ルミガン通販

「仁義なき戦い」をブログDEロードショーで見ました!

今月のブログDEロードショーは「仁義なき戦い」でした!
名前は知ってるけど見てない映画で楽しみにしてました!!(^^♪

映画が始まり例の音楽が鳴ると
「あ、この映画の曲だったんだ!!」と
いきなりハイテンション!!(笑)

人物の相互関係の理解が浅く、話が解りにくい部分も
ありましたが役者さんの演技の迫力と妙な臨場感が
素晴らしかったです!!

大学時代、広島からの人も多く広島弁に馴染みが
あったのも映画を楽しめた要因かもしれません!!
今、思えばこの映画にかぶれていたように思います(笑)

なかなか迫力のある映画で「どんだけ人が死ぬんだ・・」
と思って見てましたが、なんと実名でノンフィクションの映画だった
んですね!あれだけ白昼堂々、撃ち合いが繰り広げられる
なんて・・。凄いご時世だったんですね(汗)

菅原文太は何歳だったんでしょう?流石に貫録がありますね!(^^♪

印象に残ってるシーンです!
2606仁義なき戦い (1)

この後の松方弘樹のビビリ具合に笑っちゃいました。
天才たけしの元気がでるテレビを思い出しました(笑) 

2606仁義なき戦い (2)
梅宮辰夫が警察に捕まったのは田中邦衛が垂れ込んだから、
という事を知り怒る菅原文太。ここは迫力がありました!!
流石の凄みでしたね!(^.^)

怒る菅原文太に対し田中邦衛と組長の開き直った反応も
腹立つくらい嫌な感じでした。
2606仁義なき戦い (3)

2606仁義なき戦い (4)

暗くて粗くて解りにくいですが、田中邦衛が良かったです。
ここの部分の構図も良かったです。田中の品の無さが満載で(笑)

慕っていた兄貴を死に追いやった張本人に復讐するのかな?
と思いきや、意外と冷静で・・・。

ラストのシーンも同様で冷静な菅原文太がとてもカッコ良かったです!
他の連中は必要以上に血気盛んだったので、余計に目立ちました(笑)

今回も企画でなければ見る機会が無かったと思いますので、
感謝感謝です!!(^^♪

こうして書いていても例の「チャー、チャララ~」
音楽が頭の中で響いてます(笑)

仁義なき戦い [DVD]仁義なき戦い [DVD]
(2013/11/01)
菅原文太、田中邦衛 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

COMMENT 8

ポール・ブリッツ  2014, 06. 29 [Sun] 20:18

ふふふこれで中毒者1名(笑)

ね、よかったでしょ! よかったでしょ!
 推してるのがわたしひとりだったら「広島死闘編」のラストシーンみたいな気分になるところだった(笑)

この映画の広島弁は、脚本の笠原氏が、広島弁にたいする知識がまったくない状態から短期間で作り上げた「笠原弁」とでもいうやつで、ネイティブの広島の人はここまでガラの悪い言葉は使わないそうです。そりゃそうだ。

逸話には事欠かない映画で、ウィキペディアの記述を読むと、よくこの映画が作れたなあ、と変な感心をしてしまいます。

金子氏と田中氏はこのシリーズを通しての悪役ですから、半分スピンオフの第二部を除いた残り三作でも下品で憎々しい演技を見せてくれますよ(^_^) 特に金子氏の演じられる山守組長は、このシリーズの「主人公」と呼ぶ人も多いくらいです。

問題があるとしたら、この第一作であまりにも役者を殺しすぎたせいで、シリーズが下ると同じ役者が別人の役で登場するのを余儀なくされるはめになったので、ちょっと見ていて混乱することでしょうね。

梅宮氏は役作りのため、眉毛を剃り落としたところ、それは凶暴そうな顔になり、それを見た幼い娘は泣いてしまったとか。

ぜひとも第二部「広島死闘編」での千葉真一氏の怪演や、その他見どころ名ゼリフ満載の「代理戦争」「頂上作戦」もごらんになっていただきたいものです。

だってこれまでに見たやくざ映画で面白かったのって、これくらいだもんな……。

Edit | Reply | 

take51  2014, 06. 29 [Sun] 22:25

>ポール・ブリッツさん、こんばんは!!!

