ルミガン通販

「愛は静けさの中に」をブログDEロードショーで見ました!

「愛は静けさの中に」をブログDEロードショーで見ました!(^.^)

深い映画で愛について色々と考えさせられました。
「どんな展開になるのだろう?」なんて想像する間が無いくらい、
見入ってました。

最初はウイリアム・ハートの熱血漢教師の熱い話と思って見てました。
素晴らしい先生ですよね?誠意があり、同性から見ても素敵な
男性だと思いました。

話は次第にジェームズとサラが中心となり、ジェームズの主張と
サラの主張のぶつかり合いは見事でした。

二人の演技、特にサラの熱演ぶりは感動的でした。
彼女が叫んだ時は本当に胸がつまりましたので・・

ジェームズの言いたいことも解ります。
サラの言いたいことも解ります。

ジェームズの言ってることは現実的な話で、
サラが自立するために必要なこと。僕もおかしくない
と思って見てました。それが彼女にとっては型に嵌められ、
本来の自分の姿で無い、、と。

この辺は僕の中で結論が出てません。
皆さんの記事を読むのが楽しみです!!(^^♪

サラは二人が一緒になれる場所を・・、
と言ってましたが最終的には一緒にいることが
出来れば、どんな場所でもいいのだと思いました。
ラストはそんなシーンなのかな?と。

今回は僕の中で結論が出てなくて
記事をまとめれないのですが、本当に素晴らしい映画でした。

匿名さんのリクエストだそうですが、感謝感謝です!!(^.^)

この映画、1986年と古い映画でしたが
映像と音楽が本当に素敵でした。

特にプールの中のシーンが印象的で何とも言えない
神秘的な演出でした。本当に素晴らしかったです!(^^♪

サラ役のマーリー・マトリンはこの映画で主演女優賞を獲得されたとか。
他にどんな映画があったのか解りませんが、納得の結果だと思います。
しかし彼女が本当に聾唖とはビックリしました、、(^▽^;)

繰り返しになりますが、本当に素晴らしい映画のリクエストを
ありがとうございます!!この映画も企画に参加してなければ
絶対に見てない映画でしたので・・。良かったです!!\(^o^)/

愛は静けさの中に [DVD]愛は静けさの中に [DVD]
(2008/02/20)
ウィリアム・ハート.マーリー・マトリン.パイパー・ローリー

商品詳細を見る


【点数】
 内容:10 点 内容、演技とも最高です!(^^♪
 映像:9 点 プールの中だけでなく、ラストの暗闇の二人だけの
       シーンも感動的な美しさでした!
 音 :8 点 バッハの音楽も良かった!サラウンドなんて関係ない(笑)
 総合:9 点
 ※いや、名作でしょう!!\(^o^)/


スポンサーサイト

COMMENT 9

鉦鼓亭  2014, 04. 27 [Sun] 23:02

 take51さん、こんばんは

いい映画でしたね。

ジェームスは自分のモデルケース、やり方しか見えていない。
自分の世界でしか人を見れない。
サラは、救い出されるべきハンデキャッパーとしてでなく、ジェームスに本当の自分を見る努力をして欲しかった。
ジェームスの無意識の中にある先生と生徒の関係でなく、対等の個人として見て欲しかったんじゃないでしょうか。
サラも愛を知ることで本当の寂しさを知り、殻を破り前に進む気持ちになった。
そんな二人が見えてなかったものを見られるように成長して、再会、愛を再生させる。
僕は、そう受け取りました。

凄く気になるので、みんなに聞いて回ってるんですけど。(笑)
サラが鏡に向かって言葉を言うんですが、
何て言ってるか、解りますでしょうか。
英語、万年赤点組だったので・・・。(汗)
僕の読唇術(爆)とおりなら、結構、重要な台詞な気がするんです。
(僕の読みが違ってたとしても、重要なシーンだと思っています)
詳しくは宵乃さんに送ったコメントを見て下さい。(長いので)

コメントレスは明日、宵乃さんへのコメントをご覧になってからで結構です。

Edit | Reply | 

miri  2014, 04. 28 [Mon] 09:42

昨夜はコメントを有難うございました☆

>二人の演技、特にサラの熱演ぶりは感動的でした。
>彼女が叫んだ時は本当に胸がつまりましたので・・

仰るとおりでした・・・彼女の叫びは全人格をかけて
彼に訴えているようでした☆

>特にプールの中のシーンが印象的で何とも言えない
>神秘的な演出でした。本当に素晴らしかったです!(^^♪

美しいシーンですよね~☆
監督のセンスが光っていて、彼女がそれに こたえたって感じでした☆

>音 :8 点 バッハの音楽も良かった!サラウンドなんて関係ない(笑)

take51さんにそこまで言っていただけて、
本当に製作者サイドの皆さま、お歓びと思います♪

>ジェームズの言ってることは現実的な話で、
>サラが自立するために必要なこと。僕もおかしくない
>と思って見てました。それが彼女にとっては型に嵌められ、
>本来の自分の姿で無い、、と。
>この辺は僕の中で結論が出てません。
>皆さんの記事を読むのが楽しみです!!(^^♪

