ルミガン通販

AVアンプの定在波制御にメスを入れました!

ボンさんのアドバイスで色々と弄くり、
かなり音は良くなったと思います!!

しかし!新たなアドバイスが!!(^.^)

今の段階でのMCACCを再設定し音を鳴らしてみましたが、
良くなったはずの音が大人しく、せっかく良くなった
音がダメになってしまいます。

そこでMCACCは一つ前の状態の設定を使うことになりました。
しかしSWのセッティングなどを変えることで、低音の鳴り方も
変わっており一つ前のMCACCの数値は弄る必要があるとのこと・・・
それがアンプの定在波制御の数値を変えることでした!

あ、スピーカーディスタンスは3.54mになっていたのを
2mに変更してましたが、それはOKとのこと。
色々鳴らしみて2mにしてましたが、ボンさんは
何をもって2mと言われたのでしょう?密かにナゾです(^▽^;)

説明を聞いて調整をするのですが、相変わらず
並んでいる数値の意味が理解できません(^▽^;)

とりあえず数値を変えると音が変わるので、
数値を弄りながら好みの音を探すことに・・

これがビックリ、少し変えるだけで音が
ガラッと変わるんですね(汗)

フィルターChはもちろんSWで!
TRIMはMCACCで設定された+1.0dBのままで。

3つの周波数が調整されていますが、
調整をしたのが一番低い「81Hz」です。

SWの数値

TOTOのアフリカのバスドラがカッコ良くなるように
調整をしていましたが、弄っていると低音以外の
音にも影響があることが解りました。

白御影石を敷いた時に感じた「あれ」です!

結論から書きます!
まず81Hzを78Hzに変更しました。

そしてATTの9.5dBを少しずつ下げて聞いてました。

この調整が面白かったですね~
5.0dBに下げた辺から、アフリカの始まったイントロ
部分で観客の声が聞こえてきだしたんです。

4.0dBに下げた辺で前後のスピーカーの繋がりが良くなり・・
色んな音が団子にならなくなりました。

ボンさんちで聞いたほどでは無いですが、
かなりいい線では??なんて思ってます!!(^^♪

ここまでの調整でバスドラが少しボワっとした
感じが気になってきました。そこで良く分かりませんが、
Qの9.8の部分を変えてみることに・・

この数値を下げていくと、ボワとした感じが少し
締まった音に変わります。8.8もいいかな・・
という感じでしたが、バーレスクを鳴らすとちょっと
違和感を感じて最終的には9.2に落ち着いています。

日中に色々やってましたが、小一時間ほどやってたでしょうか?
かみさんからストップがかかり中断することに・・・

「いったい何回、同じところ聞いたら
気が済むの?」


と言われましたが、僕にとってこれは
一つの勲章ですね!(笑)

明日は他のソフトも色々、視聴し
更なる追い込みをかけたいと思います!!(^^♪


スポンサーサイト

COMMENT 0