ルミガン通販

最近、見た映画「帰ってきたヒトラー」「バイオハザード:ザ・ファイナル」

・帰ってきたヒトラー(BD)(2017-39)

最近、映像や音が派手でアトラクション的な映画が多いな~、
と思ってる中で、この映画は久しぶりに内容で魅せてくれました!
※自分でアトラクション的な映画ばかりを見てるという気もしますが・・・(^▽^;)

映画は1945年に自殺をしたヒトラーが突然、2011年のドイツに
やってくるという設定です。ヒトラーが国内を徘徊しながら現在のドイツが
抱える問題を見て回る部分は面白かったです!ドイツの抱える問題を
的確に捉えていく様から彼の優秀さがわかります。

もし本当にヒトラーが登場しても本人なんて思う人は誰もいなくて当然で、
「恐ろしく似た人がいるもんだ」で済まされると思います。

当然、街で普通にいる人たちは「ヒトラーのそっくりさんだ!!」と
記念撮影をしたりフレンドリーに接してますが、歴史を知ってれば目を
疑いたくなる光景です。芸能人か何かと思いますよね・・(^▽^;)

その辺の様子をYouTubeやFBなどのSNSとうまく絡めているのが上手でした!
またインターネットやウィキを含めた現在のツールに感心して理解する
ヒトラーの描写が、さり気なく彼が頭が良かったことをアピールしてます。

ほとんどの人がヒトラーを本物と気づかないまま彼を盛り上げていきますが、
そんな世間の心理を利用しつつ、巧妙に民衆の心理を掴んでいく彼の
恐ろしさに身震いがしました。きっと過去もそうやって彼の世界を築いたんですね・・

ヒトラーをオリヴァー・マスッチという方が演じますが、
「ヒトラー ~最期の12日間~」とは別の方なんですね。

調べるまではヒトラーに似てる人が世の中に何人もいないだろう。
という想像より、同一人物と思ってました。
「キャラの使い分けが凄い!」なんて

流石に違いました(笑)

という感じで久しぶりに内容(脚本)で面白いと思える映画でした♪


音もなかなか楽しかったです!
初めてウィキやグーグルを体験した場面です。

画面の中からヒトラーの表情を見る構図で、ヒトラーに向かって
飛び込んでいく情報に驚く様が全てのスピーカーをフル稼働で
表現されてます。やっぱり視覚だけではなく、こういう時の音の
効果って楽しいですね!視聴位置にいてパソコンの画面の中心部に
いるような体験ができました!!(^^♪

あとは演説シーンです!オリヴァーさんの演技によるところも
ありますが、迫真の演説ですっかり見入ってしまいました!

という事で内容も素晴らしいし音も楽しめる素敵な映画でした♪

もともとはドイツでベストセラーとなった小説の映画化だそうで、
これは小説も読まなきゃ!と思ってます。読みたい本も溜まって
きてますので大変です・・・(^▽^;)

ボンさん、良かったですよ!!\(^o^)/


【点数】
 内容:9 点
 映像:8 点
 音 :9 点
 総合:8.5点
 ※頭がいい人は怖い・・(^▽^;)

Yahoo映画のページ

帰ってきたヒトラー コレクターズ・エディション(Blu−ray Disc)
by カエレバ



・バイオハザード:ザ・ファイナル(BD)(2017-40)

ついにラストを迎えたこの映画。
ローラの出演など公開前に話題になってて気になってましたが、
ようやく見る事ができました♪

で、感想ですが流石にアリスが無敵になり過ぎて
随所で醒めちゃいました・・・(^▽^;)

彼岸島の宮本明ばりに不死身になってます。

あとバトルシーンもコマ抜きの乱用で非常に見辛かったです。
うちのプロジェクターの再生能力の問題かもしれませんが・・・(^▽^;)

ここまで否定的な事を書いてきましたが、想定外に嬉しかった事を!
アイザック博士ってゲームオブスローンズのジョラー・モーモント
だったんですね!変な話、ゲームオブスローンズを見ていて
「あ、バイオハザードのアイザック博士だ!」とはならなかったんで・・(^▽^;)

