ルミガン通販

新しいコンセントベース2号が届きました!!(その3)

昨日の記事の通り、コンセントベース2号に使っているネジに銅ワッシャーと
真鍮ワッシャーを外してみました。

素のコンセントベース2号の音になる訳ですが、
時間も時間なんで2chのステレオ再生です!!


ナットやワッシャーを使うことで定位は多少、後退します。
外すことで定位だけでなく、奥行き感もupするかもしれませんので・・



なんて書きましたが・・・

本当に定位と奥行き感がupしました!

もともと真鍮ナットを噛ましてたのは高域に
煌びやかさを持たせるためでした。真鍮でもナットは
ワッシャーより効果があり過ぎるので調整のために銅ワッシャーも
使ってました。

コンセントベースを使う前、僕の部屋で奥行き感というものを
あまり感じたことがありませんでした。ちゃんとした
部屋である程度のシステムじゃないと無理と思ってたので・・

ナットやワッシャーを使うことで好みの楽しい音になるならば、
定位が多少の犠牲になることは仕方ないと思ってました・・

それが定位がupするだけでなく、奥行き感が出たのは
ビックリしました。期待はしてましたが嬉しい誤算です!!
想像以上だったんで・・・(^▽^;)

壁の向こうにステージが!?ほどの奥行き感ではないですが(笑)

ナットとワッシャーを外すことで音の感じは少し変わりました。
中~高域が多少しっとりしたような気がします。
ワッシャーを外した影響でしょうか?よく解りませんが・・・

それでも新たに得られた定位奥行き感
忘れせてくれます!!!(^^♪

僕の中で一つの区切りが出来ました。
暫く壁コンはこのパターンで楽しみたいと思います。

CDにせよ映画にせよ、それぞれの音の調整は
プレーヤーやアンプで行います。映画に関してはMCACCでの
調整も可能です!

いや~、CDを楽しむ機会が今まで以上に増えそうです!(^^♪

そうそう

Stereo1月号のチェックCDで悩んでた部分も
かなりスッキリしました!例の機関車のシーンもワッシャーとナットを
外してかなりいい感じに鳴るようになりました!(^.^)

このチェックCDも理想の鳴り方を聞いてみたいです。
もしかしたら納得してる今の音も全くダメな可能性も
ありますので・・・

あとはマトリックスなどの映画がどんな鳴り方になったか、
休みの日に全開で聞いてみたいと思います!!(^^♪



スポンサーサイト

COMMENT 0