ルミガン通販

最近、読んだ本「罪と罰」

本当に長い小説でした。何度も挫折しかけましたが、
読書をしない時代の僕ですらこの本の存在は知っていたという事。

そして最近のお気に入りである村上春樹の小説に再々登場するという、
この本にある「それだけの理由」を知りたい一心で頑張れました!

 この小説はミステリーと家族愛、そして恋愛を複雑に絡めたものです。
ミステリーの部分ではよくありがちな「誰が犯人か?」ではなく、
「何故、犯罪を犯したのか?」という事で話が進みます。

主人公は論理的に物事を考える事ができ、そして考えを相手に伝える力も
備えており「頭がいいんだろうな~」という人間です。

しかし家族をも巻き込む究極に近い貧乏ゆえ道を誤ります。
まさに貧すれば鈍するという言葉通りとなります。

しかし彼には純粋な心が備わっていました。
周りの家族や恋人候補もまた恐ろしく純粋な心の持ち主であった事も、
彼が最終的に更生する後押しになったのだと思います。

この時代、家族を含めた主人公たちの生活は恐ろしく質素で、
家族の絆以外は何もない状態です。逆にその何もない中で得られる
幸せは純粋で清らかに感じました。

主人公が自首を決意し、家族や恋人候補に会いに行った際の会話は
愛に溢れ感動的でした。この部分を読めただけで、この小説を読んで
良かったと思えた程です、、、(涙)

逆に貧乏により心を犯された人たちの醜態さが、
逆に笑えるほど酷い事も付け加えておきます、、(^▽^;)

とにかく会話が長くて頁数が増えています。
この辺はクランティエン・タランティーノにも影響を及ぼしているのかな?
と勝手に想像してます。

その長い会話も後々の何かへの伏線なのか?と我慢をして読んでいても
全く繋がらなかったり・・(僕が気付いてないだけの可能性もありますが)

あの会話を省略すれば少なくとも2/3程度には縮小できると思いますが、
とりあえず会話による物語の臨場感は増していますし、
19世紀のロシアの情景が伝わっているのだと思います。

ちなみに登場人物の会話は村上春樹にも影響を与えていると思います。
これがドストエフスキーのものか、訳をされた工藤精一郎(ロシア文学研究家)の
ものかは分かりません。原文を読むしか知る術はありませんが、僕には無理でしょう(笑)

残念なのは最後に主人公が何故、犯罪を犯したのか?という結論に近い部分を
理解する事ができなかった事(汗)

ネットで解説を読むのは癪ですし、自分なりに納得ができるまで読み返したいと思います。
おおよその話を把握している次回以降は読むペースも違うと思いますので・・
ちょっと背伸びをしたかな?と思いながら読みましたが、面白かったし
印象に残る1冊でした♪

江川卓さんが訳された罪と罰も読んでみようかな・・・






スポンサーサイト

COMMENT 6

miri  2017, 05. 28 [Sun] 11:06

take51さん、こんにちは☆

本当にお疲れ様でした。
村上春樹さんのことが それほどお好きなんですね・・・
村上さんはtake51さんに そこまで思われてお幸せですね☆

>訳をされた工藤精一郎(ロシア文学研究家)

工藤先生でしたか!
昨日、コメントの返信で全然聞いたことない人の名前を書かれていたので
調べまくったのですが分からなかったんです(笑)。

>この小説はミステリーと家族愛、そして恋愛を複雑に絡めたものです。

そうですか・・・そう受け止められたんですね。。。

>主人公が自首を決意し、家族や恋人候補に会いに行った際の会話は
>愛に溢れ感動的でした。この部分を読めただけで、この小説を読んで
>良かったと思えた程です、、、(涙)

そういう部分があって良かったですね!

>逆に貧乏により心を犯された人たちの醜態さが、
>逆に笑えるほど酷い事も付け加えておきます、、(^▽^;)

酷いというか・・・
私自身的な(笑)。

>とにかく会話が長くて頁数が増えています。
>その長い会話も後々の何かへの伏線なのか?と我慢をして読んでいても
>全く繋がらなかったり・・(僕が気付いてないだけの可能性もありますが)
>あの会話を省略すれば少なくとも2/3程度には縮小できると思いますが、
>とりあえず会話による物語の臨場感は増していますし、
>19世紀のロシアの情景が伝わっているのだと思います。

そうなんですよね・・・真ん中のお話ではないお話が長くて
すごいボリュームで!
でもそれがないと このお話は・・・
だって刊行された当時の「今現在」を鏡のように映しているのですものね☆

>残念なのは最後に主人公が何故、犯罪を犯したのか?という結論に近い部分を
>理解する事ができなかった事(汗)
>ネットで解説を読むのは癪ですし、自分なりに納得ができるまで読み返したい>と思います。

人それぞれの受け止め方で良いと思います・・・

>おおよその話を把握している次回以降は読むペースも違うと思いますので・・
>ちょっと背伸びをしたかな?と思いながら読みましたが、面白かったし
>印象に残る1冊でした♪
>江川卓さんが訳された罪と罰も読んでみようかな・・・

良い作品ですよね・・・
私は実は旧訳のファンの方々からけちょんけちょんに言われる
新訳の亀山先生で読みました。
現代語訳ですのでメチャクチャ読みやすかったです。

もし本当に2度目を読まれるなら、亀山先生の方がお勧めのような・・・
こういうことを書くと𠮟られますが、江川先生のはやめた方が良いような・・・。

実は私、他の(非公開)ブログで
この作品について感想をアップしているのですが
もしtake51さんが読んでくださるなら
「映画鑑賞の記録」に写して・・・と思うのですが、
お時間が・・・お忙しいので無理はなさらないでくださいね☆

でも、もっとお話ししたいような気持ちでいっぱいなんです☆

そしてtake51さんが追及なさりたい部分だけ、
自分でももう一度読み返したいような気持ちにもなりましたが、
目と相談して決めます(笑)。


.