アイザック博士が登場する度、「カリーシー」と呟いちゃいました(笑)

とりあえず最後は良かったかな?と思います。
それでも「本当に良かった」という訳では無く、それまでを
否定的に見てしまったので、それよりは良かったかな・・と(汗)

途中からウォーキングデッドのパクリ??と思ったし、
いろいろ残念な事が多かったかな、、、というのが正直な感想です。

見た時期が悪かったかな??帰ってきたヒトラーが良かったので・・(^▽^;)

【点数】
 内容:6 点
 映像:8 点
 音: 8 点 それなりに楽しめました!
 総合:7 点
 ※何はともあれお疲れ様です、とアリスには言いたいです・・(^▽^;)

 Yahoo映画のページ

バイオハザード:ザ・ファイナル (初回生産限定) [Blu-ray]
by カエレバ





内容 ・・・マイ・インターン 10点
       サウスポー 9点
       ウェスト・サイド物語 9点
       ハドソン川の奇跡 10点
       ジョイ 9点
       帰ってきたヒトラー 9点

・映像 ・・・レヴェナント 蘇えりし者 9点
        ファインディング・ドリー 9点
        ウォークラフト 9点
        ハドソン川の奇跡 9点
        ジャングル・ブック 9点
        アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 9点

・音 ・・・・レヴェナント 蘇えりし者 9点
      ファインディング・ドリー 9.5点
      ウェスト・サイド物語 9点
      ハドソン川の奇跡 10点
      帰ってきたヒトラー 9点

スポンサーサイト

COMMENT 8

ボン  2017, 06. 25 [Sun] 22:06

こんばんわ。
この映画、YuuTubeの予告編を見るとコメディー映画って思うのですが、
実際に観てみると実は全然違いますよね。
笑えるところもあるけど、
全然笑いない…。

レンタルで借りた時、ドイツ語で見たのですが、
あの演説シーンに不覚にも鳥肌が立ってしまいました。
自分、あのシーンには引き込まれてしまいました。
ちょっとまずいかな自分。

ヒトラーは、大衆が心の中で望む事そのものなのかも。
でも、
ユダヤ人の虐殺や戦争で家族が死ぬ現実は、当時のドイツ国民は望んでなかったはず。

不気味で本当は恐い映画です。

原作と違う終わり方らしいですが、
この中途半端感が映画の評価があまりよろしくない原因かもしれません。

何か中途半端なコメントですみません。
自分にとってはかなり衝撃的な作品です。

Edit | Reply | 

daisi  2017, 06. 26 [Mon] 01:23

WOWOWで放送されたので今夜見たところです。 >「帰ってきたヒトラー」
偶然ですね。

ドキュメンタリーの部分は興味深かったです。
でも後半はちょっとグダグダだったかなぁ。
落としどころが難しいでしょうけど。
でも「最後の12日間」のパロディのシーンは面白かったです(^^)


>きっと過去もそうやって彼の世界を築いたんですね・・

takeさんとはこの辺の感じ方がちょっと違いました。
というのも、自分ひとりで世の中をああいう方向に持っていけたわけではないんですよね。
行動としての暴力も使いましたけど、大元は市民の支持があったから権力を持つことができたわけで。
8年ほど前に民主党が圧倒的な勝利を収めたり、その反動で自民党が圧勝したり。
そちらではあまり話題になっていないかもしれませんけど、大阪だと維新の会が圧勝したりとか。
身近なところで圧倒的多数が支持するという結果が出ているので、今後また同じようなことが起きない可能性がないわけでもないと思うんです。
誰か1人の責任とするのは危険ではないかな、と思うんです。

Edit | Reply | 

take51  2017, 06. 27 [Tue] 21:22

>ボンさん、こんばんは!

