ルミガン通販

「DLAーX7」の試聴会に行ってきました、その2

試聴会の記事の続きです!

色んなソフトを見ながら新しいモデルの
説明が進行していきます。

新しいモデルの絵作りの話になって、
良く見ている「オペラ座の怪人」の登場です。

シーンはチャプター3、4です。
衣装などの多くの色を見て欲しいとのことでした。

カルロッタの金色の衣装の質感は良かったです!
うちのブラウン管は解像度は劣るけど、質感などの表現は
それなりにいいと思ってましたがX7の「それ」は本当に良かったです!
家で確認しましたが、やっぱり負けてます。
ま、うちのテレビは3万円ですが、3万円以上の働きは
してくれてると自分を慰めてます(笑)
X7と一緒に写していたのはHD950でしたが、普通に綺麗でした。

ここで、「あれ?」と思ったのが人の肌色です。
HD950で見る人の肌が赤っぽいんです。これをフィルムっぽいという
表現をしていました。そしてメーカーの方が今回の製品は、今までと
「がらっ」と作りを変えた部分と説明していました。

これって、どっちが正しいか?という問題ではなく、
どっちが好き?ってことなんですよね?
この後「ムーラン・ルージュ」も見ましたがHD950のニコール・キッドマンの肌は
赤かったです。うちで見るニコール・キッドマンの肌色は白なので、
どっちが好き?と聞かれれば「X7」と答えます。

ただ、高いですよね~(笑)

今回は自分の求めている絵の傾向が少し解った気がします!
試聴会ではXシリーズの特徴を他にも色々聞きましたが、
覚えきれませんでした(汗)

なんでも色を好みに合わせて調整できる幅が今までより、
格段に増えてるようです。

僕には使いこなせないな~
と思って聞いてました(笑)


続く
スポンサーサイト

COMMENT 9

ajisai  2011, 01. 24 [Mon] 12:13

No title

こういう対比って、本当は難しいんですよね。

人の肌の色は確かに難しいですね。
ただ、分かりやすい色の違いは、調整で何とかなったり出来ますよ。
色温度などで、設定してあげると結構、落ち着いて色合いが出たりします。

私は今ほとんど弄っていないです。
色温度だけ。
昔は、めちゃくちゃ弄っていましたが。
もう、なんか落ち着いてしまいました。
昔はソフト毎に弄っていましたから(笑)

ただ、進化ですら体験できないものもあるのも事実です。

たとえば
白と黒のコントラスト
奥行き感
色の出方
動きの追従性
今だと3Dですか

それで、買い換える人が出てくる訳ですから。
ただ、その進化に買い換えるかどうかだと、そんなに昔ほど追従していないように思います。

私も、しばらくは買い換える気は無いです。
十分だと思っています。
ブラウン管感覚で使えますし、自分が映りこむことも無いですから。

Edit | Reply | 

take51  2011, 01. 24 [Mon] 18:58

No title

>ajisaiさん、こんばんは!

 本当に対比は難しいですね・・
 
 肌色の調整具合についてイベント中、参加者から
 「前の機種を調整で肌色を調整できますか?」
 という質問をされてましたが、メーカーさんの答えは
 「難しい」でした。

 ajisaiさんはうまく調整ができるかもしれませんが、
 僕は全く自信がないです(汗)

 家のテレビも色々挑戦しましたが、結局訳がわからなくなって
 標準に戻しましたので(^▽^;)

 エントリーモデルで似たような映像が出せそうな機種に落ち着きそうです。
 昨日、見た機種はとても使いこなせそうな気がしません(笑)
 

Edit | Reply | 

ajisai  2011, 01. 24 [Mon] 19:31

No title

そんなに難しく思うこと無いですよ(笑)

私もうまく調整できませんから。
ガンマなども弄ったことがあるのですが、訳分からなくなりましたから(笑)
当然戻しました!!

それぞれのモードで大体使えますよ。シネマモードとか、ステージモードとか。
X3でも十分使えますよ。
ここらも、来年なれば、20万円台でしょうね。
1年でぐーーーんとお安くなりますから(涙)

調整用のソフトもありますし、大丈夫ですよ(笑)
私はいまだに使っていないですが。。。。(汗)

Edit | Reply | 

take51  2011, 01. 25 [Tue] 10:07

>ajisaiさん、こんにちは!

