ルミガン通販

「七人の侍」をブログDEロードショーで見ました!!

ようやく見ることが出来ました(笑)

「ブログDEロードショー」の1月の映画だったんですけど・・
何だかんだバタバタしたことと、長い映画で少しだけ
躊躇してました(笑)


七人の侍 [Blu-ray]七人の侍 [Blu-ray]
(2009/10/23)
三船敏郎、志村喬 他

商品詳細を見る


TSUTAYAでBDを探しましたが、DVDしかありませんでした(汗)

随分前に見ていますが記憶が曖昧でしたので
今回、楽しみにしてました!!(^.^)

面白かったのですが、最後の勘兵衛の
「また負け戦だったな、勝ったのは農民だった」
というセリフがスッキリしません。

何となく解るのですが、負け戦まで
いうことないと思うんです。

何時代の話でしょう??
鉄砲のことを「種子島」と言ってますので
1543年以降ということですね。

映画を見ながら学校で習った
「いごよさん(1543)で買った鉄砲」
を思い出して一人でにやけてました(笑)

で、武士の自由さを見てると江戸時代の手前と想像してます。
信長の活躍した時代ですよね?しかし、農民の暮らしって
本当に辛いですね。。。実際はあれより酷いのでは?と
想像してしまいます。

しかし役者の活き活きとした演技に200分という
長い映画も苦になりませんでした。農民の悲惨さもそこまで
することないでしょ?というほどの演技でした(^▽^;)

もちろん演技だけでなく、話がしっかりしてるから
長さを感じなかったと思います。

それでも野武士を村に入れて一人ずつ倒すシーンは
辛かったかも・・。あそこで15分は短縮できました(笑)

気に入ってたシブイ侍も死んでしまうし・・、初見の記憶は
全く無かったということでしょう(^▽^;)

書きながらも考えてましたが、やっぱり負け戦とまでは
言わなくていいと思うけど。。。繰り返しになりますが、
そこだけ引っ掛かってます(汗)

DVDですが、音声をモノラル、ドルビーデジタル(オリジナル)、
ドルビーデジタル5.1chを選択することができます。

最初、モノラルの字幕無しで見てましたがセリフを聞き取る
ことが出来ず、ドルビーデジタル(オリジナル)にしました。
5.1chにもしましたが、ちょっと不自然でした。

最後まで字幕無しで見ましたが、本当は途中で
字幕ありに切り替えたかったです。悲しいかな、セリフが
聞き取れなくて(^▽^;)

もしかしたら肝心なセリフを聞き逃して、最後の
セリフがすっきりしてないのかもしれません(笑)
とは言え、素晴らしい映画だったと思います!(^.^)

久しぶりに見直すことが出来て良かったと思いますが、
今度は字幕ありで見直したいと思います。

このままスッキリしないのは気持ち悪いので・・(^▽^;)


スポンサーサイト

COMMENT 6

miri  2013, 02. 12 [Tue] 08:53

おはようございます☆

>「また負け戦だったな、勝ったのは農民だった」
>というセリフがスッキリしません

この台詞、私は好きではありません。
なんとなく分からないではないけど「そんな事言うなよな~」
みたいな気持ちはありました。

多分、私はその時代のヒトではないので、
脚本はその辺考えて作られたはずですので
仕方ないかと思い、深くは考えませんでした。

take51さんが取り上げて下さらなかったら
言わずに終わっていたので、感謝です♪

あと、聞きとれない台詞の件ですが、
私は昔(おおむね1950年代以前)の邦画は
そういうこともあって、あんまり見ません。

でも台詞は2の次だと昔(高校時代くらい)から思っています。
映画は映像第一だと思うので、
(最近は字幕なしの洋画も見るし)台詞の細かい点よりも
こういう事を言っているんだろうな~くらいでも
イケるような気がしますが・・・。

「大人のけんか」ですが、やっと旧作になって借りようと思っているのですが
人気があって、全然借りられず・・・オンエアの方が早かったりして?(爆)

今回は「七人の侍」ご一緒できて嬉しかったです☆
今月もお互いファンタジー映画で楽しみましょうね~!

Edit | Reply | 

宵乃  2013, 02. 12 [Tue] 12:03

こんにちは!
”負け戦”が生き残った侍のみの心情だと自覚して言ってるのかどうかで印象が変わりますね。亡くなった侍に「俺たちは負けた」なんて言いたくないですし。
改めて考えてみると、なんかよくわからなくなってきました。観ている時はサラーっと流してたみたいで…。やっぱり再見しないとダメかも!?
考える機会を下さってありがとうございます!