お返事が遅くなりました(汗)

>こんばんわ。
この映画、YuuTubeの予告編を見るとコメディー映画って思うのですが、
実際に観てみると実は全然違いますよね。
笑えるところもあるけど、
全然笑いない…。

一瞬、コメディっぽい雰囲気がありますが、考えさせられる
映画でしたよね!笑えない内容ですけど、アプローチの仕方が
面白いと思いました!皮肉にしても危ないかも??(^▽^;)

>レンタルで借りた時、ドイツ語で見たのですが、
あの演説シーンに不覚にも鳥肌が立ってしまいました。
自分、あのシーンには引き込まれてしまいました。
ちょっとまずいかな自分。

いや~、あれは引き込まれると思いますよ!
僕は演技と音の良さで引き込まれたと思ってます。
賛同する訳じゃないので大丈夫ですよ!!

>ヒトラーは、大衆が心の中で望む事そのものなのかも。
でも、
ユダヤ人の虐殺や戦争で家族が死ぬ現実は、当時のドイツ国民は望んでなかったはず。

当時の勉強が足りてないので何とも言えないですが、
虐殺や戦争は望んでなかったと思いますよ。当時の日本陸軍は
望んでたような気もしますが・・(滝汗)

>原作と違う終わり方らしいですが、
この中途半端感が映画の評価があまりよろしくない原因かもしれません。

評価は良くないんですね・・。ちょっと原作を読んでみますね!
待機してる本が増えて少し時間が掛かりそうですが・・(^▽^;)

>何か中途半端なコメントですみません。
自分にとってはかなり衝撃的な作品です。

いえいえ、とんでもないです!!(^.^)
何も考えず、この映画を面白い映画!と言ってたら
変人に思われそうな気がしてきました(汗)

仕方ないですね、、面白い脚本と思ってしまったので・・(^▽^;)

Edit | Reply | 

take51  2017, 06. 27 [Tue] 21:31

>daisiさん、こんばんは!

>WOWOWで放送されたので今夜見たところです。

こんな偶然もあるんですね(笑)

>ドキュメンタリーの部分は興味深かったです。
でも後半はちょっとグダグダだったかなぁ。
落としどころが難しいでしょうけど。
でも「最後の12日間」のパロディのシーンは面白かったです(^^)

そうですね~、確かに最後はちょっとグダグダだったかも??
「最後の12日間」のパロディシーンに気づけなかったです(汗)
随分前だったのでもう一度見てみようかな・・

>takeさんとはこの辺の感じ方がちょっと違いました。
というのも、自分ひとりで世の中をああいう方向に持っていけたわけではないんですよね。
行動としての暴力も使いましたけど、大元は市民の支持があったから権力を持つことができたわけで。

あ、そうなんですね!?市民からどのような支持があったんでしょう・・
ちょっと興味がありますね・・。

>8年ほど前に民主党が圧倒的な勝利を収めたり、その反動で自民党が圧勝したり。

なるほど・・

>そちらではあまり話題になっていないかもしれませんけど、大阪だと維新の会が圧勝したりとか。

恥ずかしい話ですが、話についていけてないです。
何となくのイメージはあるのですが・・

>身近なところで圧倒的多数が支持するという結果が出ているので、今後また同じようなことが起きない可能性がないわけでもないと思うんです。
誰か1人の責任とするのは危険ではないかな、と思うんです。

やっぱり歴史から学ぶ必要がありますよね・・
歴史は繰り返す、という言葉がありますが本当に考えさせられます。

>「良いこと」と思うことでも反感を持つ人はいるもの。
そこを上手く刺激してやると、その声がどんどん大きくなっていって。
時代に関係なく、それはきっと繰り返していくのでしょうね。

頭のいい人という表現が適切か分かりませんが、
本当に怖いですね・・。自分をしっかり持つ必要がありそうです!

Edit | Reply | 

ボン  2017, 06. 27 [Tue] 22:32

こんばんわ。
めったにしない再レスw

自分もこの映画の脚本はとてもおもしろいと思います。
タイムスリップものに外れ無しですし。
takeちゃんの素直な感想も当然ありだと思います。

ただね…
映画の中で難民問題がって‥あったじゃない?
これ…現代のシリアからの難民。
そして当時のユダヤ人虐殺
この二つ、かぶるところがあるんですよ。
パロディでは済まされない話。
根っこは民族問題。

民族が違う、宗教が違う…それだけで人間は人を殺してきたんです。
(いまもどこかで)

