ルミガン通販

「オペラ座の怪人(2004)」をブログDEロードショーで見ました!

今月のお題の映画はオペラ座の怪人(2004)!!
久しぶりに最初から最後まで通して見ました!!(笑)

オペラ座の怪人 [Blu-ray]オペラ座の怪人 [Blu-ray]
(2013/02/02)
ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム 他

商品詳細を見る


この映画の音楽と映像に魅了されて以来、本や劇団四季のミュージカルと
色んなオペラ座の怪人を楽しんできました!

特に映画の音と映像が大好きで、同じシーンを何度も何度も
繰り返して見てるのでBDがすり減ったのでは?と思うくらい(笑)

何度も見てるうちにファントムやクリスティーヌの心境を考えるようになり、
僕の中で納得のいかない矛盾点が発生しました。

今回は久しぶりに通して見る機会を頂きましたので、
その矛盾点の解決となれば・・、と楽しみにしてました!!(^.^)

【僕の中の矛盾点】

僕の中で引っ掛かってたのが最後にクリスティーヌがファントムに
キスをするシーンです。クリスティーヌはファントムに恋愛感情は無いと思って
ますので、僕の中ではキスをする必要が無いんです。



【クリスティーヌにとってファントムの存在】

もともとクリスティーヌにとってファントムは父の送ってくれた「音楽の天使」で
あり父の亡き後、最も頼りにしていた存在です。

彼女の歌の先生ですが、時には友達にも父の代わりにもなっていたと思います。

その崇拝ぶりはメグとの会話からも理解できます。
メグが「そんな話あり得ないわ、あなたらしくないわよ」と
言われても聞く耳を持ちません。あの時の疑いの無いクリスティーヌの表情も
僕は好きです(笑)

デビュー舞台の後、ファントムと初対面となる訳ですが
仮面を剥がすまでのファントムは彼女にとって純粋な「音楽の天使」でした。
その音楽と声に魅了されています。

しかし、その素敵なイメージも、仮面に手をかけることで崩れていきます。

恐ろしい形相とその人間の豹変ぶりに戸惑います。
そして猛烈なストーカーぶりの束縛と次々に人を殺めていく
ファントムから逃げ出してくなります。

それでも、彼への憐れみと同情が無くなることはありませんでした。
自分の行いが招いた結果とはいえ、愛されたことのない彼に対し・・・
ただ最後のラウルへの仕打ちまでは・・

ファントムとの出会いが父が送ってくれた「音楽の天使」であるということ。
あくまでも、その音楽性に魅了されただけ、憧れはあっても恋愛感情は
無かったと思います。

最初はクリスティーヌのことを尻軽女のように思ってましたが、
今はそんな風に思ってません(笑)

ただ誤解も招くような仕草や表情は否めないですね・・(^▽^;)



【ファントムという人間】

生まれつきあの顔のファントムは親からも虐げられ、
サーカスで化け物として見世物にされてました。

マダムジリーに助けられ、オペラ座で成長していきますが
その才能に気づくや自分を虐げてきた人たちを逆に見くびるように
なったと思います。毎月、貰ってた2万フランもの給料がその証です。
オペラ座の関係者に対する、その傲慢な態度も凄いですよね。。(^▽^;)

彼の歪んだ性格も、その生い立ちを考えると仕方なく
思えますし同情すら覚えます。

そんな彼は「美」に執着するようになります。
普通ではなく「美」を求めるようになったのもポイントだと思います。
虐げられたことに対する復讐でしょうね。

そして孤児としてオペラ座にやってきたクリスティーヌの美しい声こそ、
彼の求めていた「美」でした。自分好みに育っていく彼女を自分の
ものにしたくなりました。fall in love(笑)

ファントムにしたらクリスティーヌが美しき声を与えた自分のものになるのは当然と思ってますが、
ラウルと恋に落ちたクリスティーヌを許せません。虐げられ愛されたことのないファントムが、
その辺を理解出来ないのも当然です。

思い通りにならない全ての原因は、その生まれつきの顔に辿り着きます。
最後、クリスティーヌに諭されるまでは・・



【問題のキスシーン】

ファントムがラウルを助けるため、俺と一緒になれと究極の脅しをかけます。
「俺を愛することでラウルの命を得ろ!」と。そんな彼にクリスティーヌもいよいよ
愛想を尽かします。

