちのシステムでクラシックを鳴らしても、それなりの満足しか
得られないものと諦めてましたが、明らかに一皮向けました。
ヴァイオリンの音が良くなった、と書けてもステージ感は諦めてましたので。

今回、田園で感動しました。
この感動をどう表現したらいいのか???

うちのスピーカーはKEFのQ5とかなり古いモデルです。
クラシックを鳴らすのに決して向いているとは言えないモデルだと思います。

前から書いていた音が左右に分かれた感じが、前より弱くなりました。
両スピーカーを繋いだ線上のやや後ろにステージが広がります。

以前、センタースピーカーの存在が邪魔でステージ感が出ない、
というような書き方をしてましたが、どうやら間違いのようです。

フロントスピーカーのセッティングがしっかりすれば、間に多少の
物があっても大丈夫なのかもしれません。無い方がいいとは思いますが・・(笑)

ステージ感だけで、これほど感動してる訳じゃないです。
低い音の楽器がぼやける事なく、しっかり定位した状態で音が伸びてきます。

これはクラシックに限った事じゃなく、映画やライブにも共通する事ですが、
低音の鳴り方が別物です。例えばバーレスクで破綻していた低い音が
壊れる事がなくなりました。

どういう事でしょう??

恐らく、床らからの振動がカットされる事でスピーカーが
本来の音を鳴らす事ができてると解釈するしかないです。

とりあえず速報的に記事を書きましたが、
スピーカーもセッティングでここまで変わるとなれば
自作のスピーカースタンドを使ってるセンタースピーカーや
リアスピーカーもスタンドを変えれば・・

と妄想してしまいます(汗)

D-RENも追加した分が届き、いろんな所で試してますが、
良いも悪いも楽しいです♪

書く事が増えて大変です(笑)





[ 2016年04月03日 20:00 ] カテゴリ:マグネシウム超薄型シート | TB(0) | CM(0)
プロフィール

take 51

Author:take 51
なんちゃってホームシアターで
映画を楽しんでます!

映画は内容も大事ですが、
やっぱり音ですよ!
サラウンドですよね!!!

派手な音が入ってると
思わずニンマリ!(笑)

【他に嵌ってる事のブログ】
「↓↓↓」もどうぞ!(^^♪

メダカに嵌った男のブログ
競馬に嵌った男のブログ
「麺」に嵌った男のブログ

見られてる記事ランキング
月別アーカイブ

FC2ブログランキング
ブログランキグ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ blogram投票ボタン
カテゴリ
ブログ内検索
QRコード
QRコード