ルミガン通販

最近、見た映画「ニュー・シネマ・パラダイス/完全オリジナル版」

・ニュー・シネマ・パラダイス/完全オリジナル版(DVD)(2016-21)

やっと見る事ができました!HD105cinemaさんにもオススメを
いただいていた映画です!!

3時間という長さに耐えらえるかな?と心配しながらでしたが、
何の事はない、あっ!という間に見る事ができました。
名作と言われるだけの事はありますね、本当に感動しました!(^.^)
っていうか、深く考えさせられ胸を打たれた!という表現がいいかも??

サルヴァトーレもエレナも純粋で良かったですね・・
本当に美しい、と思いました。一緒になって幸せになって
欲しいと思いましたが、すれ違いとなってしまうなんて・・
運命の悪戯かと思ってましたが実は「・・・」で。

有名な映画であらすじも皆さん、知っていると思いますが、
会社に知らない人がいましたので止めときます(笑)

素晴らしい映画ですが、奥歯に物が挟まったような感じがしてます。
その事は追記の方で少々・・

後で知りましたが、オリジナル版が後から作られたんですね・・
そして二人がすれ違った原因が分かる訳です。

とっても感動したので、いいんですけど劇場版を先に見ておけば
2度、楽しめたかもしれません。それだけが少し残念でした・・(^▽^;)

この映画は音楽が素晴らしいです。
感動的なシーンがこの曲で更に盛り上がってるとも言えるくらい!!(^^♪

実はお気に入りのソフトに収録されている曲ですが、
上から何番目、というくらい気に入ってます!!
僕のブログで何度も登場するChris Bottiのライブです!!
Yo-Yo MaのチェロとChris Bottiのトランペットにうっとりさせられます♪






ちなみに昨年、行った彼のライブではLuciaがこの曲を演奏してくれました!
彼女の演奏も素敵でした・・・(目がハート)

【点数】
 内容:9.5点  何度か見れば10点になるかも?
 映像:8 点  BDのデジタルレストアバージョンが気になる・・
 音 :9 点  音楽が素晴らしい
 総合:9 点
 ※エレナが美しすぎ!(^^♪









【2016年の評価まとめ(9点以上)】
 ・内容   ・・・ジョー・ブラックをよろしく(9点)
          ゴーン・ガール(10点)
          SEVEN/SE7EN(9点)
          ニュー・シネマ・パラダイス(9.5点)
 ・映像   ・・・ゴーン・ガール(9点)
          マーヴェリックス/波に魅せられた男たち(9点)
          SEVEN/SE7EN(9.5点)
 ・音     ・・・SEVEN/SE7EN(10点)
          ニュー・シネマ・パラダイス(9点)
 ・総合   ・・・ゴーン・ガール(9点)
          SEVEN/SE7EN(9.5点)
          ニュー・シネマ・パラダイス(9点)



という事で完全オリジナル版で明かされる二人のすれ違いの秘密。

アルフレードが二人を引き離した事になったのですが、良かったのでしょうか?
この辺が少し疑問で内容が10点に出来なかったんです。

サルヴァトーレが本当に小さい頃からの付き合いで、
彼の事をよく理解しての事だとは思いますが。

1.映画監督として成功する事がサルヴァトーレの幸せだと思ったでしょうか??
2.それとも単に田舎町で埋もれる事を(自分と同じように)避けたかった??
3.いや、エレナとは一緒にならない方が彼の為と思った

彼の映画監督としての素質を見抜いていて「1」だったのかな?
と思ってます。彼を説得する時、「2」的な話もしてましたが、真意は
「1」だったように思います。

疑問なのはアルフレードはお金や事業の成功が、その人の幸せとは
思ってなかったと思うのに、結果としては「成功>愛」に導いた事です。

昔、編集させられたキスシーンを集めたものを作ってたくらいですから、
愛を大事に思っていたからだと思うのですが・・・
※ここの解釈が違ってるかもしれませんが・・(^▽^;)

