ブログパーツ
QLOOKアクセス解析

サラウンドに嵌った男は他の事にも嵌ってます(笑)

サラウンドは永遠に不滅ですが、ブログの幅を広げます(笑)
サラウンドに嵌った男は他の事にも嵌ってます(笑) TOP  >  見た映画のリスト >  最近、見た映画「フロム・ダスク・ティル・ドーン」「そして父になる」

最近、見た映画「フロム・ダスク・ティル・ドーン」「そして父になる」

・フロム・ダスク・ティル・ドーン(2015-01)
フロム・ダスク・ティル・ドーン(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray]フロム・ダスク・ティル・ドーン(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray]
(2014/12/13)
ハーヴェイ・カイテル、ジョージ・クルーニー 他

商品詳細を見る

2015年、一発目に選んだのは愛すべきタランティーノ絡みの映画!
新年早々、痛快な映画からスタートすることが出来ました!!(^^♪

二人のカラー全開の映画で「あっ」という間のラストでした!
予備知識ナシで見ましたので、まさかの展開でした(笑)

タランティーノ監督の映画で、デスプルーフのようにだらだら無意味な会話が
苦手な人にも大丈夫な映画ですね!かなり面白かったです♪

お馴染みのメンバーが多く出演してますので
お前も出てるのか!的に楽しめました。

何といっても地獄のサンタニコのダンスが良かったですね!
ショーの途中で舞い上がる炎の音がいいアクセントになってました!(^^♪
プラネット・テラーのオープニングに相通じるものはロドリゲスの趣味でしょうか?
好きです(笑)

ジョージ・クルーニーのこういう役は初めて見ましたが良かったです。
けどキャストの紹介はハーヴェイ・カイテルがトップなんですね。
確かにいい役でしたけど、ちょっと意外でした、、(^▽^;)

ラストのカメラが建物の後ろに回り、全貌が分かるような締めも良かったです!

この映画、続編があるんですね、、
どうなんでしょう?ガッカリすることになりそうで怖いです(笑)

【点数」
 内容:9 点
 映像:8・5点 カットがいいですね!(^^♪
 音 :8 点 
 総合:8.5点
 ※好きな人は好きでしょうね~!(^.^) 


・そして父になる(2015-02)
そして父になる Blu-rayスタンダード・エディションそして父になる Blu-rayスタンダード・エディション
(2014/04/23)
福山雅治、尾野真千子 他

商品詳細を見る


前から気になっていた映画です!
いや~、考えさせられました。

福山の演じる野々宮の心境の変わりようも良かったですが、
他の3人の親の心境も痛いほどに伝わってきて良かったです。



ここからはネタバレを含みます!
















生活層の違う家族が対象になっている事で話が余計にややこしくなってます。
映画的には面白くなっているんだと思いますが、、、(^▽^;)

生活層の格差が印象的だったシーン
1.ショッピングモール?のイベントスペースにて
 斎木(夫)と琉晴の飲み残しのストローが同じように噛まれているのを
 唖然と見つめる野々宮(夫)

2.事件を引き起こした女性の証言の後
 斎木(嫁)の「時効になっているのが分かって証言したんだよ、絶対!」
 と吐き捨てるようなセリフやだけでなく金銭面での話になった時の両家族の
 反応の違いがリアルでした。

共に上手い演出だな~、と思いました。
生活層が違うだけでなく子供との接し方も「そこまでやるか?」
というくらい違います。

野々宮家の生活力がありつつ、斎木家の子供の接し方が
あればいいのに。なんて思いながら見てました。

他にも印象的なシーンが多かったのですが、
.野々宮(嫁)が夫を問い詰めるシーんは強烈でした。
「慶多は能力不足は子供が入れ替わったから、と思ったでしょ。
絶対に許さない」と迫るシーン。

こうなると夫婦として一緒にやっていけないと思います。
夫は仕事中心で家の事は奥さんに押し付けてましたし、
奥さんが崩壊するのが目に見えます。

そうそう。夫に「会社で私の事を何か言ってなかった?入れ替わったら
分かるやろ」と。私が避難されてるはず、と周りの声も相当、気にしてた
んでしょうね。本当に可愛そうでした。