私はとっても単純で申し訳ないのですが、
このあたりは、誰もが通る恋の道筋だと思えるのです。
二人の間には、それが「ハンデ」「教師」というキーワードだけど、
普通の恋愛でも何かしらきっとあると思うのです。
「片想い」「遠距離」「結婚したいしたくない」「趣味の違い」
「親からの反対」「貧富の差」・・・等々、それぞれのキーワードを
それぞれに乗り越えるのが人生のような気がします(笑)。

>サラは二人が一緒になれる場所を・・、
>と言ってましたが最終的には一緒にいることが
>出来れば、どんな場所でもいいのだと思いました。
>ラストはそんなシーンなのかな?と。

ハイ、そう思います!
いつかお姉ちゃんが心から謝罪する日に、
サラの隣にはジェームスにいて欲しい・・・
私はそんな風にこの映画を見終えました☆

>今回は僕の中で結論が出てなくて
>記事をまとめれないのですが、本当に素晴らしい映画でした。

いえいえきっとご自身の中で燃えていると思います☆
ご家族への愛・・・それがこの映画への見方につながるのではないでしょうか?
(お節介だったら、本当にごめんなさい!)

では、またお話いたしましょうね~♪


.

Edit | Reply | 

宵乃  2014, 04. 28 [Mon] 14:36

>二人の演技、特にサラの熱演ぶりは感動的でした。
彼女が叫んだ時は本当に胸がつまりましたので・・

ですよね!
わたしも役者さんじゃなかったと後から知って信じられなかったです。彼女の心からの叫びだったのかもしれませんね。

愛し合って一緒にいたいと思ってるのに、ちょっとした価値観の違いやすれ違いで距離を感じてしまうというような、誰でも共感できるものを描きながら、教師とハンデを抱えた者のドラマとしてもしっかりしていて、見ごたえありました。

>特にプールの中のシーンが印象的で何とも言えない神秘的な演出でした。本当に素晴らしかったです!(^^♪

邦題にもぴったりな素晴らしいシーンでしたよね。
これから先、この映画といえば真っ先に思い浮かびそうです。
名作でした!

今回もご参加ありがとうございます♪

Edit | Reply | 

きみやす  2014, 04. 28 [Mon] 19:27

こんばんは

>ジェームズの言いたいことも解ります。
>サラの言いたいことも解ります。

そうなんですよね。
ジェームスの方は本当に現実的な解決策であり
“理”としては正しい。

でも、サラからするとそれは違う。
彼女自身、複雑な内面を持ち
お姉さんの件も含め、自分を理解してほしい。
ただ、憐れまれるのも人との関係として対等ではない。

ジェームスも無神経な所が多々見られ
サラ自身も気持ちの揺り返しが半端なかったり
(そうやって、試さないと不安なのは理解はできるのですが
・・・あんまり、それをすると大切なものを自らの手で
砕いてしまうことになってしまう気がします)

難しい所です。
ただ、miriさんのお書きになられているように
大なり小なり、それぞれの人生で
経験することなのかもしれません。

>サラは二人が一緒になれる場所を・・、
>と言ってましたが最終的には一緒にいることが
>出来れば、どんな場所でもいいのだと思いました。
>ラストはそんなシーンなのかな?と。

なるほど!!

あと、take51さんから
>>音 :8 点 バッハの音楽も良かった!サラウンドなんて関係ない(笑)
という文章が出るのが本当にびっくりしました。

素晴らしいと思いました・・・。

それでは!!

Edit | Reply | 

take51  2014, 04. 29 [Tue] 20:04

>鉦鼓亭さん、こんばんは!

>ジェームスの無意識の中にある先生と生徒の関係でなく、対等の個人とし>て見て欲しかったんじゃないでしょうか。

これは強くあったでしょうね。。とは言っても現実は・・、というのが
ジェームズですよね。僕もどちらかというとジェームズ派です。
サラの気持ちも解るんですけど・・(^▽^;)

>サラも愛を知ることで本当の寂しさを知り、殻を破り前に進む気持ちになった。

ありがとうございます!一つスッキリしました!
二人のやり取りで何となく思っていたことがハッキリしました!(^.^)

>凄く気になるので、みんなに聞いて回ってるんですけど。(笑)

解ります、気になります(笑)

何度か見てみましたが、やっぱり「ジェームズ」ではないでしょうか?
名前を読んで欲しがってるジェームズの気持ちは解ってたので、
気持ちに答えようと練習してたのではないでしょうか?