ここが違ってたら「3」になるんですよね、きっと。
愛する女性の家の外で100日、待つ兵士の逸話から、
そんな想像もしてます。あのエピソードの真意も理解しきれてません(汗)

この部分がすっきりすれば、点数が10点になるような気がします。

きっとブログ仲間の皆さんが色々、書かれていると思いますので
ゆっくりお邪魔させていただきます!!(^^♪

きっと名前を覚えられないであろう(笑)
ジュゼッペ・トルナトーレ監督がどんな映画を作られているか??
を調べると鑑定士と顔のない依頼人など、見てる映画もありました!

そして「鑑定士・・」の記事を見ていろいろ忘れている事に気づきました・・(^▽^;)
HD105cinemaさんからは劇場版を勧めていただいていたんですね。
残念な事をしました・・(汗)

>シネパラはプロジェクターで観ると感動も10倍ですよ~
なぜ投射型が良いのか観てのお楽しみに~~(笑)

テレビで見てないので比較ができませんが(^▽^;)
昔の映画(フィルム)の感じがプロジェクターの方が雰囲気が出るという
事でしょうか??違うでしょうか??(笑)

いずれにせよ、この映画は再見したい映画です。
きっと違う気付きなど、新しい発見がありそうです!!
美しいエレナにも会いたいし(爆)





スポンサーサイト

COMMENT 10

miri  2016, 02. 27 [Sat] 19:45

コメントを有難うございました☆

>3時間という長さに耐えらえるかな?と心配しながらでしたが、
>何の事はない、あっ!という間に見る事ができました。
>名作と言われるだけの事はありますね、本当に感動しました!(^.^)
>っていうか、深く考えさせられ胸を打たれた!という表現がいいかも??

良かったですネ!

>後で知りましたが、オリジナル版が後から作られたんですね・・

トルナトーレ君は、映画が売れて、自分が作りたかった完全版を
会社に作らせることができた、という事だと思います。
もし劇場版がそんなに売れなかったら、出来なかったと思います。

どんな映画でも後から「デイレクタ―ズ・カット」ができると
あ~あ、またかと思います。
でも、最初から監督のやりたいようには、会社としては
させられないという事だと思います☆
(監督自身の会社の場合は別ですが)

>この映画は音楽が素晴らしいです。
>感動的なシーンがこの曲で更に盛り上がってるとも言えるくらい!!(^^♪

良かったですね~♪

>という事で完全オリジナル版で明かされる二人のすれ違いの秘密。
>アルフレードが二人を引き離した事になったのですが、良かったのでしょうか?
>この辺が少し疑問で内容が10点に出来なかったんです。
>疑問なのはアルフレードはお金や事業の成功が、その人の幸せとは
>思ってなかったと思うのに、結果としては「成功>愛」に導いた事です。

万一いつか再見したらよく見てみますね~。
でも、私は、あのエレナと、トトは、「合わない」とは思いますけどね~。
そういう意味では、アルフレードの行動が納得いったのだとしか思えません(笑)。

>昔、編集させられたキスシーンを集めたものを作ってたくらいですから、
>愛を大事に思っていたからだと思うのですが・・・

キスシーンって「愛情」ではないと思いますが?

私が覚えているこの映画と、take51さんのこだわっていらっしゃる部分が
ちょっと違うようで・・・すみません、あやふやで。

どなたかとのお話で、スッキリされますように!
ホント、あやふやで、すみません!


.

Edit | Reply | 

鉦鼓亭  2016, 02. 28 [Sun] 00:37

take51さん、こんばんは

僕は単純に2だと思いました。(笑)
所詮、ここではトトとエレナは住む世界が違い、幾ら愛し合っていても一緒になれない。
それなら何時までも小さな村にしがみ付いてないで、大きな世界で自分の可能性を試してみろ。
そう解釈しました。

キスシーン特集>あれって「何時か、もっと大人になった時見せてやる」って約束を忘れないで大事に何十年も保管してくれていた事、その自分に対するアルフレードの真情に打たれて涙を流してた。
ので、僕もmiriさんと同じく「男女の愛情」とは思いませんでした。

この作品、何年か前「午前10時の映画祭」で劇場バージョンを、帰りがけに完全版DVDを借りて半日で2回観るというダブルヘッダーをした思い出が有ります。(笑)
僕は、どちらも好きです。

Edit | Reply | 

take51  2016, 02. 28 [Sun] 10:31

>miriさん、おはようございます!

