ルミガン通販

「おおかみこどもの雨と雪」をブログDEロードショーで見ました!


おおかみこどもの雨と雪 BD(本編1枚+特典ディスク1枚) [Blu-ray]おおかみこどもの雨と雪 BD(本編1枚+特典ディスク1枚) [Blu-ray]
(2013/02/20)
宮崎あおい、大沢たかお 他

商品詳細を見る


2月の企画映画をやっと見ることが出来ました!
アニメ映画はあまり見ることがなく、ほぼ初挑戦のジャンルで
楽しみにしてました。しかも、ちょっと皆さんのブログを覗くと
いつも以上に盛り上がってましたので・・。読まないよう必死でした(笑)

で、感想です!

愛情を持って育てれば、どんな子も
ちゃんと育つということ。
それが人であれ狼であれ(笑)

そして親も子育てをしながら
成長をするということ。



この2点を改めて思い知らされ、かなり爽やかに
見終えることが出来ました!

この映画も先に見た「崖っぷちの男」なんて問題にならないほど
つっこみ所が満載でしたが、細かいことを気にしては見れません(^▽^;)

それなりに好印象だったので「つっこみ」はしないつもりですが、
亡くなった夫の貯金がどれだけあったか解りませんがそんなに
貯めれたのか???

あと雨が山に入った後、事件にならなかったのか?
10歳の少年が蒸発したんですよ??(^▽^;)

これくらいは思いましたが、気にしないようにします(笑)

見てる途中はどんな終わり方になるんだろう?と思ってました。
夫の狼がゴミの収集車に投げ込まれた時は、アニメにないリアリティーを
感じ不安になりました。基本、あり得ない設定の話ですので、
どんな残酷な終わり方になるのか、と思ったんです。

雪が物語のナレーションをしていたので、お母さんが
最後は亡くなるの??と不安にもなってました。

しかし弱々しかった雨が逞しく成長し、自由で天真爛漫な
雪が成長するにつれ壁にぶつかりながらも成長していく
姿は微笑ましかったです!

花が雨を送り出すところも、親の成長という意味では良かったです。
実際にはあんな風に割り切れるはずもありませんが・・(^▽^;)

そうそう、幾ら雨が心配だからって雪を迎えに行かずに
放りっぱなしはマズいですよね。あと、体育館にランドセルが残ってるのに
「最後まで残ってる生徒として」探さない先生もどうかと思います。

すみません、つっこみはしないつもりでしたが・・。つい(笑)

花で印象に残ってるシーンがあります。
父からどんな時も笑顔で、と育てられた花。
夫が亡くなった時も気丈に振舞う姿はえらいな、と思いました!

あ、韮崎さんに「笑うな!」と叱られて、ひたすら
笑ってた花が理解出来ません。あれはどういう事だったんでしょう?
韮崎さんが村の人が面倒を見てくれるきっかけを作ってくれたことを
知り、御礼に行った時の話です。

韮崎さんの声、菅原文太は良かったですね!(^^♪

いろいろ書きましたが、雪の小さい頃は本当に可愛かったですね!
自分の娘が小さい時と重ねて見てしまいました(笑)
というのも、うちの子も小さい頃は本や木をかじってましたので
「つい」だぶっちゃいました(笑)

映画を見る前はタイトルの意味が解らず、どんな映画だろうと
思ってました。子供の名前だったんですね!!(^^♪

今回も企画で無ければ、まず見てなかった映画で感謝しないと
いけません!またまた見る映画の幅が広がりました!!

しかしアニメって絵が綺麗ですね~!1080iでも本当に綺麗でした。
音はどうだったんでしょう?寝そべって見てましたので・・・(^▽^;)

さ、これから皆さんの記事にお邪魔させて頂きます!!
早く見たくて(笑)

それでは今回も参加をさせて頂き、本当に有難うございました!(^^♪


スポンサーサイト

COMMENT 4

宵乃  2013, 03. 04 [Mon] 07:46

お早うございます!

