ルミガン通販

CDの音の確認、セッティング他

タイトルに悩みましたが、まずはCDの音について
書いてみたいと思います!この休み中に弄ったことの
時系列を無視することになりますが整理したいと思います!(^.^)

日中は久しぶりにMCACCを弄って調整に勤しんでました。
更なる音の向上を目指してのことでしたが、なかなか
結果を得ることが出来ずモヤモヤしていました。

という事で気分転換にCDを聴くことにしました!
前回の記事で書かせて頂いた通り、パワーストーンで
CDの音もなかなか良くなってましたので♪

250813色んな写真 (10)

スクリーンを巻き上げるのは面倒じゃないんですけど、センタースピーカーを
どけるのはやっぱり面倒ですね(笑)

250813色んな写真 (9)

チャイコフスキーのピアノ協奏曲1番やヴィヴァルディの四季をチョイス♪

音が良くなったよな~、と思いながら聴いてましたが
何かがおかしい。。(汗)

音(楽器)の分離が良くなり、多くの楽器が一斉に鳴っても
それなりにいい感じでした。それが定位やフォーカスが明らかに悪くなり、
音がだんごになっているのです。。。(滝汗)

実は日中、MCACCの設定を弄りながらクリスボッティを観てましたが、
気に入って鳴っていたギターの音は痩せてフォーカスも「やや」ぼやけて
いました。MCACCの設定を弄ったせい?と思ってました。

答えは「←」でした!(^▽^;)

250813色んな写真 (8)

ふと、気になって見てみるとコンパネが1cmくらい後ろにずれていました。
しかも左右とも・・・(^▽^;)

写真のコンパネに沿って貼ってるガムテープは現状のベストと
思われる位置です。いや~、これが無かったら迷宮入り
するところでした(笑)

あれ?と思ったクリスボッティのライブも確認してみるとしましょう!

実はパワーストーンをずらしたり色々やってみました。
音は変わりますが、定位やフォーカスの改善にはならず・・・

そんな中、VSA-AX4AHに巻いているハイパーシーンで気がついたことがありました。
ハイパーシーンを巻くことでCDの音も音像が大きくなり、目の前に広がる
ステージが大きくなりました。と、前回の記事に書きましたが、
日本人男性のヴォーカルを聞くとやや声の抜けが悪いことに気がつきました。

コンパネを直した後でも同様の事を感じ、あれこれ弄っていて
いい塩梅の箇所を見つけました。

それが電源ケーブルにハイパーシーンを巻く位置の変更です。
写真を撮り忘れましたが、インレットから50cmほど離した位置に
変えると声の抜けが良くなりました。多少、中低域の下に伸びる
度合いが減った感はありますが、全体最適を考えるとヨシと
しましょう!!この状態で映画やライブは見てませんが、前に
試した記憶だと物足りなかったように思います。

ま、位置をずらすだけなので用途に応じて移動すれば
いいことです。センタースピーカーを移動させることを思えば
簡単なことです(笑)

あ、先の2枚のCD(ピアノ協奏曲や四季)もハイパーシーンは
インレットから離した方が気持ち良く聞くことが出来ました♪

次はMCACCを弄った話になりますが、
せっかくの連休ですので出掛けてきます(笑)


スポンサーサイト

COMMENT 0