>トルナトーレ君は、映画が売れて、自分が作りたかった完全版を
会社に作らせることができた、という事だと思います。
もし劇場版がそんなに売れなかったら、出来なかったと思います。

なるほど、、、そういう事ですね!
確かに売れたら意見が通るでしょうから!!

>どんな映画でも後から「デイレクタ―ズ・カット」ができると
あ~あ、またかと思います。
でも、最初から監督のやりたいようには、会社としては
させられないという事だと思います☆
(監督自身の会社の場合は別ですが)

他の色んな映画も「どうして最初から作らないんだろう??」
と思ってました。大人の事情があったんですね(笑)
後出の商売目的かと思ってました・・(^▽^;)

>万一いつか再見したらよく見てみますね~。
でも、私は、あのエレナと、トトは、「合わない」とは思いますけどね~。
そういう意味では、アルフレードの行動が納得いったのだとしか思えません(笑)。

確かに冷静に考えると二人は合わなかったかもしれませんね・・
エレナの相手が同級生というのもトトに同情してるのかもしれません。
僕なら絶対に嫌です(笑)

今、思えば劇場版を見てエレナが現れなかった真相を
知らない方が良い感じで見終える事ができたのかも??

>キスシーンって「愛情」ではないと思いますが?

 僕は「キス=愛情」ですが、妙に腑に落ちない部分もありました(^▽^;)
 コミュニケーション??うん??(笑)

>私が覚えているこの映画と、take51さんのこだわっていらっしゃる部分が
ちょっと違うようで・・・すみません、あやふやで。

 いえいえ、僕もちょっと分からなくなってきました(笑)
 密かに映画に登場した色んな映画に興味が沸いてますので、
 この映画については掘り下げたいと思ってます!!(^.^)

>どなたかとのお話で、スッキリされますように!
ホント、あやふやで、すみません!

ありがとうございます!!
こうして色々、考えるきっかけをいただけて
本当に嬉しいです!!(^^♪


Edit | Reply | 

take51  2016, 02. 28 [Sun] 10:41

>鉦鼓亭さん、おはようございます!

>僕は単純に2だと思いました。(笑)

 裏を読む必要は無かったでしょうか??(笑)

>所詮、ここではトトとエレナは住む世界が違い、幾ら愛し合っていても一緒になれない。
それなら何時までも小さな村にしがみ付いてないで、大きな世界で自分の可能性を試してみろ。
そう解釈しました。

素直にそうなのかもしれませんね・・
アルフレードのそういうセリフもありましたが、
変化球でトトに話したのかな??などと考えちゃいました。
miriさんのお返事にも書かせていただきましたが、二人は
合わないような気もしますね・・(^▽^;)

>キスシーン特集>あれって「何時か、もっと大人になった時見せてやる」って約束を忘れないで大事に何十年も保管してくれていた事、その自分に対するアルフレードの真情に打たれて涙を流してた。
ので、僕もmiriさんと同じく「男女の愛情」とは思いませんでした。

あ、約束してたんですね(笑)
ありがとうございます!その部分が完全に抜けてました・・(^▽^;)
今は完全にキスシーンが愛情では無くなりました(笑)
かなりスッキリしました!!(^.^)

>この作品、何年か前「午前10時の映画祭」で劇場バージョンを、帰りがけに完全版DVDを借りて半日で2回観るというダブルヘッダーをした思い出が有ります。(笑)
僕は、どちらも好きです。

劇場版が好印象だったいう事ですよね??(^.^)
その日はニュー・シネマ・パラダイスの日として記念日に
しないといけないかも??(笑)

けど、それくらい素晴らしい映画なのだと思います!
僕も劇場版を近々、見てみたいと思います!!
どうも大事な部分を見落としてる気もしますので・・(笑)

Edit | Reply | 

宵乃  2016, 02. 28 [Sun] 13:14

こんにちは!