そこだけとっても、よくぞ映画化したなと感心するのがこの「帰ってきたヒトラー」だったりする訳です。
そして主人公はヒトラー。
あまりにもタブーな話題だから、
で、ぼやかすして、パロディーぽくして
だから最後はグダグダになると。

そんな映画なんです。



Edit | Reply | 

daisi  2017, 06. 28 [Wed] 21:23

こんばんは。

>「最後の12日間」のパロディシーンに気づけなかったです(汗)

終盤、TV局の副局長が局長に昇進し、ヒトラーを出さなくなると、視聴率が落ちて・・・というシーンです。
局長室で部下にそれを知らされ、数人だけ部屋に残して激昂する、というのがまったくのパロディです。
その後、その元副局長はヒトラーを自社の番組に再登板させようとしますから、同時にマスコミ批判でもありますよね。
戦前の日本の新聞にも当てはまる事象です。


>市民からどのような支持があったんでしょう・・

1929年の世界恐慌、それ以前からの第1次大戦の賠償請求でドイツ国内はどえらい不景気だったんですね。
そんな時代に「仕事を与える」と言われたら投票するのも無理がないと思います。現にアウトバーンを作ったので、ウソではなかったわけですが。
また「みんなが自家用車を持てるようにするから、毎月積み立てよう!」と宣伝して作ったのがワーゲン・ビートルですから。こっちは計画と試作だけで、積立金を集めて、戦費に使って、車は軍用車に改造されたわけですけど。
まぁ、そうやって「良いこと」を言って人気を得たわけで、選挙の結果、ナチスは議席を増やしたんです。
でも、ミソは民主的に選ばれた結果なんです。
当時のドイツの憲法はワイマール憲法と言って、世界一民主的と言われたもので、不法に権力を握ったわけではなく、一応は正当な手続きを経た結果なんです。


>話についていけてないです。

分かりにくかったですね(^^;
要は、ひとつの勢力が極端にボロ勝ちするのは危険だと思う、と言いたかったんです。
「我々は選挙で支持を得たのだから、我々が言うことは市民の意思を反映したものなんだ」という理屈が成り立ちますから。まぁ現政権の強気の姿勢はまさにそれに拠るものと思いますけども。
ポイントは、この理屈は実際の選挙戦のときには、あまり大きく言っていなかった点に関しても成り立つということです。
つまり、権力を掌握した後、好きなようにできるのですけど、そうさせたのは投票した我々に責任があるんじゃないのか、何かのムードに流されて投票しなかったのか、ちゃんと検討して投票したのか。
その政権の責任者が自分たちの意思に反した政策を取った際、「アイツは悪者だ」と糾弾することは簡単ですけど、それは勝手すぎないか?ということです。
確かにヒトラーは悪いヤツですけど、彼一人を悪者としただけでは何もならないです。しかも彼は戦争が終わる前に死んでるんですから、すべてを彼の責任にするのは一番楽で、反省にも何もなりません。
彼の身近にいて利益を得た者もいるし、何も考えず、その時代のムードに流されて「自分はだまされてたんだ」と逃げる者の責任を考えることこそ大事だと思うし、次代に引き継いでいくべきことではないでしょうか。


>>「良いこと」と思うことでも反感を持つ人はいるもの。
そこを上手く刺激してやると、その声がどんどん大きくなっていって。
時代に関係なく、それはきっと繰り返していくのでしょうね。

これはボンさんお書きの民族問題について書いたことなんです(^^;
一般的には難民を助ける=良いこと、ですよね。
でも、そうやって他所から自分たちとは違う文化や習慣を持った人たちがやってくることに反感を覚える人たちもいます。
その「反感」の部分を刺激してやると、その声はどんどん大きくなっていって、やがては過激な排除運動にまで発展して、当然、暴力も伴うものになる。それは時代や社会に関係なく繰り返されるのだろう、というつもりで書いたんです(^^;
難民ではなく不法移民についてですが、メキシコ国境に壁を作る、なぜならそうやって来たヤツらが仕事を奪っているからだ!と訴えて大統領になったのも、だいたい同じようなことだと考えてます。

Edit | Reply | 

take51  2017, 07. 01 [Sat] 17:35

>ボンさん、こんにちは!