ラウルも「俺のために一生を棒に振るな」と叫びます。

※この辺ではファントムも迷い葛藤があったと思います。

彼女の中の音楽の天使は崩れ去り、究極の選択に絶望します。
本当に可愛そうです。。。

迫られた中、クリスティーヌは行動にでます。
僕の中の問題のシーンです。最初はラウルを助けるためにキスをしたと
思いましたが考え方が変わりました。

あのキスはファントムへの愛だったと思います。ここでいう愛は恋愛感情でなく人間愛です。
崩れ落ちた音楽の天使ですが、やっぱり彼のことを救いたかったのでしょう。

「神様の与えてくださった勇気で、あなたが独りでないことを証明するわ」
というセリフの通り、ファントムが理解できない愛をキスという形で教えたかった
のだと思います。音楽を教えてくれた音楽の天使への恩返しという意味も込めて。

ファントムも救いに来たラウルとのやり取りなどから、薄々と愛について
理解をし始めていたと思います。そんな中、クリスティーヌのキスで愛を理解できた
のだと思います。結果、二人を解放することとなりますが・・

ガストン・ルルー原作の小説では、このシーンが一番印象に残ってます。
キスをされたファントムの恍惚とした感激ぶりは凄まじく、映画とは違いかなり
丁寧に書かれています。最初、読んだ時はキスをされただけで、ここまで
感激するか?と思ってましたが、今回で納得が出来ました。

ファントムは追い求めていた「美」より素晴らしい「愛」を知ることが
出来たのです。



こう考えると、僕の中の矛盾点がすっきり晴れました!(^.^)

歪んだ人格から立ち直る様子が描かれた映画と思えば、
オペラ座の怪人の主役はやっぱりファントムです。
この映画の主役がファントムということにも疑問を感じてましたので・・(^▽^;)

映画ではクリスティーヌの墓に置かれた指輪付のバラで終わりますが、
ミュージカルはメグが仮面を手にとったシーンで終わります。
ファントムが主役ということで、より彼を美化した形で終わらせたかったのでしょう!

素晴らしい音楽と映像に魅了されていたオペラ座の怪人ですが、
見直すことでファントムやクリスティーヌの思いを深く考えることができ内容と
しても満足のいく、ますます大好きな映画となりまりました!

こうして見直す機会を頂き、本当にありがとうございます!!(^^♪

もしこの映画を見て、オペラ座の怪人が好きになった方が
いらっしゃいましたらミュージカルなどもオススメします!

オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン [Blu-ray]オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン [Blu-ray]
(2012/12/05)
ラミン・カリムルー、シエラ・ボーゲス 他

商品詳細を見る


オペラ座の怪人25周年記念公演で一流が揃った素晴らしい出来栄えです!
シエラボーゲスの歌声が本当に美しく、映画のクリスティーヌが見劣りします。。(^▽^;)

最初はセリフや歌が日本語、という点で心配しましたが
劇団四季のオペラ座の怪人も素晴らしかったです!
何年前に行ったか忘れましたが、また見たいと思ってます🎵

音楽に魅了された方は是非、サントラを!!
僕は今でも定期的に車の中で聞いてるキチガイぶりです(笑)
「オペラ座の怪人」オリジナル・サウンドトラック「オペラ座の怪人」オリジナル・サウンドトラック
(2010/07/07)
サントラ

商品詳細を見る



内容について興味を持たれた方は是非、原作を!
オペラ座の怪人 (角川文庫)オペラ座の怪人 (角川文庫)
(2000/02/25)
ガストン ルルー

商品詳細を見る


ファントムのクリスティーヌに対するストーカーぶりに負けないくらい、
オペラ座の怪人に狂ってるtake51でした!(笑)
スポンサーサイト

COMMENT 10

宵乃  2013, 12. 15 [Sun] 16:46

内容の充実した読み応えのある記事だと思います!
この作品が大好きなtake51さんでも、最初はクリスティーヌを尻軽と思っていたとは…軽く衝撃でした。

わたしはこれ以外では、1925年版の映画しか観た事がないんですが、ミュージカルや本と、色々なものがあるんですね。
この作品もちょっと映画らしくないところがあるというか、第一幕、第二幕とオペラのような構成なんじゃないかと思いました。…なんとなく。

>虐げられ愛されたことのないファントム

クリスティーヌもファントムが自分を孤独だと思い込んでいるようなことを言ってましたよね。…マダム・ジリーの立場がないなぁ。
実の姉くらいの距離感だから、彼女ではなくクリスティーヌの愛を特別視してると思ってたけど、もしマダム・ジリーが眼中になかっただけなら可哀相です…。

では、今回もご参加ありがとうございました♪

Edit | Reply | 

take51  2013, 12. 16 [Mon] 22:23

>宵乃さん、こんばんは!

>この作品が大好きなtake51さんでも、最初はクリスティーヌを尻軽と
>思っていたとは…軽く衝撃でした。

 最初、通しで見た時は真面目に見てなかったのかも??(^▽^;)
 小説を読んだり他の作品を見てるうちに、ただの尻軽女とは
 思わなくなりましたが・・

>この作品もちょっと映画らしくないところがあるというか、第一幕、
>第二幕とオペラのような構成なんじゃないかと思いました。…なんとなく。
 それはあるでしょうね!映画よりミュージカルが先に作られましたので!
 
>実の姉くらいの距離感だから、彼女ではなくクリスティーヌの愛を特別視してると思ってたけど、
>もしマダム・ジリーが眼中になかっただけなら可哀相です…。

 マダム・ジリーのことは特別視してなかったのでしょうね・・
 言われるまで気付きませんでしたが、マダム・ジリーもファントムのことを
 「手に負えなくてどうしようもない」というセリフがありましたもんね・・
 自分は無視されてる、と言ってるようでした。本当に可愛そうですね、、

今回はこの映画の色んな意見を見ることが出来て良かったです!!(^.^)

Edit | Reply | 

きみやす  2013, 12. 17 [Tue] 20:26

こんばんは

take51さん こんばんは!!
きみやすと申します。

自分は『劇団四季のミュージカル版』は観ていないので
羨ましいです!!

>あのキスはファントムへの愛だったと思います。ここでいう愛は恋愛感情でなく人間愛です。
崩れ落ちた音楽の天使ですが、やっぱり彼のことを救いたかったのでしょう。

すごく、納得します。
2回キスするというのも、やはり、1回だとラウルを助けるために(仕方なく・・・)という印象を与えるからかな?とも思ったり、ファントムの凝り固まった、ある種、“歪んだ認知”を変える為にも2回キスしたのかな、と思います。

あの時の、決意に満ちた表情も、ある種、母性すら感じてしまいました。

>シエラボーゲスの歌声が本当に美しく、映画のクリスティーヌが見劣りします。。(^▽^;)

ここも、激しく同意です。
指輪の行く末も
原作・映画・ミュージカルどれも違うのですが。
指輪を返すミュージカル版のシエラ・ボーゲス演じるクリスティーヌの表情と返した後の
階段を上がる時の二人の微妙な表情。
歌の始まり方、どれも好きです。

>ファントムのクリスティーヌに対するストーカーぶりに負けないくらい、
>オペラ座の怪人に狂ってるtake51でした!(笑)

いや、本当に恰好良いです!!

本当に、再見してみて(take51さんにはとても及びませんが)やっぱり、この作品を自分は好きなんだなと改めて
感じさせてもらいました。

ありがとうございました。
また、お邪魔します。それでは。

Edit | Reply | 

take51  2013, 12. 17 [Tue] 23:47

>きみやすさん、こんばんは!

コメント、ありがとうございます!!
この映画の音楽が大好きで、繰り返し繰り返し
かみさんが呆れるくらい同じシーンばかり何度も見てます(笑)
見れば見るほどオペラ座の怪人の魅力に取りつかれており、
いつかはパリのオペラ座にも行ってみたい・・と思ってます!(^^♪

>あの時の、決意に満ちた表情も、ある種、母性すら感じてしまいました。

なるほどですね!あの表情を母性と解釈するとすっきりします!
決して恋愛感情のものではないですね!!

> 指輪を返すミュージカル版のシエラ・ボーゲス演じるクリスティーヌの表情と返した後の
>階段を上がる時の二人の微妙な表情。 歌の始まり方、どれも好きです。

最近、見てません。じっくり見返したいと思います。
このミュージカルのポイント・オブ・ノーリターンは本当に素晴らしいと思ってます。
エミーロッサムの歌も好きですが、歌唱力、表現力はやっぱりシエラ・ボーゲスが一枚上ですね・・(^▽^;)

きみやすさんのブログも、後ほどゆっくり
お邪魔させて頂きます!ありがとうございました!!(^.^)





Edit | Reply | 

鉦鼓亭  2013, 12. 20 [Fri] 00:40

 take51さん、初めてお邪魔します。
 昨日は、コメントありがとうございました。

take51さんも、きみやすさんも、内容が深くて・・・。
この作品では全くの初心者ですから、お手柔らかに。(笑)

キス>take51さんの「人間愛」、きみやすさんの「母性」、どちらも凄く納得です。
ファントムは、強要しても「愛」は得られないと知っていたけど、境遇から感情が納得していなかった。
「神様の与えてくださった勇気で、あなたが独りでないことを証明するわ」
一種の「聖なる母性」を纏ったクリスティーヌのキス。
ファントムの憎悪の感情を清め鎮めるキスでしたが(「大魔神」か~笑)、あれで、強要しても得られるのは「憐れみ」、「哀しみ」「蔑み」でしかない事を完全に思い知ったんじゃないでしょうか。
そして、ファントムの中にある純性が「覚醒」された。
御伽噺で王子様のキスで目を覚ますお姫様のように。
僕は、そんな風に理解しました。
(猿のオモチャを前に、一人「マスカレード」を口ずさむファントムが哀れでした)

この映画の音楽と映像に魅了されて>僕も完全にヤラレましたよ。
本当に曲もイイし映像もイイ。
今日の昼休みに「マスカレード」を中心に好きな曲のシーンを再見しました。(笑)

take51さんもきみやすさんも絶賛中のロンドン公演DVD購入決定!!・・・なのですが、今月は金欠の所へ交通違反(泣)、来月は甥っ子、姪っ子に「お年玉」、オマケに誕生日が一つ、何時になったら買えるやら。
でも、楽しみが増えました。(笑)

年末はやる事山積みでイヤですね。
お大事に!

Edit | Reply | 

take51  2013, 12. 20 [Fri] 23:08

>鉦鼓亭さん、こんばんは!

 鉦鼓亭さんのキスの解釈、なるほどです!
 確かにマスカレードを口ずさむ、ファントムの顔は本当に哀れでした。
 ずぶ濡れになった捨て猫のようになってました、、(汗)

 クリスティーヌのことではなく、これまでの自分の行い全てを
 思って凹んでるようにも見えますね。。考えは尽きません(笑)

>僕も完全にヤラレましたよ。本当に曲もイイし映像もイイ。
>今日の昼休みに「マスカレード」を中心に好きな曲のシーンを再見しました。(笑)

 本当にいいですよね!ミュージカルのクラッシックな音楽もいいですが、
 映画は微妙にロック的な要素も取り入れてて斬新だと思います!!
 個人的にはギターの使い方がお気に入りです!(^^♪

>ロンドン公演DVD購入決定!!

 ぜひぜひ!!もう痺れますよ!!\(^o^)/
 カーテンコールで初代クリスティーヌ、サラブライトマンが歌いますが
 流石の貫録っぷりを見せてくれます。そちらも見ごたえが
 ありますので・・。購入されましたら、ぜひ感想をお聞かせ
 頂ければと思います!!(^.^)


Edit | Reply | 

ポール・ブリッツ  2013, 12. 21 [Sat] 19:50

はじめまして

宵乃さんつながりで来ました。

この映画を見て最も強く思ったことが、

劇場で見たいと思えど劇場で見る経済的余力なし、であります。とほほ(^^;)

Edit | Reply | 

take51  2013, 12. 21 [Sat] 21:23

>ポール・ブリッツさん、こんばんは!

 そしてはじめまして!!
 コメント、ありがとうございます!(^.^)

>劇場で見たいと思えど劇場で見る経済的余力なし、であります。とほほ(^^;)
 そうですね~!この映画は劇場で見てみたいですね!
 僕も劇場にはなかなか行けない人です(笑)
 昨年末は「これは!」と思いレ・ミゼラブルを劇場に見に行きましたが、
 本当に良かったです!!あれから1年経ってことに驚きましたが・・(^▽^;)

 また宜しくお願いします!!(^^)

Edit | Reply | 

マミイ  2013, 12. 21 [Sat] 22:18

さすが、『オペラ座の怪人』大好きなtake51さん!
読み応えのある記事でした。
ご自分の中の矛盾点が解消できたようでよかったですね。

ブログDEロードショーでの再見だったからかもしれませんね。
私も今回も皆さんの記事を読んで
自分の記事って底が浅いなぁとつくづく思ったり(^^;

劇団四季版のミュージカルも一度は行ってみたいです。
今は残念ながら「ライオン・キング」でした。
いつでも行けると思う距離にあると、
案外いつも行かないものですね(^^;

Edit | Reply | 

take51  2013, 12. 21 [Sat] 23:11

>マミイさん、こんばんは!
 
 読み応えのある記事だなんて、、嬉しいです!(^.^)
 僕の中の矛盾点を解消することが出来て良かったです!
 けど、、、新たな疑問が出てきまして・・

 まだまだオペラ座の怪人を楽しむことができそうです!!(^^♪

>劇団四季版のミュージカルも一度は行ってみたいです。
 
 やっぱり本物はいいですよね!ミュージカルに限らないと
 思いますが、機会あれば僕も行ってみたいと思います!!
 お客さんと仕事で出張する時は、そういう遊びもできたら・・
 なんて企んでます(笑)

>いつでも行けると思う距離にあると、
>案外いつも行かないものですね(^^;

 そうなんですよね!僕も高知に戻ってから
 いろいろ行きたくなってます(笑)

Edit | Reply |