ルミガン通販

部屋の簾を外してMCACCの再測定を、こんなに違うんだ・・・(追記あり9/21)

(追記9/21)
記事をアップしたもののタイトルと内容が一致してませんので、
多少手を加えます(^▽^;)


どうしても気になって、簾を外して状態で
MCACCを測定し直してみました!

VSA-AX3で気に入った音が鳴っていたのは、
MCACCで設定をし、視聴位置とスピーカーの距離などを
色々いじった後に簾をセットした部屋でした。

今回も簾の無い状態でMCACCの測定、設定をした
後に簾を設置すれば好みの音に近づくのでは?と考えました。

天井に貼った簾を外すのは面倒でしたが、
休みの日にしか出来ないし・・

重い腰をあげて取り掛かりました!!!(^.^)

今回の測定結果が今までのデータと被らないように、
保存先の確認をキッチリと・・・・

P9190156.jpg

今回の設定は「メモリー3」に登録をすることに!(^^♪

P9190157.jpg

測定開始です!!

そして・・・

今回は前から気になっていたことを実践してみました。
視聴位置に測定マイクを置くわけですが・・・

実際に視聴する時と環境が違うことに気がつきました。
そう、視聴位置に人がいるかいないかです!!

人の存在が音にどれほどの影響を及ぼしているか解りません。
想像ですが、恐らく音は反射ではなく吸収しているのでは
ないでしょうか??あくまでも仮説です・・(^▽^;)

今まで測定する際、部屋の隅で「じっ」としてました。
ま、それほど影響ないだろう、と。これが間違いだったかもしれません。

今まで違和感を感じていたのは左側の音が大きく聞こえることでした。
実は僕が立ってた位置にあたります。音を吸収して小さくなっていたなら、
その部分を補正するために大きくしていたと考えることが出来ます。

バカみたいな話ですがMCACCで中低域の迫力が乏しく
聞こえるのは、実際に人がその辺の音を吸収している
可能性があると考えました。

アンプはそこに吸収する物が無いと思って補正している
訳ですから。こうして書いていると正しい気がしてきました(笑)

ということで、、、今回は測定中、マイクの前で

丸まって寝てました(笑)
当然 写真はありあません(爆)

測定中、人が入ってきたらどうしようかと思いました。
とても見せられない姿です・・・(^▽^;)

とりあえず測定が終わりました!

(追記9/21)
簾を外した状態で測定して違いを比較してみたかった
のですが、マイクの前に寝転ぶことを急に思いついたので・・・
記事を途中まで書いて測定したので、こんなちぐはぐな
内容に・・・(汗)


今回のフルフェイズバンド(フロント)の結果です。

P9190158.jpg

下の画像が初回の測定結果です。

P8280137.jpg

僕がマイクの前に寝そべってたせいか、簾を外した結果の
どちらか解りませんが全く違います。

このグラフから何が解るのか・・・、僕には解らないんです(涙)

センタースピーカーのEQデータですが、下が初回の測定結果です。

P8280133.jpg

そして下が今回の測定結果です。

P9190162.jpg

125Hzと250Hzの数値が全く違います。125Hzなど初回が
「-5.5」に対して、今回は「+0.5」と補正されています。

これはマイクの前で丸まってたせいだと思います。

他にも違いはありますが、詳細はデータをPCで転送してから
比較してみるとします!!!

とりあえず音がどう変わったか気になります!!



続く



スポンサーサイト

COMMENT 0