いや、もう本当に遅くなりました(汗)

>めったにしない再レスw

お気楽クリニック以来??ありがとうございます!(^^♪

>自分もこの映画の脚本はとてもおもしろいと思います。
タイムスリップものに外れ無しですし。
takeちゃんの素直な感想も当然ありだと思います。

ただね…
映画の中で難民問題がって‥あったじゃない?

なるほどですね・・
問題になってるよな・・、くらいで深く考えてませんでした(汗)
歴史を知ってる人が見たら笑えないでしょうね・・

>そこだけとっても、よくぞ映画化したなと感心するのがこの「帰ってきたヒトラー」だったりする訳です。
そして主人公はヒトラー。
あまりにもタブーな話題だから、
で、ぼやかすして、パロディーぽくして
だから最後はグダグダになると。

なるほどですね・・・
気づかされると恐ろしくなりますね(汗)

最後がグダグダになるという部分も実はよく
わかってなかったのですが、ようやくわかりましたm(__)m

今更、評価を変更はできないですが、この映画を話題に
する時は気を付けないといけないですね・・

ありがとうございました!!(^.^)

Edit | Reply | 

take51  2017, 07. 01 [Sat] 17:46

>daisiさん、こんにちは!

お返事が本当に遅くなりました(汗)
自由時間は全くなかったのですが、実は大阪に出張してました!

>終盤、TV局の副局長が局長に昇進し、ヒトラーを出さなくなると、視聴率が落ちて・・・というシーンです。
局長室で部下にそれを知らされ、数人だけ部屋に残して激昂する、というのがまったくのパロディです。

ありがとうございます!
残念ながら該当するシーンを記憶してませんが、
再見する時は気を付けてみます!この映画と帰ってきたヒトラーを
近日中に見たいと思ってます・・(^▽^;)

>その後、その元副局長はヒトラーを自社の番組に再登板させようとしますから、同時にマスコミ批判でもありますよね。
戦前の日本の新聞にも当てはまる事象です。

なるほど・・。そういう事になりますよね・・。

>1929年の世界恐慌、それ以前からの第1次大戦の賠償請求でドイツ国内はどえらい不景気だったんですね。
そんな時代に「仕事を与える」と言われたら投票するのも無理がないと思います。現にアウトバーンを作ったので、ウソではなかったわけですが。

この映画でもやたら「アウトバーン!!」って言ってましたね!

>また「みんなが自家用車を持てるようにするから、毎月積み立てよう!」と宣伝して作ったのがワーゲン・ビートルですから。こっちは計画と試作だけで、積立金を集めて、戦費に使って、車は軍用車に改造されたわけですけど。
まぁ、そうやって「良いこと」を言って人気を得たわけで、選挙の結果、ナチスは議席を増やしたんです。

そんな事実も知りませんでした(汗)
ビートルを見る目が変わりそうです・・
恐ろしい事をしてきたんですね(滝汗)

>分かりにくかったですね(^^;

いえいえ、僕が世間のインプットが足りてないんです。
一般常識が無いんで分からないんだと思います。
詳しいフォローをありがとうございますm(__)m

>確かにヒトラーは悪いヤツですけど、彼一人を悪者としただけでは何もならないです。しかも彼は戦争が終わる前に死んでるんですから、すべてを彼の責任にするのは一番楽で、反省にも何もなりません。
彼の身近にいて利益を得た者もいるし、何も考えず、その時代のムードに流されて「自分はだまされてたんだ」と逃げる者の責任を考えることこそ大事だと思うし、次代に引き継いでいくべきことではないでしょうか。

歴史から学ぶべき事が多いって事ですよね!
確かに死んだ人に責任を全て押し付けておしまいでは
同じことを繰り返すだけですよね・・

>これはボンさんお書きの民族問題について書いたことなんです(^^;
一般的には難民を助ける=良いこと、ですよね。

いろいろ考えさせられます。
もっともっと勉強しなきゃ・・、と思いました。
お二人からコメントをいただけて良かったです!!
ちょっと反省しました・・(^▽^;)

Edit | Reply |