ルミガン通販

「美女と野獣」をブログDEロードショで見ました!

・美女と野獣(BD)(2017-65)

12月の企画映画を見る事ができました!

ほぼタイムリーに見る事ができたのは本当に久しぶりです。タイムリーに見れたのはエマ・ワトソンが出てたから?(笑)

ディズニーのアニメ「美女と野獣」の実写版という事ですが、アニメを見たことがありません。ストーリーも何となくの想像でしか把握していません。見た目は醜いけど心の綺麗な野獣とお姫様が恋に落ちる話かな?くらいに思っていましたが違ったんですね(笑)

とりあえずストーリーはともかくエマ・ワトソンが可愛くて・・。そばかすもチャーミングでした(笑)

原作を知らないので比較による疑問を感じる事もなく純粋に楽しむ事ができました!だいたい想像通りの展開で想像通りに終わりました。そういう意味では内容的には手放しに評価できる映画ではないような気もします。不思議な映画ですね(笑)



ただ不思議に思った点が数点ありました・・


・王子さまは人徳があったのでしょうか??

 仕える召使たち?には割と人気があったように見えました。気のせいでしょうか?魔法使いも見限って野獣に変えた訳では無くチャンスを与えたのは王子に見どころがあったからでしょうか?巻き添えを喰らった召使たちの人間ができていたのか、あまり不満を言ってなかった気もします・・

 そう考えると王子は人徳があったのかな?と考えてしまいました。

・野獣に変えられていた期間は?
 僕の勝手な思い込みかもしれませんが、かなり長い期間を野獣で過ごしていたように思ってました。それが最後、皆が人間に戻った時に街の知り合いと再会を喜んでいた光景に違和感を感じました。少しの期間だったんですかね・・(^▽^;)

本当はベルが普通なんですけど、町の人が変わっていてベルが孤立してしまいます。あそこまで極端ではないかもしれませんが、現代社会でも同じような事があるのかも??ちょっと頑張ってる人が浮いてしまうような話は聞きますよね・・。ちょっと考えさせられました。

ガストンは本当に嫌なヤツでした。ルーク・エヴァンスの悪役はイメージがありませんでしたが、意外といけますね!僕がドラキュラZEROとホビットしか見てないから、そう思うだけでしょうか??(^▽^;)

スタンリー・トゥッチなど脇役が演技の上手い人が多かったように思います。そう考えるとエマ・ワトソンだけで楽しめた訳では無さそうです(笑)

なかなか新作は見ない人ですが、企画のおかげで早く見る事ができました♪

【点数】
 内容:8 点
 映像:9 点 ダンスシーンなど幻想的で本当に綺麗でした♪
 音 :8 点
 総合:8.5点
 ※久しぶりにハーマイオニーに逢いたくなりました(笑)
 Yahoo映画のページ

美女と野獣 MovieNEX(実写版) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
by カエレバ





内容 ・・・マイ・インターン 10点
       サウスポー 9点
       ウェスト・サイド物語 9点
       ハドソン川の奇跡 10点
       ジョイ 9点
       帰ってきたヒトラー 9点
       スター・ウォーズ 9点
       君の名は。 9.5点
       ニノチカ 10点
       風と共に去りぬ 10点
       Mr.&Mrs. スパイ 9点
       ベティ・サイズモア 10点

・映像 ・・・レヴェナント 蘇えりし者 9点
        ファインディング・ドリー 9点
        ウォークラフト 9点
        ハドソン川の奇跡 9点
        ジャングル・ブック 9点
        アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 9点
        スター・ウォーズ 9点
        スター・ウォーズ 帝国の逆襲 9点
        君の名は。 9点
        ドラキュラ 9点
        風と共に去りぬ 9点
        地獄の黙示録 特別完全版 9点

・音 ・・・・レヴェナント 蘇えりし者 9点
      ファインディング・ドリー 9.5点
      ウェスト・サイド物語 9点
      ハドソン川の奇跡 10点
      帰ってきたヒトラー 9点
      スター・ウォーズ 9点
      スター・ウォーズ 帝国の逆襲 9点
      君の名は。 9.5点

・総合 ・・・・スター・ウォーズ 9点
        君の名は。 9.5点
        風と共に去りぬ 9点


スポンサーサイト

COMMENT 6

鉦鼓亭  2017, 12. 23 [Sat] 23:31

take51さん、こんばんは
 暮れの忙しい時にご覧頂き、本当に感謝!です。

仕える召使たち?には割と人気があったように見えました。気のせいでしょうか?
>薄味な描写でしたが、優しい王子だったのに母親が亡くなり横暴で専制的な父君に教育された為、粗暴になったと理解しています。
根は優しく王に相応しい資質が有ったから、魔女も試練を与えたのだと。(いや、本当に薄味だから、こっちで補填しなきゃならんのですが)