プロジェクターに到達するのは、まだまだ
先になりそうです(涙)

スクリーンの設置や機器類の置き方は
イメージができてますが…
一つだけ揃わないものが(笑)

ま、あれこれ考えている今も「楽しい!」ってことで(^O^)/

Edit | Reply | 

えびパン  2011, 01. 25 [Tue] 11:44

No title

比較すれば気になると思いますが、ここ数年のPJなら一台目としては
どれを選んでも、PJビギナーには充分以上の性能だと思います。

好みの問題もありますが、X3など確かに高価ですが、一昔前の状況を考えればありえないコストパフォーマンスの良さですね。

次機種が出てからお買い得になった頃にX3なんかは自分も良いと思いますね、買って後悔しないPJだと思います。

話変って
サンシャインのマグボードですが、セッティングを変えて更に良くなりました、大きな差ではありませんが、チェックディスクの映像で差がわかります。

具体的には
下から順番に棚板・Bシート・マグボード・Aシートがベストでした。

ボード導入前には下から棚板・Aシート・Bシートで良かったので
その間にマグボードを導入したのですが
シートだけとマグボードの組み合わせでは違うようですね。
いずれしろ3枚合計で2万程掛かりますが、他社の価格数倍のボードより効果はあります。
参考までに。

Edit | Reply | 

take51  2011, 01. 25 [Tue] 20:10

No title

>えびパンさん、こんばんは!!

 型落となったX3とかねらい目ですよね!
 その頃、買えるようになっているといいのですが・・(^▽^;)
 少し前から比べると、本当に絵は綺麗なんでしょうね!
 イベントが始まる前、部屋のスクリーンと反対側(プロジェクター側)の
 照明がついてましたが、絵はそれなりに映ってました。

 こだわった人でなければ絶対に満足する映像だったと思います。
 それにも驚きましたので・・

 サンシャインのボードの件、ありがとうございます!
 おそらく2月上旬には届くかな?と思ってますので
 楽しみです!!とりあえずプレーヤーの下に設置してみますが、
 アンプの下も試してみたいと思ってます!!

 いや~、本当に楽しみです!!^^

Edit | Reply | 

チラコ  2011, 01. 26 [Wed] 11:17

No title

ども。
試聴会良いですね(^^)
ワシも行きたいなぁ~
でも殆ど行くのは無理なのでtake51さんはじめ皆しゃんのレビューを拝見して我慢します。

Edit | Reply | 

モリヤン  2011, 01. 26 [Wed] 17:54

No title

take51 さん 今晩は。
色温度の事についてもう少し付け加えなければ
と思い書いています。色温度は低いと赤っぽく
見えますよね、仰る通りテレビモニターでは色温度
は高めに設定されているのだと思います。
低い色温度にこだわるのは上映館の「フイルムの色」に
近ずきたいから肌の色や赤の発色をプロジェクターに
要求するマニアがそういう風に議論したりしてきました。
ちなみに私は以前から低い色温度より比較的高い設定
の方が好きですね、これはハイビジョンカメラ撮影の再生
を意識すればおのずと高くなるのです。それと三管プロジェクター
全盛のころは色温度は低く設定し赤の再現性を重要視
した経緯があります、これもフイルムの色温度に合わせた
考え方でした。最近の固定画素プロジェクターも使用ランプの
改良でフィルムに近い肌色の再現も出来るようになりましたが
今はハイビジョンの時代なので それほど拘ることは無く
好きな画で再生なさることをお勧めします。

Edit | Reply | 

take51  2011, 01. 26 [Wed] 20:25

No title

>チラコさん、こんばんは!

 いや~、僕も滅多に視聴会に参加しませんが
 たまに参加をするといいですよ!刺激にもなりますし・・
 高知の田舎ですが、近所のショップが熱心に企画してくれるので、
 助かってます!!なんで機器を買う時は多少高くても我慢してます・・
 あとは、ちゃんとしたレビューを書かなければ・・、とちょっぴり責任を感じたり・・(^▽^;)


>モリヤンさん、こんばんは!!

 フォローを有難うございます!!!
 なるほど、そういう経緯で色づくりがなされてきたんですね・・
 映像は「できるだけ本物に近い色を再現する」ことが「良し」と
 思っていたので「フィルム」っぽさという考え方はありませんでした。
 雑誌やネットで見かけても「ピン」ときてませんでした(汗)

 映画館で映画をほとんど見てないので、そういう感覚が薄いのかもしれません。
 知らないだけで、色んな楽しみ方があるんだと思います!!

 とりあえず導入の際は、慣れた今の環境に近い映像で楽しみたいと思います!!
 オペラ座の怪人を再生して、クリスティーヌのほっぺが赤いとショックです(笑)


Edit | Reply |