それでも乗り越えようとするのは、やっぱり愛が強いのか
二人の人間が出来てるのか・・。

野々宮(夫)は人の気持ちが分からなそうな人でした。
割り切った考え方に疑問を感じるようになり、慶多だけでなく
両親への態度も改めようとします。

一眼レフに残った慶多の撮った写真を見つめるシーンは涙モノでした。

その手前ですが、斎木家に行くことになった慶多に「斎木さん達は
パパ以上に慶多を好きになってくれるよ、大事にしてくれるよ」的な
発言は「バカ、何て事を言うんだ!」と思わず、身を乗り出しました、、(^▽^;)

実際、慶多はあの後、野々宮(夫)と接するのを避けました。
当然だと思いますが、いいシーンだったと思います。

もう一つ、野々宮(夫)の転機となる出来事が、事件を起こした女性の
連れ子さんの態度。「だってお母さんだから」という子の肩を「ポンッ」
と叩き、無言で去りました。

事件を起こした女性は本当に反省して、正しい子育てをしたんでしょうね。
その結果が息子のセリフに繋がったと思いたいです。

僕も最初は自分が楽になりたくて、時効が分かって証言をしたと思って
ましたが、あのシーンを見て本当に罪を償いたいのだと思いました。
実際のところは分かりませんが、そう思いたいです。

他にも気になったシーンが多くあり、書きたい事は沢山ありますが、
まとめれ無いので止めます(笑)

ラストは賛否両論ありそうで、最初は「えっ?」と思いましたが、
あれでいいのだと思います。映画は両家や二人の子供がどうなったか?
というより、それまでの過程が重要だと思いますので。

話の途中ではお互いの家は二度と会わない方がいい、と話してましたが、
きっと両家はお互いが相談をし合いながらこの成長を見守っていくのだと
思います。何となくですが、そんな気がしました。

自分が両家のどちらかの夫だったら、どうなったでしょう?
もっと怒って荒れ捲ると思います。想像するのも恐ろしいですね、、(^▽^;)

こんな事件は今は起こりえないと思いますが、病院関係者の方たちには
本当に気を付けて頂きたいと思います(笑)

年明け早々、素晴らしい映画との出会いでした!(^^♪

【点数】
 内容:10 点
 映像:8 点
 音 :8 点
 総合:9 点
 ※福山は何をしてもカッコイイな~(笑)
  あと病院の対応は想定通りに最悪でした(爆)





【2015年の評価まとめ(9点以上)】
 ・内容   ・・・フロム・ダスク・ティル・ドーン(9点)
          そして父になる(10点)
 ・映像   ・・・
 ・音     ・・・
 ・総合   ・・・そして父になる(9点)

これで忘れない(笑)
スポンサーサイト
[ 2015年01月03日 12:40 ] カテゴリ:見た映画のリスト | TB(0) | CM(12)
あけましておめでとうございます。

コメントありがとうございました。

遂にご覧になったのですねフロムダスクティルドーン(笑)。
これ大好きすぎて、ちょっとヤバイくらいの作品です。
劇場に行かなかったのを未だ悔やんでいます(笑;)。

ロドリゲスとタランティーノの組み合わせで奇跡の娯楽作品になってますよね。
パワフルで暴力的なところにロドリゲスの独特な撮り方が拍車をかけていてたまりません。

居酒屋○っ○○ぐるぐる(笑)に到着した以降が至福の展開ですね。
店内でクルーニーが”毎日来たいぜ”といいますが全くの同感です。席を確保するのに、酔っぱらいを蹴ってどかすところは、笑いと鳥肌が同時もので思わずエールを送りました。
踊り子が美人揃いなんですけど、個人的にお願いしたいのが、黒人客の葉巻に火を付ける踊り子です。好みです(笑)。
take51様はどの子がお好みですかな?あ、地獄のサンタニコでしたか(笑)。

あとお気付きでしたでしょうか?国境警備隊の検査官と居酒屋の呼び込み男と迎えに来たマフィアのボスの3役をチーチ・マリンという役者がやってますね。ロドリゲス監督の他の作品でもお目にかかれる好きな役者さんです。
あと、チ○○ガン(笑)を股間に装備したヒゲ男は、ゾンビとかスプラッタの特殊メイクで有名なトム・サビーニですね。なかなかいい演技されてると思います。

とにかく、バイオレンスで充満しきったところが大好きな作品です。何度も観たいスルメ作品になっています(笑)。

続編は2本出ていますね。ロドリゲスもタランティーノも離れてしまいましたが、代わりに居酒屋○っ○○ぐるぐるのバーテンダーをやったダニー・トレホが通しで出演されています。出来の方は・・・まあ、興味がありましたらご覧になって下さい(笑;)。

