ルミガン通販

劇団四季「オペラ座の怪人」を見てきました!!

仕事で京都に出張してきました!たまたま京都です(笑)

偶然にも京都劇場で「オペラ座の怪人」をやっていることを知り、
一緒に行くお客さんに話を持ちかけてみると・・・

「ぜひ行きましょう!!興味があります!!」

とのこと!

CA3A0564.jpg

エミー・ロッサムとジェラル・バトラーの「オペラ座の怪人」はセリフを
覚えるくらい何回も見た、本当に好きな映画。

今回、劇団四季の「オペラ座の怪人」を見るにあたり、

楽しみ!!というより不安の方が大きかったです。

というのもセリフが日本語であること。特に歌が日本語だと、
どんな風になるのかな??思ってたからです。

実際、始まるとそんな不安は吹き飛びミュージカルを
思いっきり楽しむことができました!!^^

皆さん、歌が本当に上手なんです!
マイクも無いのに歌声やセリフがよく通る通る!!
人って訓練で何でも出来るんだな、と思っちゃいました(笑)

基本的に内容はもちろんのこと、セリフも映画とほとんど一緒でした!
何箇所か微妙に違うところがあるのですが、それに気がつくことに
自己満足をしたり(笑)

一緒に見た人にそれを話すと気持ち悪がられるかな~?
と、思い止めました(^▽^;)

公演時間は「18:30→21:10」途中、休憩が20分ありましたので
都合140分のミュージカルですが、映画も143分とほぼ同じ長さです。

映画ならではの演出がミュージカルで、どう演出をするのか
楽しみにしてました!

例えば映画の「Think of me」のチャプターで、クリスティーヌが支配人に
初めて歌を披露する場面から本番に切り替わるシーンがあります。

どうなるのかな~?と思ってみてると同じように
舞台が切り替わり、歌い終わった後の観客の歓声や拍手も
同じように演出されて感激しました!!^^

歌詞が日本語だけど、雰囲気があって歌も上手だったので
嬉しくて身を乗り出して見てました!途中、衣装が変わったか
どうかまではチェックできませんでしたが重箱の隅をつつくのは
やめます(笑)

クリスティーヌとファントムの初対面のシーンで、ファントムが鏡の中から
現れるシーンも上手に演出してました!ちょっと感激でしたよ!!

その後、地下にある彼の世界へ行くわけですが、そのシーンも
なかなかでした!ちょっと残念だったのは歌ですね、、、

このシーンの最後はクリスティーヌが「ア~アァア~」と高い声で歌い、
その声にあわせファントムが「sing for me!」と歌います。

この部分、ミュージカルでは「私のために~」と歌います。
当然ですが(笑)

・・・、この部分に限っては「映画>ミュージカル」
だったかもしれません。。(^▽^;)
カッコ良くなかったです(爆)

音楽のシーンで一番良かったのは「仮面舞踏会」のシーンです。
ここは一緒に見た二人も同様のことを仰ってましたが、
皆の踊りも「ピタッ!」と決まり圧巻でした!!^^

もっと前の方で見たかったですね~
17列目だったのかな?一応、ステージを正面から見れる
席でしたが、その辺が残念だったかな。。。

映画ではファントムの表情が本当に繊細に表現されてましたので、
その辺を確認したかったです。

細かい粗探しをするつもりは無いですが、ミュージカルで
一つだけ納得のいかない部分があります。

ファントムのトレードマークは仮面だけでなく、薔薇の花も
重要なアイテムだと思います。

実際、京都劇場に飾っている額(記事の上)にも
仮面の下に薔薇が飾ってあります。

その薔薇が劇中に一度も出てこないんです。
映画ではオペラ座の屋上でラウルとクリスティーヌに怒りに震えるシーンで
薔薇を握り潰しボロボロにします。

もう一つは映画の最後、ラウルがクリスティーヌのお墓を訪れると
薔薇が一輪添えられています。

ミュージカルでは映画の最後のお墓のシーンはありません。
このシーンがあると無いとでは話が変わってくると思うのです・・
もちろん、それほど大きな違いではありませんが。。。

その微妙なニュアンスが大事だと思うんです。

話が長くなってます。。。(^▽^;)