Edit | Reply | 

take51  2017, 05. 28 [Sun] 11:53

>miriさん、こんにちは!

>本当にお疲れ様でした。
村上春樹さんのことが それほどお好きなんですね・・・
村上さんはtake51さんに そこまで思われてお幸せですね☆

最近、気に入って読んでます!!まだまだ読んでない
作品ばかりですので楽しみです♪

>工藤先生でしたか!
昨日、コメントの返信で全然聞いたことない人の名前を書かれていたので
調べまくったのですが分からなかったんです(笑)。

失礼しました。もう本当に恥ずかしい・・・(^▽^;)
最近、思い込みが激しくて間違ったまま記憶してる事が
本当に多くて・・。気づいていただいて良かったです(笑)

>そうですか・・・そう受け止められたんですね。。。

はい、そういう風に受け止めました!
miriさんはどうだったのでしょう??凄く気になります・・(^▽^;)

>そういう部分があって良かったですね!

ですね!ここの部分は本当に良かったです♪

>酷いというか・・・
私自身的な(笑)。

そんな事ないですよ!!こうしてやり取りを
させていただいて、そんな事を感じたことないですよ!!(^.^)

>そうなんですよね・・・真ん中のお話ではないお話が長くて
すごいボリュームで!
でもそれがないと このお話は・・・
だって刊行された当時の「今現在」を鏡のように映しているのですものね☆

途中で「いい加減にしろ!!」まではいかなくても、
ちょっと疲れたりはしました(笑)

あの会話があるから当時の状況がわかり、登場人物の
内面が想像できたと思います!にしても長いと思います!(笑)

>人それぞれの受け止め方で良いと思います・・・

そうなんですけど、受け止める部分まで辿り着けてないので・・(^▽^;)

>良い作品ですよね・・・
私は実は旧訳のファンの方々からけちょんけちょんに言われる
新訳の亀山先生で読みました。
現代語訳ですのでメチャクチャ読みやすかったです。

いや、良かったと思います!!
亀山先生の本も読んでみますよ!!そんなにけちょんけちょんに
言われてるんですか??それはそれで興味をそそります(^▽^;)

>もし本当に2度目を読まれるなら、亀山先生の方がお勧めのような・・・
こういうことを書くと𠮟られますが、江川先生のはやめた方が良いような・・・。

こうなったら全制覇しますよ!(笑)

>実は私、他の(非公開)ブログで
この作品について感想をアップしているのですが
もしtake51さんが読んでくださるなら
「映画鑑賞の記録」に写して・・・と思うのですが、
お時間が・・・お忙しいので無理はなさらないでくださいね☆

お構いなければ是非、転写をお願いします!!
以前、miriさんが書かれたドストエフスキーと愛に生きるの
記事でやり取りをさせていただきましたよね!!あの映画も
見てみなきゃ・・。また忘れてましたので・・(^▽^;)

>でも、もっとお話ししたいような気持ちでいっぱいなんです☆

僕もですよ!この本を読まれてる方は周りにもいませんし・・(^▽^;)

>そしてtake51さんが追及なさりたい部分だけ、
自分でももう一度読み返したいような気持ちにもなりましたが、
目と相談して決めます(笑)。

いや~、とにかく1頁あたりの文字数の多さと
登場人物の名前を把握するのに苦労しましたので、
再読するにも覚悟が必要ですよね(笑)

目と相談していただき、気が向いたらお願いします!(^.^)

Edit | Reply | 

miri  2017, 05. 28 [Sun] 13:08

早々とお返事を有難うございます☆

ではURLの記事から続けて合計3本の記事ですが、
読んだ当時の2014年1月でアップしました☆

亀山先生との出会いは、Eテレの「100分de名著 罪と罰」
2013年12月だったと思います。
それですぐに買って読みました☆

宜しくお願い致します♪


.

Edit | Reply | 

take51  2017, 05. 28 [Sun] 20:48

>miriさん、こんばんは!

さっそくお邪魔させていただきますね!!
次は亀山先生の「罪と罰」を読んでみます!!
暫くは軽い小説を読んで一休みしたいと思います(笑)

Edit | Reply | 

miri  2017, 06. 02 [Fri] 08:41

take51さん、おはようございます☆

いつもいろいろと有難うございます☆

今日は【 ブログ DE ロードショー 】のことなのですが、
春と夏の企画の間に、開催させていただくことになりました☆

ポールさんのリクエストです☆
是非、私の告知記事を見て下さいね!

また、もしいつか、take51さんが皆で一緒に見たい映画があったら
お忙しいと思うので 雑事は私がさせていただきますので
ぜひお声かけて下さいね~! お待ちしています☆

では、宜しくお願い致します。


.

Edit | Reply | 

take51  2017, 06. 03 [Sat] 15:01

>miriさん、こんにちは!

またまたお返事が遅くなりました(汗)

>今日は【 ブログ DE ロードショー 】のことなのですが、
春と夏の企画の間に、開催させていただくことになりました☆

そうなんですね!

>ポールさんのリクエストです☆
是非、私の告知記事を見て下さいね!

ポールさんはよくリクエストをされますよね!
有り難い話です!!miriさんの告知記事には後で
お邪魔させていただきます!!(^.^)

>また、もしいつか、take51さんが皆で一緒に見たい映画があったら
お忙しいと思うので 雑事は私がさせていただきますので
ぜひお声かけて下さいね~! お待ちしています☆

その時は甘えてしまうかも?です、、(^▽^;)
いつも有難うございます!!!\(^o^)/

Edit | Reply |