・・・
そして父になる、邦画に疎いので存在を全く知りませんでした。最近の作品でしょうか。
格差のある家庭同士に何かの事件が絡む内容ですかね。
ネタバレまで読んでしまいましたので、ちょっと雰囲気掴んでしまいましたが(笑;)勉強になりました。

アホな洋画ばかり観てますので、たまにはこういう作品も観てバランス取らないといけません自分は(笑)。
でもなかなか手が伸びないのですよお〜。どうしたものか・・・。

それでは今年もよろしくお願いしますね。

地獄のサンタニコに応援ガッツリいきます凸♪
[ 2015/01/03 16:29 ] [ 編集 ]
>umetramanさん、こんばんは!!

明けましておめでとうございます!!

>遂にご覧になったのですねフロムダスクティルドーン(笑)。

記念すべき2015年の一発目に見させて頂きました(笑)
umetramanさんのブログに記事が無く「あれ??」と思った
のですが、やっぱり大好きですよね!(笑)

>ロドリゲスとタランティーノの組み合わせで奇跡の娯楽作品になってますよね。
パワフルで暴力的なところにロドリゲスの独特な撮り方が拍車をかけていてたまりません。

いや、本当にこの映画は奇跡だと思います!(^^♪
ロドリゲスの撮り方ですか!!カットがいいですよね、本当に
カッコイイ映画です!!\(^o^)/

>居酒屋○っ○○ぐるぐる(笑)に到着した以降が至福の展開ですね。
店内でクルーニーが”毎日来たいぜ”といいますが全くの同感です。

ここはハラハラしながら見てました!あんだけ銃をぶっ放して
ましたが「メキシコでは大丈夫なの?」と心配になりました(笑)

>踊り子が美人揃いなんですけど、個人的にお願いしたいのが、黒人客の葉巻に火を付ける踊り子です。好みです(笑)。
take51様はどの子がお好みですかな?あ、地獄のサンタニコでしたか(笑)。

あの子ですね?(笑)
僕の場合、踊りに惹かれてる部分が大きいです!
他の子であっても、あの踊りをした子が1番になると思います!(^^♪
けど地獄のサンタニコは好きです(笑)

>あとお気付きでしたでしょうか?国境警備隊の検査官と居酒屋の呼び込み男と迎えに来たマフィアのボスの3役をチーチ・マリンという役者がやってますね。

これはショックです(汗)
最後に迎えに来た時は分かりましたが、それ以外は
気が付きませんでした、、、(^▽^;)

他の映画ではマチェーテの牧師役が好きだったりします(笑)

>あと、チ○○ガン(笑)を股間に装備したヒゲ男は、ゾンビとかスプラッタの特殊メイクで有名なトム・サビーニですね。なかなかいい演技されてると思います。

そうなんですね!!いや、いい演技をされてます。
あの股間の装備はマチェーテ2で久しぶりに登場しましたね!!
こんな昔から使われていたとは・・、感動しました(笑)

>続編は2本出ていますね。ロドリゲスもタランティーノも離れてしまいましたが、代わりに居酒屋○っ○○ぐるぐるのバーテンダーをやったダニー・トレホが通しで出演されています。出来の方は・・・まあ、興味がありましたらご覧になって下さい(笑;)。

そうなんですね、、、。いいイメージのまま置いておくかもしれません。
凄く危ない予感がしてます、、、(^▽^;)

>そして父になる、邦画に疎いので存在を全く知りませんでした。最近の作品でしょうか。
格差のある家庭同士に何かの事件が絡む内容ですかね。
ネタバレまで読んでしまいましたので、ちょっと雰囲気掴んでしまいましたが(笑;)勉強になりました。

もう少しバラすと赤ちゃんが故意に入れ替えられたんです。
大事に育てていた子供が他人の子供だった訳で・・
いい映画でしたので、良かったら是非!!!

この映画がumetramanさん流でどのような記事になるか
楽しみです!!(^.^)

>それでは今年もよろしくお願いしますね。

はい!こちらこそ宜しくお願いします!!
いつも応援、ありがとうございます!!(^^♪

>地獄のサンタニコ
 ふざけた名前ですよね(笑)

[ 2015/01/03 20:42 ] [ 編集 ]
すみません、またまたお邪魔しますです(笑)。

チ○○ガン(笑)そうですね!マチェーテ2で女キャラが撃ちまくってましたね。あの腰使いが大笑いでした!

これ、デスペラードにも登場していました。ギターケースに収まっているのをサルマハエックが弄ってた程度だったかな。
ロドリゲスお気に入りの小道具のようですね。

伏せ字ばかりですみません。実は伏せ字なしで入力しようとしてたのですが、FC2に怒られて入力できませんでした(笑)。

お邪魔しました〜。
[ 2015/01/03 21:22 ] [ 編集 ]
>umetramanさん、再度ありがとうございます!

>チ○○ガン(笑)そうですね!マチェーテ2で女キャラが撃ちまくってましたね。あの腰使いが大笑いでした!

 マチェーテ2は個人的にイマイチでしたが、あの撃ちまくる腰使いは
 秀逸でした(笑)

>これ、デスペラードにも登場していました。ギターケースに収まっているのをサルマハエックが弄ってた程度だったかな。
ロドリゲスお気に入りの小道具のようですね。

 あ、デスペラードも見てないのでチェックしておきます!!(^^♪
 他の監督では使いこなせない小道具だと思います(笑)

>伏せ字ばかりですみません。実は伏せ字なしで入力しようとしてたのですが、FC2に怒られて入力できませんでした(笑)。

 FC2はイカガワシイ動画の巣窟のようなイメージがありますが、
 投稿に関しては厳しいですよね、、、(^▽^;)

[ 2015/01/03 21:59 ] [ 編集 ]
今日は有難うございました☆
>【2015年の評価まとめ(9点以上)】
> ・内容   ・・・フロム・ダスク・ティル・ドーン(9点)
>          そして父になる(10点)
> ・映像   ・・・
> ・音     ・・・
> ・総合   ・・・そして父になる(9点)
> これで忘れない(笑)

おぬし、なかなかやるのう・・・ほ~ぉ
記事に貼りつけるとは、奥の手、必殺、やられた~♪

************************

>福山の演じる野々宮の心境の変わりようも良かったですが、
>他の3人の親の心境も痛いほどに伝わってきて良かったです。

本当に仰る通りで、この2行で全てを現わしていますよね~!

>生活層の違う家族が対象になっている事で話が余計にややこしくなってます。
>映画的には面白くなっているんだと思いますが、、、(^▽^;)

そうですね、同じようなタイプの家庭ではないから映画として面白いのでしょうね~! 
こちらの記事で、ハッとさせられました☆

>生活層が違うだけでなく子供との接し方も「そこまでやるか?」
>というくらい違います。

まぁ普通はあの中間ですものね(笑)。

>野々宮家の生活力がありつつ、斎木家の子供の接し方が
>あればいいのに。なんて思いながら見てました。

そういうのを「絵に描いた餅」というのでは???(笑)

>.野々宮(嫁)が夫を問い詰めるシーんは強烈でした。
>こうなると夫婦として一緒にやっていけないと思います。
>夫は仕事中心で家の事は奥さんに押し付けてましたし、
>奥さんが崩壊するのが目に見えます。

う~ん、あのくらい言いませんか???(笑)

>そうそう。夫に「会社で私の事を何か言ってなかった?入れ替わったら
>分かるやろ」と。私が避難されてるはず、と周りの声も相当、気にしてた
>んでしょうね。本当に可愛そうでした。

ここが一番分かった部分です、私的には。
子供の事でいろいろとあった時に、皆が私のせいだと言っていると
今もそう思っています・・・あの心の叫びは、本当に痛かったです。

>それでも乗り越えようとするのは、やっぱり愛が強いのか
>二人の人間が出来てるのか・・。

いえいえ、普通だと思いますよ・・・
いろんな意味で二人にしか分からないことばかりですので
簡単に離婚できない家庭の方が絶対的に多いと思います。

>野々宮(夫)は人の気持ちが分からなそうな人でした。
>一眼レフに残った慶多の撮った写真を見つめるシーンは涙モノでした。

彼の急変ではない変化を、丹念に撮ったのが、
この映画の成功の秘訣ではないでしょうか?

>その手前ですが、斎木家に行くことになった慶多に「斎木さん達は
>パパ以上に慶多を好きになってくれるよ、大事にしてくれるよ」的な
>発言は「バカ、何て事を言うんだ!」と思わず、身を乗り出しました、、(^▽^;)
>実際、慶多はあの後、野々宮(夫)と接するのを避けました。
>当然だと思いますが、いいシーンだったと思います。

う~ん、けいた君は何もない頃でも、お父さんとの関係は出来ていなかったので、その言葉ではなく、もともとそういう子供に育っていたのだと、斎木家と付き合うようになって初めて、(野々宮父は)思い知ったような気がします・・・。

>無言で去りました。

まぁここは良いのですが

>事件を起こした女性は本当に反省して、正しい子育てをしたんでしょうね。
>その結果が息子のセリフに繋がったと思いたいです。
>僕も最初は自分が楽になりたくて、時効が分かって証言をしたと思って
>ましたが、あのシーンを見て本当に罪を償いたいのだと思いました。
>実際のところは分かりませんが、そう思いたいです。

これは甘いのではないでしょうか?
私もあの女は、時効だと知っていて言ったのだと思うし、
血のつながらない子供とうまくいっていなければ、
時効と知らなくても言わなかったと思います。

女の「悪」感情は、男性にはなかなか理解して頂けないのかもしれませんね~。
もし失礼なこと書いていたら、ホントにごめんなさい!

>他にも気になったシーンが多くあり、書きたい事は沢山ありますが、
>まとめれ無いので止めます(笑)

ハイ、そういう作品ですネ!

>ラストは賛否両論ありそうで、最初は「えっ?」と思いましたが、
>あれでいいのだと思います。映画は両家や二人の子供がどうなったか?
>というより、それまでの過程が重要だと思いますので。

多分、お若い方には、「えーっ!? 何これ?」と言われそうです(笑)。
子供をもつ人間は、納得の終わり方のように思いますが・・・。

>話の途中ではお互いの家は二度と会わない方がいい、と話してましたが、
>きっと両家はお互いが相談をし合いながらこの成長を見守っていくのだと
>思います。何となくですが、そんな気がしました。

・・・そうあってほしいと、私も思います。

>自分が両家のどちらかの夫だったら、どうなったでしょう?
>もっと怒って荒れ捲ると思います。想像するのも恐ろしいですね、、(^▽^;)

想像できないから、映画で良いのではないでしょうか?
もしこういう立場に立っていたら、見ることもできない残酷な作品です・・・。

>こんな事件は今は起こりえないと思いますが、病院関係者の方たちには
>本当に気を付けて頂きたいと思います(笑)

大丈夫ですよ♪
日本は世界一の国です!

>年明け早々、素晴らしい映画との出会いでした!(^^♪

お話できて嬉しかったです☆
これからも宜しくお願いいたしま~す♪


.
[ 2015/01/03 22:12 ] [ 編集 ]
>miriさん、おはようございます!!

>おぬし、なかなかやるのう・・・ほ~ぉ
記事に貼りつけるとは、奥の手、必殺、やられた~♪

これはいいんじゃないかと思います!(^^♪
「ちょっと賢かったかも?」と自画自賛してます(笑)

>本当に仰る通りで、この2行で全てを現わしていますよね~!

ホントに言い尽くした感がありますが、表現できているのが
素晴らしいと思いました!!

>そうですね、同じようなタイプの家庭ではないから映画として面白いのでしょうね~! 
こちらの記事で、ハッとさせられました☆

中途半端な設定だと話が余計にややこしくなるんでしょうね!(笑)
けど斎木家の雰囲気は良かったです。いいな~、と思えます!!(^^♪

>そういうのを「絵に描いた餅」というのでは???(笑)

 確かにそうですね!!(笑)

>う~ん、あのくらい言いませんか???(笑)

とんでもないですよ!うちでは考えられないです!!
仮に僕がかみさんから言われたら、かなり落ち込みますよ(笑)
「一生、許さん」くらいに言われたら・・。考えられないです、、(^▽^;)

>ここが一番分かった部分です、私的には。
子供の事でいろいろとあった時に、皆が私のせいだと言っていると
今もそう思っています・・・あの心の叫びは、本当に痛かったです。

なるほどですね、、。けど何でもかみさんに責任を押し付けるのは
卑怯ですよね、、、。僕もそんな事をしてないか気を付けます。
ただでさえ「無神経」「デリカシーがない」と言われてますので・・(^▽^;)

>いえいえ、普通だと思いますよ・・・
いろんな意味で二人にしか分からないことばかりですので
簡単に離婚できない家庭の方が絶対的に多いと思います。

そうあって欲しいです!高知は離婚率が高い方だと思いますが、
本当に簡単に離婚してる人が周りに多くて悲しいです。なかには
偽装離婚までしてる人もいて嘆かわしいです←これは一部です

>彼の急変ではない変化を、丹念に撮ったのが、
この映画の成功の秘訣ではないでしょうか?

ですね!こういう映画を見ると人は変われると思えます。
よく「ある程度の歳になったら人は変われない」と言いますが、
僕は変われると思ってます。そういう意味でもこの映画が好きに
なったのかも?

>う~ん、けいた君は何もない頃でも、お父さんとの関係は出来ていなかったので、その言葉ではなく、もともとそういう子供に育っていたのだと、斎木家と付き合うようになって初めて、(野々宮父は)思い知ったような気がします・・・。

そうか~、そうなんでしょうね!普段の生活から
違和感がありました。。。(^▽^;)

斎木家にいって慶多はショックだったでしょうね。。。

>これは甘いのではないでしょうか?
私もあの女は、時効だと知っていて言ったのだと思うし、
血のつながらない子供とうまくいっていなければ、
時効と知らなくても言わなかったと思います。

女の「悪」感情は、男性にはなかなか理解して頂けないのかもしれませんね~。
もし失礼なこと書いていたら、ホントにごめんなさい!

甘いでしょうか??(^▽^;)
野々宮が帰った後、「チッ」とかやってたり??(笑)
失礼なことではないです、ありがとうございます!!(^.^)

>多分、お若い方には、「えーっ!? 何これ?」と言われそうです(笑)。
子供をもつ人間は、納得の終わり方のように思いますが・・・。

Yahooのレビューなども見てみましたが、中には
ラストの事を批判してる文も見受けられました。確かに子供が
いる、いないで感じ方が違うんでしょうね!
本当に納得の終わり方でした!(^.^)

>・・・そうあってほしいと、私も思います。

真木よう子はぶれない感じがします!間違った
方向に進まないと思います!!(^.^)

決して美人だから、という理由ではありません(笑)

>想像できないから、映画で良いのではないでしょうか?
もしこういう立場に立っていたら、見ることもできない残酷な作品です・・・。

確かに(笑)
自分だったらあの看護師を法に委ねられないかも??(笑)

>大丈夫ですよ♪
日本は世界一の国です!

ですよね!これからも、ずっとそうで
あって欲しいです!!(^.^)

>お話できて嬉しかったです☆
これからも宜しくお願いいたしま~す♪

こちらこそ宜しくお願いします!!\(^o^)/
しかし、この映画にこれほど感銘するとは
思いませんでした!!(笑)
[ 2015/01/04 11:02 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/01/04 12:21 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/01/04 21:46 ] [ 編集 ]
漸く観ました!
 take51さん、こんばんは
 ようやく観ました(汗)

「精神的に疲れるだろうなぁ」と覚悟して観ましたが、思ったより観易く上手く作られてました。

ラストは賛否両論ありそうで、最初は「えっ?」と思いましたが、
あれでいいのだと思います。映画は両家や二人の子供がどうなったか?
というより、それまでの過程が重要だと思いますので
>終わり方は完璧だったと思います。(あそこしか無いんじゃないかと)
女性は妊娠した時から母だけど、男は明確じゃない。
この作品は仰るように、父らしき存在から父になる過程を「事件」を材料に描いたものだでしょう。
(父とは?親とは?)
河原で母親二人が交わす会話と父親二人が話す内容は似て非なるもの、肉体的にも精神的にも繋がってる母親と、遺伝子以外精神的な繋がりでしかない父親の差がよく出ていたと思います。

真木よう子さん>
上手いし、いいですよね。
役を自分の方へ引き寄せるスター(福山さん)と、役の方へ出向き役を乗っ取っちゃう役者の違い、って感じがしました。
只、僕は初見だった「さよなら渓谷」の衝撃が強すぎて、新しい驚きはそれ程でもなかったかも。(汗)
「さよなら渓谷」、「ゆれる」、「そして、父になる」
橋の上で何かすれば、真木よう子「橋三部作」だったのに、本作では何も無かったので残念。(笑)
[ 2016/09/06 23:50 ] [ 編集 ]
>鉦鼓亭さん、こんばんは!

ご覧になられたのですね!(^.^)

>「精神的に疲れるだろうなぁ」と覚悟して観ましたが、思ったより観易く上手く作られてました。

僕もかなり身構えて見たのを覚えてます!こういう題材を軽くならず、
見やすく作るのは作り手の手腕なんでしょうね!!

僕にしては珍しく記事をしっかり書いているので、
内容に感銘してあれこれ書いてるのだと思いますが、今はあまり思い出せず・・(汗)
ところどころ思い出せるのですが、全体が繋がらないです(^▽^;)

>終わり方は完璧だったと思います。(あそこしか無いんじゃないかと)
女性は妊娠した時から母だけど、男は明確じゃない。
この作品は仰るように、父らしき存在から父になる過程を「事件」を材料に描いたものだでしょう。
(父とは?親とは?)
河原で母親二人が交わす会話と父親二人が話す内容は似て非なるもの、肉体的にも精神的にも繋がってる母親と、遺伝子以外精神的な繋がりでしかない父親の差がよく出ていたと思います。

福山の態度の変わっていく様は印象深いです。
仰る通り、母親と父親では同じ親でも子供への想いは違うんでしょうね・・
うちもかみさんとの会話でそう感じる事があります。

>上手いし、いいですよね。
役を自分の方へ引き寄せるスター(福山さん)と、役の方へ出向き役を乗っ取っちゃう役者の違い、って感じがしました。
只、僕は初見だった「さよなら渓谷」の衝撃が強すぎて、新しい驚きはそれ程でもなかったかも。(汗)
「さよなら渓谷」、「ゆれる」、「そして、父になる」
橋の上で何かすれば、真木よう子「橋三部作」だったのに、本作では何も無かったので残念。(笑)

そう言えば最近、彼女の作品を見てないような??
そして紹介をいただいた残りの2作が気になります。
「本作では何も無かったので残念(笑)」という事は何かあるんですね?(笑)
早く借りよーっと(爆)
[ 2016/09/07 21:16 ] [ 編集 ]
こんにちは☆
横入りでたいへん失礼いたします(ペコリ)。

>そして紹介をいただいた残りの2作が気になります。
>「本作では何も無かったので残念(笑)」という事は何かあるんですね?(笑)
>早く借りよーっと(爆)

鉦鼓亭さんには申し訳ないのですが、
その2作品は「どよーん」系でして(笑)。
(まぁどよーんとしない人もいるかもしれませんが)

私は、真木よう子さん出演作品では下記2作品をお薦めします☆

「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」
主演は柴咲コウさんですが、真木さんと寺島しのぶさんもほぼ主演です。
私が初めて真木さんって良い女優だなぁ~って思った作品です♪

「脳内ポイズンベリー」
真木さんが主演です。

どちらも現代の普通の女性の役柄です。
映画の出来もまぁまぁ良いと思います(私的に上から3つ目の◎です)。
いつかまた気が向いたら、どうぞ~!!!


.
[ 2016/09/08 09:46 ] [ 編集 ]
>miriさん、おはようございます!

ごめんなさい、お返事が大変遅くなりました(汗)

>横入りでたいへん失礼いたします(ペコリ)。

いえいえー!有難うございます!(^.^)

>鉦鼓亭さんには申し訳ないのですが、
その2作品は「どよーん」系でして(笑)。
(まぁどよーんとしない人もいるかもしれませんが)

どよーんですか??体調の良い時でないと辛いかも?(笑)
心づもりをする事ができました!!(^^♪

>「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」
主演は柴咲コウさんですが、真木さんと寺島しのぶさんもほぼ主演です。
私が初めて真木さんって良い女優だなぁ~って思った作品です♪

柴咲コウも好きな女優さんです!!
これもチェックしときますね!!(^^♪

>「脳内ポイズンベリー」
真木さんが主演です。

タイトルから内容の想像がつかないですね(笑)

いずれもチェックしましたので!
有難うございます!!(^.^)
[ 2016/09/10 09:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

take 51

Author:take 51
なんちゃってホームシアターで
映画を楽しんでます!

映画は内容も大事ですが、
やっぱり音ですよ!
サラウンドですよね!!!

派手な音が入ってると
思わずニンマリ!(笑)

【他に嵌ってる事のブログ】
「↓↓↓」もどうぞ!(^^♪

メダカに嵌った男のブログ
競馬に嵌った男のブログ
「麺」に嵌った男のブログ

見られてる記事ランキング
月別アーカイブ

FC2ブログランキング
ブログランキグ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ blogram投票ボタン
カテゴリ
ブログ内検索
QRコード
QRコード