実は映画でも、どう解釈をしたらいいのか?
と思ってる部分があります。

最後にファントムがクリスティーヌに究極の選択を迫るところから
ラウルとクリスティーヌが去っていくシーンです。

一連の会話や仕草、表情から僕の頭の中は混乱してます。
もしかして字幕がおかしいのか?と思うこともあります。

長くなり過ぎたので、この話のエンディングの解釈については
別の機会に書くことにします。

頭の中がグチャグチャで書けないです(笑)

エミー・ロッサム、ジェラル・バトラーが舞台にたつミュージカルを
見てみたいですね!歌も上手だと信じて(笑)

実はカルロッタ役のミニードライヴァーが見たかったりします!
隠れファンなんです(笑)

最後に・・・

今回、3人のチケットを僕が手配したのですが、
届いたチケットを無くしてしまいました(汗)

劇団四季の予約センターに無くしたむねを伝え、
何とか見ることができましたが焦りました・・

指定席でネットで購入しているので、僕が席を
買ったことは証明できるのですがチケットの再発行が
できないとういことで。。

もし、当日僕の無くしたチケットを持ってきた
人がいれば、その人が優先となります。

開演の5分前に席が開いていればご案内します、
ということでギリギリまで会場入り口で待つことに。

お客さんから「お前の奥さんと子供が来てるんじゃないの?」
なんて冗談を言い合いながら待ってると「○○さん」とアナウンスが。

かみさんと子供は来てなかったようです(笑)


CA3A0563.jpg

なかなか見れる物じゃなないですよ!
恥ずかしい。。。(爆)

しかし「チケットを無くした!」という面倒な電話にも
丁寧に応対をして頂いた、劇団四季の予約センターの女性に感謝です!

おかげで本当に楽しくミュージカルを見ることができました!
ちょっと劇団四季のファンになりましたよ!!^^

秋にはサウンドオブミュージックもあるみたいです・・

また出張を作らなきゃ!!(爆)


スポンサーサイト

COMMENT 8

ajisai  2011, 06. 11 [Sat] 13:16

No title

無事見れて良かったですね。
でも、誰からが拾ってみていたら、ダメっていうのもすごいですね。
だって、そいつが犯人なのですから。

でも、本当に見れて良かった!!!

タケさんらしい、四季鑑賞の感想ですね。
見入っているのが伝わってきます。

細かいことをいうと霧が無いでしょうから、そこは目をつぶって、それでも余りある生の良さもあるでしょうから。

ライオンキングなんかも見たかったなあ~~~~!!

Edit | Reply | 

びらんどら  2011, 06. 11 [Sat] 15:41

No title

わたしも今年の4月下旬に京都で見ました。
歌って踊ってなのに、皆さん全然息切れしていないし(*^_^*)
takeさんも映画を見てから行かれたのですね。
「この場面は劇ではどうするのかな?」と比較しながら
頼めましたよね(^.^)
わたしもオペラ座の怪人は大好きなんです。
同じく何度も何度も見ました。
サントラも買いました。
お料理を作るときはオペラを歌いながらお料理しています。

バラ・・・そういえば、出てこなかったかなぁ?
気にして見ていなかったので忘れちゃいました。

チケット・・・きちんと見れて良かったですね(^。^)

この不景気に劇団四季は人を採用しまくってるとの事です。
アイーダも見に行きたいです。

Edit | Reply | 

take51  2011, 06. 11 [Sat] 20:00

No title

>ajisaiさん、こんばんは!!

 いや~、本当に無事に見ることができて良かったです!
 今度から大事なものは、ちゃんと管理するよう心がけます!
 最悪、新たにチケットを買う必要がありましたが、無くした3枚は
 自分でかぶるつもりだったので・・・、助かりました(^▽^;)

 え?僕らしい感想です???
 本当に見入ってました!!(笑)

 本当に生っていいですね!秋にはサウンド・オブ・ミュージックが
 大阪で行われるようですので。。。また出張を作らないといけないです(笑)

 ライオンキングは映画を見てないので、来る日に備えて
 見ておきます!!すっかりミュージカルファンになっちゃいました!!(^▽^;)

Edit | Reply | 

take51  2011, 06. 11 [Sat] 20:06

No title

>びらんどらさん、こんばんは!!

 びらんどらさんも、もう見られたんですね!
 あ、本当です。皆さん歌って踊ってなのに全く息切れ
 してないですね、流石ですよね!