少しの期間だったんですかね・・(^▽^;)
>それなりの時間は有ったと思います、ただ、記憶が魔女によって霧の中に隠されていただけだと。(基本、お伽噺ですから)
「時計に戻りたい」>昔の性格のまま、歳だけ喰ったオバハン見たら、そう嘆くのも無理はない。(笑)

本当はベルが普通なんですけど
>ベルはシェークスピアを暗唱して、それを野獣が理解して反応してますから時代は16世紀以後の中世~近世初期。
最近観た「娼婦べロニカ」で中世の女性は「本を読んではいけない」だったから、冒頭のシーンは(本好きが奇妙な目で見られる)、そういう事かと思いました。(中世、図書館は女禁だったらしい、ベルが図書館を見て感激したのは、それもあるのかなと~高級娼婦は貴族・司教・富豪、知識層を相手するため入館を特別に認められていた、日本も花魁クラスは機知なしの無教養では務まらない)

スタンリー・トゥッチなど脇役が演技の上手い人が多かったように思います。
>僕も完全同意です。
芝居は、脇がしっかり自分の役を演じれば主役二人が多少(許容量は一人、それも限度あり)下手でも何とかなるけど、主役が幾ら頑張っても脇がダメだと総崩れ。(笑)

企画のおかげで早く見る事ができました♪
>今回は皆さんの期待に応えられない作品を選んでしまった感じなので、そう言って頂けると助かります。(汗)

ご参加、ありがとうございました。

Edit | Reply | 

宵乃  2017, 12. 24 [Sun] 10:10

おはようございます

エマ・ワトソンははまり役でしたね~。イメージぴったりでした。
召使たちが王子に好意的だったのは、たぶん亡き王妃の代わりに王子を守ってあげられなかったからだと思います。つまり横暴な王よりも王妃が皆に愛されていたからこそかと。
アニメ版だと、魔法にかけられたのは10年前だった気がします。魔法にかかっている間、城にいたみんなの肉体は年を取ってないから、家族と再会して色々戸惑いますよね~。もし10年の間に村にいた家族の誰かが亡くなっているかもしれないと思うと、召使たちの必死さも納得でした。

Edit | Reply | 

take51  2017, 12. 25 [Mon] 21:39

>鉦鼓亭さん、こんばんは!

いつもお返事が遅くてすみません(汗)

>暮れの忙しい時にご覧頂き、本当に感謝!です。

とんでもないです!いいタイミングで企画をして
いただきありがとうございます!こちらこそ感謝です!!(^.^)

>薄味な描写でしたが、優しい王子だったのに母親が亡くなり横暴で専制的な父君に教育された為、粗暴になったと理解しています。

あ、そういう事ですね!実は最初の方、ちょっとウトウトしてしまい・・
肝心なところを見逃していた可能性があったんですね(^▽^;)

>根は優しく王に相応しい資質が有ったから、魔女も試練を与えたのだと。(いや、本当に薄味だから、こっちで補填しなきゃならんのですが)

説明不足気味なところもあったんですね・・(^▽^;)

>それなりの時間は有ったと思います、ただ、記憶が魔女によって霧の中に隠されていただけだと。(基本、お伽噺ですから)
「時計に戻りたい」>昔の性格のまま、歳だけ喰ったオバハン見たら、そう嘆くのも無理はない。(笑)

あまり細かい事は言わない主義のはずですが、ここは「あれれ??」と
思ってしまったので・・・。そう言われると納得です!!(^.^)

>ベルはシェークスピアを暗唱して、それを野獣が理解して反応してますから時代は16世紀以後の中世~近世初期。
最近観た「娼婦べロニカ」で中世の女性は「本を読んではいけない」だったから、冒頭のシーンは(本好きが奇妙な目で見られる)、そういう事かと思いました

そういう時代背景があったんですね!僕は町の人たちが何となく
変わって見えたんですね!変に群れたがるような雰囲気も感じて、
ベルだけがまともな人に見えました。決して美人という意味では無く(笑)

>芝居は、脇がしっかり自分の役を演じれば主役二人が多少(許容量は一人、それも限度あり)下手でも何とかなるけど、主役が幾ら頑張っても脇がダメだと総崩れ。(笑)

総崩れになった映画も結構ありますよね・・。今、思いつきませんが・・(^▽^;)
やっぱり印象に残らないんですよね、きっと(笑)

ちなみにスタンリー・トゥッチは髪があると気付きにくいですね(笑)

>今回は皆さんの期待に応えられない作品を選んでしまった感じなので、そう言って頂けると助かります。(汗)

え?そんな感じなんですか??まだ皆さんの記事に訪問できてなくて・・(^▽^;)

またゆっくり訪問させていただきたいと思いますm(__)m

>ご参加、ありがとうございました。

企画をたてていただきありがとうございます!!
そして色んなフォローもお疲れ様です!!(^.^)
僕ももう少し落ち着けば企画をたてたいと思います!!(^^♪

Edit | Reply | 

take51  2017, 12. 25 [Mon] 21:45

>宵乃さん、こんばんは!

