ルミガン通販

アナログケーブルの視聴「名無しの青ケーブル編」、そして今後!

PC050797.jpg


やっと「名無しの青ケーブル」の視聴を行いました!
途中でメタルスペンサーSをセットしたり、状況が変わる中での
視聴でしたのですが・・・(^▽^;)

このケーブルは、癖の無い音のように感じました!

例えば高音が伸びたり、空間が広がったりという「どこか」が
誇張されたように感じませんでした。

というか、特徴を探してやろう!と気構えて聞いてしまい、
正しく聞くことが出来てないのかもしれません(汗)


これでボンさんからお借りしているアナログケーブルの4種類を
一通り視聴することができました。

途中、忙しかったり他のことで遊んでたりと
一通りの視聴を終えるのに相当の日数を要しちゃいました。
またも長い間、お借りしててすみませんでした。


そして、今後の話ですが・・・


お借りしてるついで、で申し訳ないのですが
もう少しお借りしてじっくり聞いてみたいと思います。

それぞれのケーブルについて、感じたことを書いてきましたが
読み返すと釈然としないんです。

先ほども書きましたが、どうしても各ケーブルの特徴を
掴みたく必死になって聞いていた自分がありました。

オーディオや音楽を楽しむということから考えると、
僕のスタンスはちょっと違ったかな?と思えてきました。

いや、そういう楽しみ方があって当然ですし
僕は「そういうこと」が大好きなので!!(^-^)

極端な話、どのケーブルが繋がっているか解らない状況で
色んなCDを楽しみ、その中で「あ、この音は!?」と
感じれるといいな~

なんて思ってます。

ということでボンさん、もう少しお借りしたいと思ってますので、、、
一方的ですみません、宜しくお願いします。。(^▽^;)





スポンサーサイト

COMMENT 0