>この場面は劇ではどうするのかな?」と比較しながら

 びらんどらさんも相当好きなんですね!!(笑)
 僕もサントラを持ってまして、会社の出勤途中に聞くことが
 多いです!密かにカルロッタが好きで、彼女のシーンを仕事中に
 歌ってます!!他の人は解らないです(^▽^;)

 バラ、出てなかったと思います!
 実は映画をどう解釈したらいいか、色々考えてます。
 バラは結構な意味を持ってると思うのですが・・・

 劇団四季は元気いっぱいなんですね!素晴らしい。。。
 アイーダも面白そうですね!こういう時、田舎に住んでいると
 都会がいいな~、と思ったりします。。。

 と、このお返事を書く前まで映画のオペラ座の怪人を
 見てました!(笑)

Edit | Reply | 

Horka  2011, 06. 14 [Tue] 04:27

No title

とても素敵な体験をされたようで良かったですね!
私は舞台を先に観て、その何年後かに映画版を観ました。
構成変更や映像センスも含めて、映画版は余り成功していないな…と思いつつ、楽曲の力で楽しく観られたというのが正直な感想です。
とにかくロイド・ウェバーの音楽が素晴らしいですよね。
日本語版もtake51さんの不安も払拭されたようで良かったです。
舞台の生の迫力は映画とはまた別ですよね。

ブロードウェイ版ではマイク使用でしたよ。
頬に貼り付けた小型マイクは、メイクと同じ色に塗られていて、かなり目立たないようになっていました。
向こうのミュージカルでは定番の使い方のようです。

Edit | Reply | 

take51  2011, 06. 14 [Tue] 20:29

No title

>Horkaさん、こんばんは!!

 いや~、良かったですよ!すっかりミュージカルのファンに
 なっちゃいました!!僕は映画から見たので、あまり違和感を
 感じなかったですが・・。というか音楽のシーンばかり見て、内容を
 ちゃんと知ったのは「ごく」最近です(笑)

 最近、ファントムの心理などを考えてると腑に落ちない部分があります。
 僕が理解しきれてないだけかもしれませんが、「????」です。
 最初、クリスティーヌは声を掛けられる度、フラフラする尻軽女かと思ってましたが、
 そうではないんですね。彼女のことを誤解していました(笑)
 
 できることなら、同じミュージカルでいいんでもう一度見たいです。
 やっぱり本物はいいですよね。。。本当は子供たちにも本物を
 見せてやりたいです。当分無理ですけど。。。(遠い目)

 ブロードウェイはマイクだったんですか!?
 どんな鳴り方をするのか興味がありますね~
 それはそれで素晴らしいんでしょうね!!(*^_^*)

Edit | Reply | 

-  2012, 06. 09 [Sat] 23:37

take51さん、こんばんは。
どこにコメントしようか迷ったのですが、(笑)
こちらにしてみます。

さすが!ミュージカルも観に行ったんですね。
映画とは違った感動を味わえそうですね。
先日の歌舞伎もそうですが、
こういうのはテレビで見るよりもやっぱり生が一番ですよね。
うらやましいです!!

メインテーマとエンジェル・オブ・ミュージックを
聴いてみたいです!

Edit | Reply | 

take51  2012, 06. 10 [Sun] 00:32

>マミイさん、こんばんは!!

 どこにコメントするか迷うくらいオペラ座だらけしょ??(笑)
 ミュージカルも良かったですよ!見る前はセリフや歌が日本語って
 大丈夫??と思いましたが、全くの稀有に終わりました!(^^♪

 仰る通り、映画とは若干違いはありますが
 それはそれで素晴らしく、本物の迫力は違いますね!
 これからも機会あれば生を見てみたいと思います!!
 来年は宝塚に挑戦しよう!ってことになってます(笑)

 あとは25周年記念のロンドン公演のミュージカルBDが素晴らしいので、
 機会あれば本場のミュージカルも見てみたいです!!(^.^)

>メインテーマとエンジェル・オブ・ミュージックを
>聴いてみたいです!

 パトリックウィルソンとエミーロッサムの歌もいいですが、
 25周年記念のロンドン公演もぜひ!!流石の歌で
 鳥肌モンですよ♪


 

Edit | Reply |