ルミガン通販

BDP-S350の設定、少し苦労しました(^▽^;)

前回の記事で書きましたが、BDP-S350の映像や音の設定で
ちょっと苦労をしました。

世間では普通のことかもしれませんが・・・(^▽^;)

まず、うちにテレビは古いブラウン管TVですので映像は
D1(480i)までとなっております。

プレーヤーの初期設定で
1.映像に使うケーブルは?
2.その場合の出力は?

この辺の設定を行います。当然、D端子で480iと設定を
しますが何故か画面が映りません(汗)

どうしたのか覚えてないのですが・・・(^▽^;)
とりあえずD端子で映像が見れるようになりました。

続いて音声出力は「HDMI」「ビットストリーム」で設定します。
これで絵はともかく、アンプ側でデコードした音が聴ける~

と思ってると、アンプに「PCM」の表示が!?(汗)

すぐにピン!と来ました!

「お宅の環境は映像で480i出力だから、アンプでデコード出来ないんだよね?」
「プレーヤーでやっといてあげるよ!!(^.^)」

とでも言いたいのでしょうか?(笑)
どうも映像を「480i」すると、PCM出力しかできない
設定のようです。

ちなみに映像が映らなくて困ってる時、コンポジネットの黄ケーブルだと
どんな設定でも画面が映りました。

再び、映像出力を「D端子の1080i」と設定をし、
黄ケーブルの汚い映像にしてみると・・・

見事にアンプに「True-HD」や「dts-HD」と表示されます!(^^♪


しかし、このままでは音を優先すると映像は
黄色のコンポジネットの画質になってしまいます。
あまりにも酷過ぎ(笑)
この落差ブリは凄まじいですよね(爆)


何か方法があるはず??と、色々やってると・・・

ふと気がつきました!(^^♪

映像出力を「D端子」に設定にした場合、
黄ケーブルでも見ることができます・・

もしや、映像出力を「HDMI」に設定しても
D端子で見ることができるのでは?

試してみると、見事に見ることが出来ました!
そして、音はビットストリームで出力してくれてます!!

やったーーー!(*^_^*)
長い道のりでしたが映像、音ともに思い通りの出力に
設定することができました!!


その後、色々見てる中でHDMIの設定のまま
D端子で接続パターンでは、映らないソフトも出てきました(汗)

レンタルしてきた「特攻野郎Aチーム」はD端子480iに設定を
しないと映像が見れません。おかげで音は普通の「DTS」に
なってます(涙)

ちなみにクリス・ボッティのライブも本編は大丈夫ですが、
メニュー画面が映りません。一度、本編を再生して途中で設定を
してやる必要があります。ちょっとメンドーです・・・(^▽^;)

今回の件でも、色々調べることとなり勉強になりました。
壁にブチ当たるたびに賢くなってる感じです(笑)


こうして前回の記事で書かせて頂いたように、
ビットストリーム出力の素晴らしさを知ることができました!!

思わぬ儲けモンもありました!!
期待をしてなかった映像もDVDとは大違いでした。


つづく


スポンサーサイト

COMMENT 5

サスケ  2011, 08. 28 [Sun] 21:38

BDプレーヤー導入おめでとうございます
私もHD-DVDプレーヤーを使っていた時期
L-PCM変換で聴いていて何か違うぞとw
この手を克服するにはよっぽど高価な
プレーヤーが必要だとアッサリ諦めました

タケさんの選択は私的には大正解だと思いますが
HD映像アリきのBDに関して
D端子での問題点などは予測不可能でしたw

ロスレス音響の良さを体感出来た事だけでも
大きな一歩だと思います
勉強家のタケさんなら問題も克服していけるでしょう
やっかいなのは、知ってしまうと更に上を目指したい
気持ちが抑えられなくなりますw

Edit | Reply | 

take51  2011, 08. 28 [Sun] 22:50

>サスケさん、ありがとうございます!

 DVDでも頑張れば・・・、と思ってましたが
 ここまで違うとは驚きました(笑)

 D端子の問題にも驚きました、予想しなかった
 壁でした。D端子でもD1なので、映像に関しては
 本当に諦めてます。仰る通り、まずはロスレス音響の
 環境が整ってヨシとします!!

 このプレーヤーで、この音なら上位機種はどんな音が
 するのかな・・、と物凄く気になります(^▽^;)

 ただ、アンプやスピーカーなどの設定を追い込むのに時間が
 かかりそうな感じです。お馴染みのソフトも今まで聞こえなかった
 音がいっぱいで驚きというより戸惑ってます(笑)

 とりあえずは今の機器をどこまで追い込めるか挑戦します!
 そうやって、自分を言い聞かせます(爆)


Edit | Reply | 

えびパン  2011, 08. 28 [Sun] 23:55

DVDからBDプレイヤー 変化が多すぎて基本的なセッティングも大変ですね。
自分の場合はBDレコと3管PJだったので、まず映像から徐々に切り替えていったので学習する時間がたっぷりありましたからまごつきはしませんでしたが。

ところで例の『Mgスペンサー』ですが

一言 凄い!!! ですよ、買って良かったw

メタルスペンサーLを交換して視聴しましたが
映像も音響もワンランクアップしました。

LX91改とBWT3100改 のサンシャインフルセットのスペンサー部分を交換したのですが、アップの度合いはマグネシウムオーディオボードと同等かもしれませんね。

元々サンシャイン製品は一つづつ効果を確認しながら増やしていき、最終的にプレイヤーにはフルセット、アンプ系にはハーフセットと全ての機器に導入していますが、その中で唯一メタルスペンサーLは一番効果が薄く、納得していない製品でした。
とはいえ無いよりはもちろん良いのでそのまま使用していましたが、今回その弱点がお釣りが来るほど良くなったので万々歳ですね。

他の製品との組み合わせで開発されているので、一番効果的な結果が出たのだと思いますが、それにしても凄い製品です。

予算があればフルセット、抑えたいなら制振シートBとMgスペンサーだけでもかなりの効果があると思います。

それにしても制振の世界も奥深いですね、ここまで効果を体感できるとは当初は思いませんでした。

除電と制振の組み合わせは本当にCPが良いです。

サンシャイン恐るべしwww

Edit | Reply | 

えびパン  2011, 08. 29 [Mon] 00:23

設定のせいでは無く、セル&レンタルのDVDはD端子からは480i以上の解像度ではどのメーカーのプレイヤーも出力されません。
HDMIからは、アプコン機能で1080Pまでは出力されます。

Edit | Reply | 

take51  2011, 08. 29 [Mon] 22:00

>えびパンさん、こんばんは!!

 Mgスペンサー、早速のレビューを有難うございます!!(^.^)
 マグネシウムインシュレーターを買ってるので、合わせて使って
 みたいです!暫く買えそうにないですが・・(涙)

 しかし効果のほどがオーディオボード並というのは
 スルーできない話ですね!えびパンさんの「凄い!」は
 本当に凄いですから!(笑)
 
 制振の効果は本当に凄いですね。。色んなアイテムがありますが、
 それらを上手く活用すると、機器やディスクのポテンシャルを
 フルに引き出せるんでしょうね!僕もカメですが、ついていきます!!(^^♪

 また僕が紛らわしい文章を書いてしまってますね。。
 DVDはD端子で480iしか出力できないですよね!
 
 うちの環境の場合、BDでもD1でしか見れないはずなので
 BDがDVDより映像が良くなると思ってなかったんです。
 こんなことじゃないんでしたっけ??(^▽^;)

Edit | Reply |