雪ちゃんホントに可愛かったですよね~。彼女についてはほとんど引っかかる事もなく、活き活きしていていいなぁと思って観られました。わたしもtake51さんのように、細かいところをスルーできればもっとよかったんですが…。

>雪を迎えに行かず
>ランドセルがあるのに

ですよね~。とくに先生の行動は何かあったらマスコミに叩かれるレベルだと思います(笑)

>あ、韮崎さんに「笑うな!」と叱られて、ひたすら
笑ってた花が理解出来ません。

笑うなと言われても嬉しくて笑っちゃうという感じじゃないでしょうか?
いつでも笑ってきたひとですから、本当に嬉しい時は笑ってたいんだと思います。

楽しまれたようで良かったです。今回もご参加ありがとうございました♪

Edit | Reply | 

take51  2013, 03. 04 [Mon] 20:14

>宵乃さん、こんばんは!

 やっと見ることが出来ました!!(^^♪
 最初から雪ちゃんの可愛さにメロメロになってました(笑)
 見てる途中で、かみさんと「これは細かいところを気にしたら
 見れないね(^▽^;)」なんて話ながら見ました。

>とくに先生の行動は何かあったらマスコミに叩かれるレベルだと思います(笑)

 連日、TVに取り上げられますね(笑)

>笑うなと言われても嬉しくて笑っちゃうという感じじゃないでしょうか?
>いつでも笑ってきたひとですから、本当に嬉しい時は笑ってたいんだと思います。

 なるほどですね!難しく考えすぎたようです(^▽^;)
 
 笑顔は大切だと思います。先日のフルマラソンでも沿道から応援してくれる
 方達と笑顔でやりとり出来てるうちは良かったです!
 心掛けてたのは走ってる最中は、無理してでも笑おうとしてました。
 最後の方は全く無理でしたけど・・(笑)
 
3月の企画も楽しみにしてます!!
今回も有難うございました!!(^^♪

Edit | Reply | 

マミイ  2013, 03. 24 [Sun] 08:03

take51さん、おはようございます。

私も色々と気にはなりましたが、
そういう世界だということで、気にしないことにしました。(笑)

>そうそう、幾ら雨が心配だからって雪を迎えに行かずに
>放りっぱなしはマズいですよね。
当然、雪の事も花の頭には浮かんでると思います。
でも、花のカラダは一つしかないわけですから
安全な学校にいる雪と危険な山に入っていった雨、
どちらかしか行けないとなると、
ここでは優先されたのは雨だったのではないでしょうか。
おおかみの血をひくとはいえ、
まだ10歳の我が子なわけですから・・・。

そして、学校での引渡しは普通は名簿で確認しますよね。笑
スタッフは子育て経験のない人ばかりなんですかね。
まあ、あそこで先生が雪たちの大捜索を始めちゃったら
カーテンのシーンにいきつかないですから目をつぶりましょう!


私は細田作品は他に「時をかける少女」だけは観たのですが、
あちらは元気だけがとりえ!みたいな高校生が主人公でした。
(幼い頃の雪がそのまんま大きくなったみたいな!?)
オコチャマな主人公にイラッともしましたが(^^;
すべっても、転んでもガッツで前を向いて
ひたむきに走り続ける姿にココロが洗われました。
後に原田知世主演の実写版を観たのですが、
主人公があまりにも違うので驚きました。
(でも、私はコレはコレでいい!と思いました。)

Edit | Reply | 

take51  2013, 03. 24 [Sun] 09:52

>マミイさん、おはようございます!

 この映画の細かいところは気にしないで見るしか
 ないですよね、、(^▽^;)

 サマーウォーズを見て感じたことですが、この監督は
 伝えたい部分を特化したら他の部分はサラリと流してる
 気がしました。どうでしょう??

 大雨の時、花のとった行動の優先順位は正しいと
 思うんですけど、雪にも何らかのフォローが出来なかったかなー、と。
 確かにカーテンのシーンが無くなりますので「ヨシ」としましょう!(笑)

 この映画が第12回東京アニメアワードで監督賞など6部門を
 とったみたいですね!どんな理由で受賞したのか気になりますね・・
 
 時をかける少女は僕も原田知世版を見てるはずですが、
 記憶が全くありません。歌は鮮明に覚えてるんですけど・・(^▽^;)
 細田作品も近日中に見たいと思います!!(^.^)

Edit | Reply |