>エマ・ワトソンははまり役でしたね~。イメージぴったりでした。

ですね!ドレス姿も素敵でした♪

>召使たちが王子に好意的だったのは、たぶん亡き王妃の代わりに王子を守ってあげられなかったからだと思います。つまり横暴な王よりも王妃が皆に愛されていたからこそかと。

亡き王妃は人徳もあり素敵な方だったんですね~
その部分の理解が全くできてませんでした・・(^▽^;)

>アニメ版だと、魔法にかけられたのは10年前だった気がします。魔法にかかっている間、城にいたみんなの肉体は年を取ってないから、家族と再会して色々戸惑いますよね~。

なるほど、そういう設定だったんですね!
そういう意味ではこの映画は不親切なところがあるのかもしれませんね・・(^▽^;)

>もし10年の間に村にいた家族の誰かが亡くなっているかもしれないと思うと、召使たちの必死さも納得でした。

ですね!必死になると思います・・。あり得ないけど、もし自分があの立場だったら紳士的な態度で振る舞えないと思います。もっとやさぐれてるような・・・(汗)

こうしてコメントのやり取りをさせていただくと考えさせられますね~
また皆さんの記事にもお邪魔させていただきます!!(^.^)

Edit | Reply | 

白くじら  2018, 01. 10 [Wed] 18:43

こんばんは。

さすが、視点が。
確かにあの性格では、お付の人たちが付いてきそうにもありませんでしたが、一緒に呪いがかけられている以上、解くためには…と漠然と思っていて、あまり深く考えていませんでした。(^^;

野獣期間は、おとぎ話には珍しく数年レベルだったのではないかと思います。
おとぎ話は結構何十年、何百年っていう「反省期間」があるものが多いですし。まぁ、何年であっても、あの花が枯れずにもっているのは魔法的なものでしょうけど。

なにはともあれ、黄色のドレスで踊るエマは、曲とあいまってとてもよかったですね。

ええっ、ドラキュラZEROにもガストンが出ていましたか!
ダーク・ユニバースの関連(実際には外されているようですけど)で観ようかと思っていたのですが…って、嫌いという事はそれだけ演技がうまいって事でしょうけど。(^^;

Edit | Reply | 

take51  2018, 01. 13 [Sat] 12:08

>白くじらさん、こんにちは!

お返事が大変遅くなりました(汗)

>確かにあの性格では、お付の人たちが付いてきそうにもありませんでしたが、一緒に呪いがかけられている以上、解くためには…と漠然と思っていて、あまり深く考えていませんでした。(^^;

何となく僕だったら嫌だな~、と思ったので・・(^▽^;)
なるほど!運命共同体として一緒に乗り越えよう的な感覚ですね!!
人間に戻ってからの姿を見て思いましたが、いい人達なんでしょうね!(^.^)

>野獣期間は、おとぎ話には珍しく数年レベルだったのではないかと思います。
おとぎ話は結構何十年、何百年っていう「反省期間」があるものが多いですし。まぁ、何年であっても、あの花が枯れずにもっているのは魔法的なものでしょうけど。

数年レベルですよえね?感覚的には数十年ですが、逆に数年だったから
まだ家来たちも我慢できていたのかも??(^.^)

>なにはともあれ、黄色のドレスで踊るエマは、曲とあいまってとてもよかったですね。

はい!なかなか素敵でした!あのドレスが他に似合うのは
ジェシカ・アルバかな・・、なんて妄想してました(笑)

>ええっ、ドラキュラZEROにもガストンが出ていましたか!
ダーク・ユニバースの関連(実際には外されているようですけど)で観ようかと思っていたのですが…って、嫌いという事はそれだけ演技がうまいって事でしょうけど。(^^;

ドラキュラがガストンですよ!!自信がなくなり確認しました(爆)
最近、ちょこちょこ出演されてるみたいですね!タイトルを見る限り、
あまり演技を要しないアクション系が多いような気もしますが・・(^▽^;)
この映画では嫌なヤツぶりをいい感じで発揮してましたね!!(^.^)

Edit | Reply |