ルミガン通販

今のセッティングによる音の確認、その後!!

最近、ブログの更新が停滞気味です。
シアターもほとんど見れてない感じです、、、(^▽^;)

EROEROパネルの追及に勤しんでますが、
色んなソフトを聞いてみないと解らないことも多いです。

前回の記事でかなりいいと思って聞いていた
今のセッティングですが、聞いているとアラに気が付きます。

傾向としては音楽BDが良いと映画がダメ。
ギターやベースの音の定位やキレが良いと気持ちいいんですけど・・
映画ではボリュームや迫力がイマイチなんですね・・

僕は音楽モノが好きですので、セッティングも音楽よりに
なるのは仕方ないと思います。

両立って難しいですね・・・(^▽^;)

音楽モノということで最近のお気に入りは
やっぱりStingです!!(^^♪

Sting: Live in Berlin [Blu-ray] [Import]Sting: Live in Berlin [Blu-ray] [Import]
(2010/11/22)
Sting

商品詳細を見る


比較的よく見ていましたが、音がイマイチ良くないと
思って埃をかぶっていたソフトでした。

久しぶりに鳴らしてみると全く別物になっててビックリ!
音がよくない、なんて言ってゴメンナサイ。可能性を秘めたソフトだと
思います!!追い込めば更に良くなるのでは?そう思わせて
くれるソフトでした!!(^^♪

もともと演奏などの質は高いソフトですので、音が良くなると
良さが引き立ったのかな?なんて思ってます。

2606sting (2)

オーケストラの音も素晴らしいですが、Jo Lawryのハモリが本当に素敵です!
前も記事にしましたが何度、聞いても素晴らしいです♪

そういえば最近、彼女のことを調べてないです。
新しい曲など無いか見てみましょう!(^.^)

ちなみに「Live In Berline」、暗いシーンが多くて本当にプロジェクター泣かせです(笑)
綺麗に映ると美しい映像ですが、調子が悪いとブロックノイズが目につきます。
特に薄明りの照明が厳しいですね・・・(^▽^;)

ビクターのプロジェクターだとどんな映像なんでしょう?ちょっと気になります。

とりあえず土日の休みを満喫しましょう!\(^o^)/

スポンサーサイト

COMMENT 0