こんにちは!
この作品は最初に短いバージョンを観て感動して、完全版でショックを受けて、また短いバージョンを見直したら感動できなくて大ショックを受けた作品です…。
見る順番や時期でここまで受け取り方が変わってしまうのか~と、映画に潜む魔物に慄いたり(笑)
take51さんにとってベストなタイミングでもう一つのバージョンも観られるといいですね。

あと、エレナと引き離したのは成功のためというより、彼にとって”創作への情熱”は真実の愛と同じなのかなと。映画という魔法で人々が笑顔に変わるのを長年見てきた人ですからね~。

Edit | Reply | 

daisi  2016, 02. 28 [Sun] 13:39

この映画は最初に2時間版で、映画への愛情に感動した覚えがあります。
その後から3時間のディレクターズ・カット版を見ましたが、サッパリだったんですよね。
もう、ずいぶん前なので記憶があやふやで、なせそう思ったのかの理由は覚えていないのですけども。
takeさんの感想を読んでいると、2時間版とは本筋が変えられているのかも?とも思ったり。。。
ラストのキスシーンばかりの中に「ヒズ・ガール・フライデー」のものが混ざっていたことは覚えているんですけどね(^^;
妙なことは記憶が鮮明なんですよね(笑)

Edit | Reply | 

take51  2016, 02. 28 [Sun] 16:16

>宵乃さん、こんにちは!

>この作品は最初に短いバージョンを観て感動して、完全版でショックを受けて、また短いバージョンを見直したら感動できなくて大ショックを受けた作品です…。

実は宵乃さんの記事にもお邪魔させていただいてたのですが、
どうコメントを書いていいか分からなかったんです(^▽^;)
今は頭の中もだいぶ整理が出来てきたので、またお邪魔させていただきます!!
人によっといろいろ感じ方が違うので面白いですよね!!(^.^)

多くの人が感動した・・、という映画を感動しなかったらショックというのは
分かります!!実は僕もスターウォーズが面白いと感じる事ができずで・・
こういうシアターをやってる人には必須アイテムなんですけど・・(笑)

>見る順番や時期でここまで受け取り方が変わってしまうのか~と、映画に潜む魔物に慄いたり(笑)
take51さんにとってベストなタイミングでもう一つのバージョンも観られるといいですね。

近々、見る事になると思います!!
完全版の内容を忘れないうちに(笑)

>あと、エレナと引き離したのは成功のためというより、彼にとって”創作への情熱”は真実の愛と同じなのかなと。映画という魔法で人々が笑顔に変わるのを長年見てきた人ですからね~。

なるほど~、カッコイイ解釈ですね!!
会社で話題になったら使わせてください!!(笑)

Edit | Reply | 

take51  2016, 02. 28 [Sun] 16:23

>daisiさん、こんにちは!!

>この映画は最初に2時間版で、映画への愛情に感動した覚えがあります。

daisiさんの言われる「映画への愛情」という表現を他でも
見た気がするのですが、僕は感じる事ができなくて・・(^▽^;)
僕は男女の関係に執着し過ぎてるのかもしれません(笑)

>その後から3時間のディレクターズ・カット版を見ましたが、サッパリだったんですよね。
もう、ずいぶん前なので記憶があやふやで、なせそう思ったのかの理由は覚えていないのですけども。

言われるように内容が変わってるのかもしれませんので、
早々に劇場版も見てみたいと思います!!映画への愛情も意識したいと思います!!