最後の方の口を紡んだ動きは「M」だと思います。
恐らくスペルは「James」ですが、喋ることの出来ない
彼女の口の動きはM以外は間違っているということで・・(^▽^;)

僕も英語がダメだったことはお断りしておきます(爆)

>僕の読みが違ってたとしても、重要なシーンだと思っています

そうですよね!僕もそう思います!!
どなたかスッキリさせてください!!(笑)

Edit | Reply | 

take51  2014, 04. 29 [Tue] 20:16

>miriさん、こんばんは!

>仰るとおりでした・・・彼女の叫びは全人格をかけて
>彼に訴えているようでした☆

必死でした!!それをジェームズはあんな風に
返しちゃって・・。彼は彼で必死だったと思いますが、
その不完全さが人間らしくて良かったです!(^.^)
何をしても良く思えるんでしょうね(笑)

>美しいシーンですよね~☆
>監督のセンスが光っていて、彼女がそれに こたえたって感じでした☆

素晴らしいセンスの持ち主だと思います!!皆さんの記事を読んで
知りましたが、彼女は初出演の映画で凄いですね!!(^.^)

>take51さんにそこまで言っていただけて、
>本当に製作者サイドの皆さま、お歓びと思います♪

とんでもないです!(^▽^;)

奇をてらった映像や音で観客の気を惹くのではなく、
本当に素晴らしいと改めて思いました!(^^♪

>「片想い」「遠距離」「結婚したいしたくない」「趣味の違い」
>「親からの反対」「貧富の差」・・・等々、それぞれのキーワードを
>それぞれに乗り越えるのが人生のような気がします(笑)。

深いお言葉をありがとうございます!!
物凄く納得しました。何があっても頑張ります!!(笑)

>いつかお姉ちゃんが心から謝罪する日に、
>サラの隣にはジェームスにいて欲しい・・・
>私はそんな風にこの映画を見終えました☆

なるほどですね!(^.^)
お母さんといい関係に戻れたように、
お姉さんとも戻れるといいですね!

>ご家族への愛・・・それがこの映画への見方につながるのではないでしょうか?

お節介だなんて、とんでもないです!!
仰る通りだと思います!!!(^^♪

この映画は子供たちにも見て欲しいと思います!
本当に素敵な映画でした♪

>では、またお話いたしましょうね~♪

こちらこそ、よろしくです~!!\(^o^)/

Edit | Reply | 

take51  2014, 04. 29 [Tue] 20:22

>宵乃さん、こんばんは!!

>ですよね!
>わたしも役者さんじゃなかったと後から知って信じられなかったです。彼>女の心からの叫びだったのかもしれませんね。

皆さんの記事で彼女のことを知りましたが、
信じられませんでした。世の中には凄い人がいるもんです!(^.^)

>愛し合って一緒にいたいと思ってるのに、ちょっとした価値観の違いやすれ違いで
>距離を感じてしまうというような、誰でも共感できるものを描きながら、
>教師とハンデを抱えた者のドラマとしてもしっかりしていて、見ごたえありました。

本当に見ごたえがありました!!「これは映画だから・・」と
言われればそれまでですが、多くの人にこの映画を見て色々
感じて欲しいと思いました。大きなお世話でしょうけど、、(^▽^;)

>邦題にもぴったりな素晴らしいシーンでしたよね。
>これから先、この映画といえば真っ先に思い浮かびそうです。
>名作でした!

正直、原題を見て「また変な邦題をつけたのでは?」なんて
思ってましたが、とんでもない!いい邦題でした!!(^^♪

>今回もご参加ありがとうございます♪

いつもとりまとめ、ありがとうございます!!
今回も本当に楽しかったです!!\(^o^)/

Edit | Reply | 

take51  2014, 04. 29 [Tue] 20:30

>きみやすさん、こんばんは!!

>ジェームスも無神経な所が多々見られ

 ですね!けど、この辺が完璧すぎず
 人間らしくていいかな~、と思ったり?(^▽^;)

>難しい所です。
>ただ、miriさんのお書きになられているように
>大なり小なり、それぞれの人生で
>経験することなのかもしれません。

今回、この映画を通じて色んな会話をさせて頂き、
本当に勉強になりました!皆さんにコメントを書いて頂いた
内容をかみさんとも話をさせて頂いてます。

かみさんとの会話も暫くこの映画のネタで楽しめそうです!!(^^♪

>>>音 :8 点 バッハの音楽も良かった!サラウンドなんて関係ない(笑)
>という文章が出るのが本当にびっくりしました。
>素晴らしいと思いました・・・。

本当は10点をつければ良かったのですが・・
他の映画とのバランスも考えて8点にしてしまいました(^▽^;)
ほとんど感覚でいい加減に付けてる点数ですが(笑)

Edit | Reply | 

-  2014, 05. 03 [Sat] 08:10

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply |