ルミガン通販

最近、見た映画「ゴーン・ガール」

・ゴーン・ガール(BD)(2016-14)



いや、本当に面白かったです。
未見の方には一切の事前情報をカットして見ていただきたいです!!(^.^)
映画としては凄い作品だと思います→好き嫌いは別(笑)

未見の方は続きを見ないでください!!
ネタバレ満載です(笑)




【点数】
 内容:10 点
 映像:9 点
 音 :8.5点
 総合:9 点
 ※今までで一番、気合の入った感想かも?(笑)





【2016年の評価まとめ(9点以上)】
 ・内容   ・・・ジョー・ブラックをよろしく(9点)
          ゴーン・ガール(10点)

 ・映像   ・・・ゴーン・ガール(9点)

 ・総合   ・・・ゴーン・ガール(9点)




奥さんがいなくなり捜索し始める訳ですが・・
途中で「あ、奥さんの復讐劇だな・・」と分かりました。

案の定、想像した展開になり
二人の上手い演技に感心する映画?
と思ってたら・・・

一般的な映画でオチとなる後に想像を絶する展開が
待ち受けてました。これには正直、ビックリです(笑)

ベン・アフレックに悪人のイメージが無かったせいかもしれません。
実は一癖以上ある駄目人間で、不幸なエミリーに肩入れしようかと思ってました。

するとエミリーは恐ろしく癖のある・・、いや完全な異常者でした(笑)

はっきり言ってエミリーは壊れてます(笑)
何故、こんな人になってしまったのか?

思うに完璧なエイミーとして親に期待され過ぎた反動だと思います。
常に自分より絵本??のキャラのエミリーが主役である事が彼女を歪ませた
のかな・・、と。親の本当の愛を知らずに育ったんですね・・

エミリーがモンスターと化したのはニックの浮気が原因かもしれません。
二人がお互いの本当の姿を見ようとしなかったが失敗の理由ですかね・・
もっと自然体でいられるような関係だったらニックも浮気しなかった
かもしれません。いろいろ考えさせられます。

エミリーの歪みの印象を強く感じたのは病院から自宅に帰る車中の表情です。
車の外から「エミリー!!」と歓声を浴びてる時の、あの恍惚とした表情・・
あ、狂ってると思いました(笑)
※ロザムンド・パイクの演技が素晴らしい!

その後、注目を賞賛を浴びる事になったのは、彼女の中で
キャラの「完璧なエミリー」に追いつき、追い越した瞬間だったのだと思います。

おとぎ話のような生活スタイルに憧れてたんでしょうね・・

実はそのエミリーの性格をニックは完全に理解していました。

弁護士が記者会見を止めようとしたのを「俺に任せてくれ!」
と強行し、見事に成功しますが、これはエミリーの性格を知り抜いて
いたからこそで、奥さんの事を何だかんだ理解してるニックが笑えました。
そしてニックの作戦に引っ掛かるエミリーにも(笑)

人は頭がよくても駄目なんだと、気づかされます。
やっぱり誠実であったり、相手を思いやれる事が大事だと思います。
その上で頭がいいのは素晴らしいプラス要因ですよね。

そんな事だから結婚についての彼女の考え方も凄いです(笑)
「結婚ってこんなモンでしょ」
的なセリフには「ぞっ」としました。

最終的にエミリーとの偽りの結婚生活を選択したニックもまた理解できません。
ニックの結論に泣き崩れる妹が不憫で仕方がありませんでした。

この映画を見ると「おかしいんじゃない??」と思ってた、
今の離婚の多さが正常に思えます(^▽^;)

いや、そもそも結婚に対する考え方がおかしくなってるのか?
この映画を見て、結婚という事について考えさせれましたね・・

そもそも結婚って、結婚をした時がスタートで二人が
足し算で築いていくものだと思います。

損得勘定で成り立つものではないと思うんですよね、、

デヴィッド・フィンチャーは結婚してるのでしょうか??
彼にとって結婚とは、どういうものか?聞いてみたいです(笑)

ラストが素晴らしかったです!!

この映画、始まりと終わりが同じようなシーンと台詞ですが、
意味合いが全く違います。最初は幸せな結婚生活の絵を描きながら
「頭蓋骨を割ってまで何を考えているか知りたい」などと言ってました。
エミリーの表情も覚醒前の優しい表情でした(笑)

ラストはほとんど同じような台詞ですが、
髪を撫でながら感じてたのは「これからの生活」そして
「これからの自分」でしょうね。。自分がどんどん狂っていってる自覚が
あったのだと思います。ニックの表情は映りませんが恐ろしく歪んでるか
無表情のどちらかでしょう(笑)

ラストのエミリーの表情にダミアンを思い出しました。
悪魔ですよ、あれは(笑)

あのラストがこの映画の全てを物語ってました。



長くなってます・・(^▽^;)

この映画が素晴らしいのは映像の美しさと音楽です。
デジーの別荘のカメラの前で繰り広げられる彼女の自作自演は
本当に恐ろしかったです。あまりの素晴らしさに身の毛がよだちました(汗)

今回、音の評価が普通のやや上になってますが、内容と映像に
圧倒され音まで頭が回わらなかった可能性があります。
効果音の使い方は良かったですね・・。惹き込まれました・・

しつこいですが、本当によく出来た映画です。
感心できる話ではないけど、映画としては本当に秀逸だと思います。

感動的で素晴らしい話じゃないのに10点をつけたのは初めてです。


再見すると違った気付きがあるかも??
そんな期待までさせられる映画でした♪






スポンサーサイト

COMMENT 3

-  2016, 02. 06 [Sat] 21:12

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

umetraman  2016, 02. 13 [Sat] 12:03

こんにちは。

ゴーン・ガールは私もビックリしました。さすがフィンチャー監督、ただの失踪事件で終わらせませんね。

ニックとエイミーの何気ない出会いがどうしようもない科学反応を起こしてしまったのでしょうか。二人の真実を知らない世間と知る観客とのギャップや女刑事の一歩届かずというのは歯がゆいものがありますが、こういうところもフィンチャーの魅力でありますね。失踪事件当日の真相をエイミーの回想で描くところもフィンチャー印を感じてしまいました。

ニックが悲劇のまっ最中、不真面目人間に取られる度々のエピソードは、不可抗力なところもあるけど、ニックの世間体への計算高さが裏目に出ているようでやたら印象的でした。
しかし、なんといってもエイミーですね。魔性の女の鑑みたいな。勝手にそう見えたかもですが、エイミーが瞬きをするイメージがないです。人間からかけ離れた存在に見えます。ニックは真実を知ってるのに世間体に守られたエイミーは仰る通り悪魔の子ダミアンですね。でも好きです(笑)。

特典のコメンタリはあまり全編通しで聞いたりしないのですが、本作は久々に聞き入ってしまいました。フィンチャー監督自ら各場面の解説や裏話をしてくれて幅が広がったことは間違いないです。take51様もお聞きになられましたか?そうでなければまたの機会にでもお試し下さい。
監督にとって結婚がなんであるかを言及されたか記憶にないですが、何らかの答えがあったかもしれません。

10点評価を記念してロザムンド・パイクに座布団5000枚のがっつり応援いきます♪凸

Edit | Reply | 

take51  2016, 02. 13 [Sat] 15:42

>umetramanさん、こんばんは!

>ゴーン・ガールは私もビックリしました。さすがフィンチャー監督、ただの失踪事件で終わらせませんね。

本当に流石です!彼の映画では1番かも?
と、言いつつ久しぶりにSE7ENを見ましたが面白かったです。
っていうか、この映画は音が良かったです(笑)

>ニックとエイミーの何気ない出会いがどうしようもない科学反応を起こしてしまったのでしょうか。

この出会いは神様の悪戯というか・・、本当に不幸でした(笑)

>二人の真実を知らない世間と知る観客とのギャップや女刑事の一歩届かずというのは歯がゆいものがありますが、こういうところもフィンチャーの魅力でありますね。

なるほどですね!この辺の微妙なバランス感覚がいいんですね!
あの女刑事も歯痒かったでしょうね、、、。っていうか最後はエミリーの
逞しさに呆れていたような??(^▽^;)

>失踪事件当日の真相をエイミーの回想で描くところもフィンチャー印を感じてしまいました。

ここも面白かったです!良かったですね!!

>ニックが悲劇のまっ最中、不真面目人間に取られる度々のエピソードは、不可抗力なところもあるけど、ニックの世間体への計算高さが裏目に出ているようでやたら印象的でした。

正直、あまり頭は良くない印象でした(笑)
その「ちょっと」足りない感じをベン・アフレックが
上手に演じていたように思います!(^.^)

>しかし、なんといってもエイミーですね。魔性の女の鑑みたいな。勝手にそう見えたかもですが、エイミーが瞬きをするイメージがないです。人間からかけ離れた存在に見えます。ニックは真実を知ってるのに世間体に守られたエイミーは仰る通り悪魔の子ダミアンですね。でも好きです(笑)。

恐ろしいくらいの計算高さで、世論を味方につける術をマスターしてますよね(笑)
確かに瞬きをしてるイメージがないですね(笑)

目を瞑るにしても、いつも演技がかってるというか・・
好きですけど傍にはいて欲しくない女性です(笑)

>特典のコメンタリはあまり全編通しで聞いたりしないのですが、本作は久々に聞き入ってしまいました。フィンチャー監督自ら各場面の解説や裏話をしてくれて幅が広がったことは間違いないです。take51様もお聞きになられましたか?そうでなければまたの機会にでもお試し下さい。

うわー、見てないです。
正直、この映画は手元に置いておきたいソフトですので、
買ってゆっくりと見てみます!!(^^♪

>監督にとって結婚がなんであるかを言及されたか記憶にないですが、何らかの答えがあったかもしれません。

仮に全く違う結婚観をお持ちだとして、あそこまでの
話が作れるものなのかと・・(^▽^;)

>10点評価を記念してロザムンド・パイクに座布団5000枚のがっつり応援いきます♪凸

いつも有難うございます!!\(^o^)/
ロザムンド・パイク、素敵過ぎです(笑)

Edit | Reply |