あと音質はホント悪いですよね…。わたしは最初から諦めて字幕です(笑)
映像も音声も簡単に修復できるようになれば、この作品も若い世代にもっと観られるようになるのかなぁ。
今回もご参加ありがとうございました!

Edit | Reply | 

take51  2013, 02. 12 [Tue] 21:39

>miriさん、こんばんは!!

 好きじゃありませんよね??(^▽^;)
 なんか引っ掛かるセリフです。

 車を運転しながら考えたりもしましたが、
 未だにスッキリしません。時代背景などを詳しく把握してると
 納得が出来るのかもしれませんが・・

 「勝ったのは農民だ!」でいいと思うのですが・・
 戦死した侍たちも名誉ある死で、武士道的にも
 問題ないと思うんです。

 7人の侍たちは皆、いい男で良かったですよね!
 確かにセリフが無くても十分に満足できる映画ですが、
 こうもスッキリしないと聞き逃したか??と思うんです(笑)

 大人のけんかはWOWOWで放送するみたいですね!
 昨日、実家にあった番組表に出てました!
 もう借りなくていいと思いますよ!(笑)

 また感想を楽しみにしてます!!!(^.^)

 2月のお題にはドキドキしてます。
 今迄、一切見てないジャンルですので(笑)

Edit | Reply | 

take51  2013, 02. 12 [Tue] 21:52

>宵乃さん、こんばんは!!

 「負け戦」の解釈は難しいですよね・・
 また負け戦だった、なんて亡くなった侍たちは
 浮かばれないですよね。。

 映画の冒頭で過去の戦争について話をしてましたが、
 確かに勝ったことが無いようなことを言ってました。
 
 考えれば考えるほど解らなくなります。
 時間を置いて字幕つきで再見します(笑)

 最近のレストア技術は凄いんで、画像や音声の修正を
 しっかり出来るようになるかもですね!タイタニックなんかも
 凄いですもんね!要した金額と労力も凄いですけど(笑)

 2月も楽しみにしてます!(*^_^*)

Edit | Reply | 

マミイ  2013, 03. 12 [Tue] 07:07

負け戦・・・

私はようやく観ることができました。
色んな台詞がグッとくる映画でしたね。

負け戦・・・take51さんの別記事も読ませていただきました。
私はたくさんの仲間を失った、侍の犠牲が大きかったからこその
セリフだと思いました。

農民からの依頼はあれど、他の侍を誘って仲間にいれたのは勘兵衛ですから。
色々と策を練りましたが、平八が撃たれてしまい
菊千代や農民が持ち場を離れたりと
勘兵衛が自身の頭で描いていた戦とは違う展開になっていたのではないでしょうか。

村からのぶせりを追い払うという当初の目的は果たせたものの
払った犠牲(侍の命)はあまりにも大きく、
その死に責任を感じたからこその「負け」ではないのかなぁと私は思いました。

Edit | Reply | 

take51  2013, 03. 12 [Tue] 23:09

>マミイさん、こんばんは!

グッとくる台詞が多かったですね!
記事に書いてない台詞でうる覚えですが、
最初の方で勘兵衛がご飯を食べながら農民への気持ちを
述べた台詞も印象に残ってます。

負け戦の件ですが最初はマミイさんの言われることを考えてました。
しかし勘兵衛は「今度も負け戦だった」「勝ったのは農民だ」と
言ってたと思います。犠牲になった侍に責任を感じて「勝ったのは
農民だ」とは言わないと思うんです。農民も侍、以上に犠牲を
出してましたので。。。責任は相当感じたでしょうね。勘兵衛が
誘った訳ですから。。。また考えちゃいます(笑)

この映画も暫くして再見したいと思います!
聞き取れない台詞があったので、今度は字幕ありで見ます!(^.^)

Edit | Reply | 

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  リアルだ
  • 七人の侍 製作1954年 日本 監督:黒澤明 脚本:黒澤明、橋本忍、小国英雄 出演:三船敏郎、志村喬 世界のクロサワ、初体験です。 207分、長い・・・・・事もないですね。 ただ、戦っ...
  • 2013.03.12 (Tue) 07:08 | 子育て 時々 映画