>ラストのキスシーンばかりの中に「ヒズ・ガール・フライデー」のものが混ざっていたことは覚えているんですけどね(^^;
実はこの映画に登場した昔の映画が気になってまして・・
ヒズ・ガール・フライデーは探してみたいと思います!!
有難うございます!!(^^♪

>妙なことは記憶が鮮明なんですよね(笑)

僕も得意です!!(笑)
それが楽しかったりしますよね!!(^.^)


Edit | Reply | 

ひ辻  2016, 03. 03 [Thu] 06:28

ついにこの作品にたどり着かれましたか・・・
公開当時に東京のミニシアターで見まして、
感動のあまり放心状態になってしまって立ち上がれず、
そのままもう1回見てしまいました(笑)

短縮版も完全版もどちらも見ましたが個人的には短縮版を初めて見た時の方が感動は大きかったですね。
完全版でエレナが来なかった理由を知ってしまうとイマイチ釈然としないものを感じてしまうので・・・
でも蛇足だとは思わないです。
あれによってまたさらに作品としての深みが増していると思いますので。

田舎から仕事を求めて若者が都会へ行くという日本でもおなじみの光景なので、
理由としては2なんだろうとは思うのですが、
アルフレードの中にかなり複雑な想いがあったという感じで、
あそこはあえて理由がぼかしてあるような気もしています。

映画ファンのための映画ですね。
この作品は私の中では今でも不動のNo.1なんです。

Edit | Reply | 

take51  2016, 03. 05 [Sat] 20:32

>ひ辻さん、こちらにも有難うございます!

>ついにこの作品にたどり着かれましたか・・・

やっと辿りつきました!!(笑)

>公開当時に東京のミニシアターで見まして、
感動のあまり放心状態になってしまって立ち上がれず、
そのままもう1回見てしまいました(笑)

どれほど感動されたかが伝わってきます(笑)

>短縮版も完全版もどちらも見ましたが個人的には短縮版を初めて見た時の方が感動は大きかったですね。

二人が逢えなかった理由が分からない方が、いろいろ想像する事が
できて良かったかも?なんて思ってます。そういう時って悪いようには
想像しないので・・、僕は(^▽^;)

>完全版でエレナが来なかった理由を知ってしまうとイマイチ釈然としないものを感じてしまうので・・・
でも蛇足だとは思わないです。

僕は今年の夏くらいに劇場版を見てみたいと思います!
その頃だと内容もかなり、うる覚えになり固定観念も少なく
なった状態で見れると思いますので・・

どんな感想になるか楽しみです!(^.^)

>あれによってまたさらに作品としての深みが増していると思いますので。

そうなんですね!
比較が楽しみです!!(^.^)

>田舎から仕事を求めて若者が都会へ行くという日本でもおなじみの光景なので、
理由としては2なんだろうとは思うのですが、
アルフレードの中にかなり複雑な想いがあったという感じで、
あそこはあえて理由がぼかしてあるような気もしています。

あれこれ分析するのも楽しいです!
やっぱり2ですよね、、。それが自然だと思います。
アルフレードは複雑だったでしょうね、、。そうでなければ
人間じゃない!!(笑)

それくらい、結果的に当時の二人を苦しめた訳ですし・・

>映画ファンのための映画ですね。
この作品は私の中では今でも不動のNo.1なんです。

僕の中でまだ「映画ファンの為の映画」という実感が
持ててないので、再見が楽しみです!!(^^♪

Edit | Reply | 

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  映画「ニュー・シネマ・パラダイス」観た
  • 原題:NUOVO CINEMA PARADISO CINEMA PARADISO 製作:イタリア・フランス’89 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ ジャンル:ドラマ【あらすじ】シチリアの小さな村で生まれ育った映画監督サルヴァトーレ。かつて慕っていた映写技師アルフレードの訃報を聞き、映画館パラダイス座が世界の中心のようだった頃の思い出がよみがえる。彼は帰郷を決意し…。最初にみたのがこ...
  • 2016.02.28 (Sun) 12:39 | 忘却エンドロール