ルミガン通販

ハイブリッドコンセントベース2号、音探しの旅!!真鍮ナット+銅ワッシャー

ハイブリッドコンセントベース2号の音探しが続いております!!
こっちを立てれば、こっちが立たず。

一進一退の攻防が続いておりますが、経過をまとめて
おかないと何がなにやら解らなくなりそうです(笑)

真鍮ナットを2つ取り付けると、音が「キラキラ~」
「フワフワ~」となります。これはこれで楽しい音で
ライブなどで拍手に包まれ具合が癖になります!!(^^♪

その時の記事

この音は楽しいのですが、音の定位。
そして一つ一つの音の芯が細くなり却下となりました。


真鍮ナットではなく、真鍮ワッシャーを2つずつ上下に取り付けた場合、
セリーヌディオンのライブでは「これもあり??」という音でしたが
オペラ座の怪人を聞くと却下となりました。

昨日の記事より抜粋
・コンセントベース
 あまり視聴できてませんが、真鍮ワッシャーはいい感じですが
 空間の再現。特に高さが損なわれる感じです。

 オペラ座の怪人でファントムが天井から「クリスティーヌ」と呼ぶ場面で、 
 声が恐ろしく低くなってしまいました。これはイカン(汗)
 真鍮ナット+銅ワッシャーの音は今から試してみようかな・・・


音の高さは前後のスピーカー間の音の繋がりも関係してるようです。


あ、大事なことを書くのを忘れてました。
MCACCはメモリー5にしています。

メモリー5はコンセントベースを取り付けた後に測定したMCACCのデータです。
色々試してみましたが、プロジェクターを取り付けた時に測定したデータを
使うと、定位も悪く中域でモコッとした音が気になるようになりました。
コンセントベースを取り付けることで、全体のバランスが変わったんでしょうね。
ま、あれだけ聞こえ方が変われば当然かもしれません(^▽^;)


今日は真鍮ナット+銅ワッシャーの組み合わせを試してみました。

まず上下のネジに真鍮ナット+銅ワッシャーをつけた場合。

セリーヌディオンのライブを聞くと、ヴォーカルの素晴らしさに
目が飛び出ました!今まで試した中でヴォーカルに限れば
最高かもしれません。

大げさに書くとセリーヌディオンの唇が見えるような鳴り方です。
ここまではっきりと空間に声が浮かび上がるとは・・・
声のエッジがきつくなる訳でもなく、輪郭のくっきりした声です。

素敵(笑)

オペラ座の怪人でも同様にクリスティーヌやファントムの声が
かつてない程にリアルです。

が・・・

ふと気づきました。

バックミュージックや効果音が変に・・(汗)
音が痩せた?どこかボヤーッとなってしまい、
いくらヴォーカルが素晴らしくても、これは却下です。

他にも数パターンを試しました。

①上のネジに銅ワッシャー、そして下のネジに真鍮ネット+銅ワッシャー
 アンプの電源をに装着 
②上のネジに銅ワッシャー、そして下のネジに真鍮ネット+銅ワッシャー
 アンプの電源をに装着
③上のネジに何もつけない、そして下のネジに真鍮ネット+銅ワッシャー
 アンプの電源をに装着
④上のネジに何もつけない、そして下のネジに真鍮ネット+銅ワッシャー
 アンプの電源をに装着
⑤上のネジに銅ワッシャー+真鍮ナット、そして下のネジに真鍮ネット+銅ワッシャー
 アンプの電源をに装着
⑥上のネジに銅ワッシャー+真鍮ナット、そして下のネジに真鍮ネット+銅ワッシャー
 アンプの電源をに装着

⑤、⑥は上下でネジに真鍮ナットとワッシャーを挟む順番を変えてみました。
上のネジは真鍮ナットが壁に近い方で、下のネジは壁に近い方に銅ワッシャーを
挟んでみました。

途中経過を書きたかったのですが、
それぞれの音の特徴を忘れちゃいました(汗)
記憶しておく自信はあったんですけど・・・

お風呂でアカと共に記憶も流しちゃいました(^▽^;)

基本、視聴にはセリーヌディオンの「My Heart Will Go On」です。
真鍮ナットを2つ使用した時のフワフワ~も出来るだけ残したかったので!(^^♪

しかし面白いですよ~。組み合わせの違いで
イントロのヴァイオリンが甲高くなったり、ヴァイオリンらしくなったり。
フルートの音が艶っぽくなったと思えば、ボヤ~っと定位が
不安定になったり・・。メモを取りながら視聴すれば良かった
のですが、、、ふぅ~(汗)


今日の段階では⑥のパターンに落ち着きましたが、
ヴォーカルの生々しさが残りつつ、音の定位も比較的安定しています。
オペラ座の怪人を見ても、ぱっと見た限り違和感はありません。
引き続き、このパターンで色んなソフトを視聴してみたいと思います。

このパターンはマトリックスなどを見ると「うーん、・・・」
となるんですよね(^▽^;)


色々、試して感じたのは電源の装着が真鍮に近いと
高音が煌びやかになるが定位は後退する。

銅に近づくと定位は良くなり前後のスピーカー間の
繋がりも良くなるようですが、これが銅の特徴か
真鍮の影響が少なくなったのかが解りません。

銅ワッシャーだけの音も試す必要がありますね!

一つ言えるのは何か特定の音が秀でると、
別の何かが損なわれますね・・・。

着地点は一芸に秀で過ぎず、全体のレベルが上がるような
形に持っていく必要があります。無難な音の中のベスト???(^▽^;)

ま、頑張りますよ~(笑)


明日、会社帰りにホームセンターに行かなきゃ・・・
壁コンのネジ山が馬鹿になってきたんです(爆)



スポンサーサイト

COMMENT 0