ルミガン通販

久しぶりにAztecaを弄ってみました♪やっぱりPoliceはカッコイイ・・

久しぶりに日中、雨戸を降ろし部屋を暗くして
ソフトを楽しんでみました。気が付けばD-RENでセッティングを
弄ってから、じっくり視聴するのは初めてかも??(^▽^;)

オペラ座の怪人やPoliceのライブなど、僕の中のど定番ソフトを
目いっぱい鳴らしてみました!ご近所の方も懐かしい?んな訳ないか・・(^▽^;)

Policeは久しぶりにアングルを変えてみました!!
どういう事か分からないと思います。

2808部屋、Police (3)

何もしなければカメラは観客席側からStingを中心に撮ってますが、
アングルを変更するとStewart Copeland中心に変わります。
彼のドラムさばきが良くわかり、これはこれで楽しいんです!!(^^♪

彼の手元や彼のアップなど、趣向が変わってていいんです。

2808部屋、Police (5)

メニューの曲目リストの右上(赤丸の部分)にあるswitch angleをクリックすると
Stewartバージョンに切り替わります!!ま、こんな古いソフトを未だに楽しんでる
人は日本にもそう居ないとは思いますが・・・(^▽^;)



このソフト、何べん聞いても飽きる事がなくカッコイイです。
自分でこんな事を書くのは気が引けますが、音が良くなり更に楽しめてます。

このソフト、1曲目のMessage In A Bottleのギターは定位が甘く「んん??」と
なりますが、それ以降は視聴位置の右側を中心にキレとスピードのある音で鳴ってくれます。

2曲目のSynchronicity IIはStingのベースの唸る音と共に痺れさせてくれます♪
このソフトはある程度のボリュームをあげて楽しみたいですね!D-RENでSWから
余計なビビリ音が少なくなったのも良くなった大きな要因の一つですね!

ただ、前から書いてる事ですが音が左右に分かれた感が強くなるシーンがあります。
これは普通の映画を見ていても、たまに感じる事ですが解決法が思いつかず
放置してました。何気に壁を見て「ふと」気が付いた事が。

もともと左右の壁のフロントスピーカーと視聴位置の中間くらいの
位置にAztecaを貼っていましたが、いろいろ検証の結果、外しました。

という事で遊んでるAztecaが二つあるので、正面の壁の上に付けたらどうなるか?
ふと試してみたくなりました!!(^^♪

2808部屋、Police (2)

2808部屋、Police (1)

こんな事で変わるのか?と思われる方もいらっしゃると思います。当然です(笑)
けど、やっぱり変わるんですね・・。それもかなり・・・(^▽^;)

そして全く期待してませんでしたが、気になってた音の左右に分かれた感が
マシになったんです。こんなに結果がすぐ出るとは・・。嬉しい誤算(笑)

BURLESQUEの最後の曲も音場的には良くなったのではないでしょうか??
サビの部分でドラムの音が部屋を1周するシーンも、ドラムの音のぼやけた
感じがかなりマシになってます。

ただ音がややスクリーン側に引っ込み、しかも平面的になった気がします。
気がします、と書いてますが間違いないです・・。これはあまり好ましくない・・

そして、もっと許せないのがリアスピーカーからの音が奥まってしまいました。
物凄く遠慮がちに聞こえるんです・・。オペラ座の怪人やPoliceのライブで
観客の拍手が視聴位置から相当後ろに下がってしまった印象です。

Aztecaの位置で多少は改善されるんでしょうか??
フロントの左右に分かれた感が改善されたのは大きいですが、
今回のマイナス面は目を瞑り難いかも・・・(^▽^;)

ま、休みはもう少しありますので色々試してみるとしましょう!!(^.^)




スポンサーサイト

COMMENT 0