FC2ブログ
ルミガン通販

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、読んだ本「落日燃ゆ」「映画を夢見て」

何となく読んで面白かった「わしの眼は十年先が見える 大原孫三郎の生涯」
から城山三郎に興味を持ち読んだ本が「落日燃ゆ」です。



第2次世界大戦の前後については歴史で習ったことくらいしか
認識がなく、頭の中になるのは年号と出来事(単語)だけでした。
授業をちゃんと聞いてなかったせいかもしれませんが、日本が正しい
前提で出来事を記憶していたので、この本の内容はショックでした。

仮に書かれた内容がすべて正しいとするならば、今の北朝鮮を
頭ごなしに批判するのは「どうか??」と思うくらい、当時の日本(陸軍)の
やってきた事は恐ろしいです。※もちろん北朝鮮は批判されて当然ですが



主人公である広田弘毅の生き様は凄まじいものでした。
外交官として一生を終える事を決意し、またその責務を全うして
生涯を終えました。恐らく城山三郎の腕で多少の美化(城山の理想)も
含まれてるような気がしますが、基本は小説の通りなのだと思います。

この時代についてもっと知りたくなりました。





そしてdaisiさんにオススメをいただいた小林信彦さんの
映画の本も面白かったです。こうした本を読んだ事がなかったのですが、
昔の映画を見るには本で予備知識をつけておくと後々、楽しめそうです。

読んでいて監督の名前はあまり分かりませんでしたが、
俳優さんや作品の名前は聞いた事があったりで楽しかったです!

やっぱり名作と言われるには理由があり、本当は自分で見ながら
名作たる理由に気づける事がいいのかもしれません。けど現実としては
なかなか難しい訳で、この本で知った「〇〇監督は〇〇の監督の影響を
受けていて・・」という事が頭にあるとないとでは楽しめ方が違います。



とりあえずはニノチカという映画を見てみるつもりです!(^^♪





スポンサーサイト

COMMENT - 4

daisi  2017, 06. 18 [Sun] 19:01

オススメした本を読んでいただけたようで・・・(^^)

僕の場合は映画とは別のところから小林信彦を愛読するようになって、そこに出てくる映画のタイトルや人物名を追いかけていったんです。
本を読んで、興味を持って、いろいろ見て、「なるほど」の繰り返しでした。

とりあえず「ニノチカ」は見てみてください。
500円DVDでも売ってますので。
省略の妙です(^^)



「落日燃ゆ」は面白そうですね。
探します。


>この時代についてもっと知りたくなりました

「この時代」といっても多岐に渡るので、的外れかもしれませんが、吉村昭の初期のものは「この時代」を扱ったものが多いですよ。
感情的にならずに書いてあるので、冷静に判断できると思います。
「戦艦武蔵」、「零式戦闘機」、「深海の死者」、「蚤と爆弾」辺りは興味深いと思いますが、前3作はお求めのものとは違うタイプかもしれません。

Edit | Reply | 

-  2017, 06. 18 [Sun] 19:59

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

take51  2017, 06. 18 [Sun] 20:58

>daisiさん、こんばんは!

>オススメした本を読んでいただけたようで・・・(^^)

遅くなってしまいました(汗)
嫌味のない好感がもてる文章ですね!!
とても読みやすいです!!(^^♪

>僕の場合は映画とは別のところから小林信彦を愛読するようになって、そこに出てくる映画のタイトルや人物名を追いかけていったんです。
本を読んで、興味を持って、いろいろ見て、「なるほど」の繰り返しでした。

僕も「なるほど」の繰り返しを味わいたいです!
この人の書いた本は順番に読んでみたいです。
映画以外の文章も面白そうですね!

>とりあえず「ニノチカ」は見てみてください。
500円DVDでも売ってますので。
省略の妙です(^^)

なかなかレンタルには無さそうですね・・(^▽^;)
500円なら喜んで買います。見るのが楽しみです♪

>「落日燃ゆ」は面白そうですね。
探します。

いや~、なかなか面白かったです!!
今も彼のような人はいるのだと思いますが、
覚悟というか腹の据わり方が違いますね・・(^▽^;)

>「この時代」といっても多岐に渡るので、的外れかもしれませんが、吉村昭の初期のものは「この時代」を扱ったものが多いですよ。
感情的にならずに書いてあるので、冷静に判断できると思います。
「戦艦武蔵」、「零式戦闘機」、「深海の死者」、「蚤と爆弾」辺りは興味深いと思いますが、前3作はお求めのものとは違うタイプかもしれません。

そうなんですね!またチェックしておきます!!
広田と対立していた陸軍目線の本を探してみましたが、
これといって読みたい本が見つかりませんでした。

タイトルが思い出せませんが、ずいぶん前に読んだ気もしますが、
興味がなかったのか残ってません、、、(^▽^;)

小林信彦さんの残る2冊も読んでみます!!(^^)/

Edit | Reply | 

-  2017, 06. 19 [Mon] 10:18

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。