>ね、よかったでしょ! よかったでしょ!

はい、良かったです!(^.^)

>推してるのがわたしひとりだったら「広島死闘編」のラストシーンみたい>な気分になるところだった(笑)

理解が出来てないので「広島死闘編」も見てみます(笑)

>この映画の広島弁は、脚本の笠原氏が、広島弁にたいする知識がまったく
>ない状態から短期間で作り上げた「笠原弁」とでもいうやつで、ネイティ
>ブの広島の人はここまでガラの悪い言葉は使わないそうです。そりゃそうだ。

なるほどですね!これは恐らく僕らが高知が舞台の映画やドラマを見て、
違和感を覚えるのと近いんでしょうね(笑)

>金子氏と田中氏はこのシリーズを通しての悪役ですから、半分スピンオフ
>の第二部を除いた残り三作でも下品で憎々しい演技を見せてくれますよ
(^_^)

二人ともエグかったですね!けど、嫌いじゃないです(笑)

>特に金子氏の演じられる山守組長は、このシリーズの「主人公」と
>呼ぶ人も多いくらいです。

なるほど、、、シリーズを見れば見るほど理解、出来るんでしょうね!!
ますます他の作品も興味が沸いてきました!!(^.^)

>問題があるとしたら、この第一作であまりにも役者を殺しすぎたせいで、
>シリーズが下ると同じ役者が別人の役で登場するのを余儀なくされるはめ
>になったので、ちょっと見ていて混乱することでしょうね。

ははは!確かに相当、死にましたもんね、、(^▽^;)
同じ役者が別人で出てくるのは混乱のもとですね、、
よく整理してから見るようにします!

広島死闘編の千葉真一など、楽しみにしときます!!
紹介を頂いてなかったら見てない映画だったと思います。
素晴らしい映画の紹介を本当にありがとうございました!!\(^o^)/

Edit | Reply | 

宵乃  2014, 06. 30 [Mon] 16:48

わたしも田中邦衛が一番印象に残ってます。
この人だけは何の努力せずに顔が判別できたので(笑)
梅宮さんもけっこうわかりやすかったかな。

>「どんだけ人が死ぬんだ・・」

ですよね~!
本当にこれが実話をもとにしてるなんて信じられないです。日本は平和ボケしてると思ってたけど、ちょっと前にはそうでもなかったのか…。
現実と思うととてもじゃないけど観られない気がします。そこら辺は音楽に救われてたかも。

今回もご参加ありがとうございました♪

Edit | Reply | 

take51  2014, 06. 30 [Mon] 18:20

>宵乃さん、こんばんは!

>わたしも田中邦衛が一番印象に残ってます。
>この人だけは何の努力せずに顔が判別できたので(笑)

 おまけに、せこくて厭らしい役でした(笑)

>本当にこれが実話をもとにしてるなんて信じられないです。日本は平和ボ
>ケしてると思ってたけど、ちょっと前にはそうでもなかったのか…。

 「日本刀で切られた!」なんて昭和に起きていたことが
 信じられないです、、(^▽^;)

 キル・ビルの世界が実際に繰り広げられてた感じでしょうか?
 ・・・、恐ろしいですね。きみやすさんが書かれてましたが、
 タランティーノはこの映画を死ぬほど見てるとのことです。
 ある意味、納得が出来ました。「そうだろうな~」って(笑)

> 現実と思うととてもじゃないけど観られない気がします。
>そこら辺は音楽に救われてたかも。

 ですね!あの音楽は良かったと思います!!(^^♪
 今日もずっと頭の中で鳴ってました(笑)

>今回もご参加ありがとうございました♪

 こちらこそ、いつもありがとうございます!!\(^o^)/

Edit | Reply | 

きみやす  2014, 06. 30 [Mon] 21:36

こんばんは!!

>暗くて粗くて解りにくいですが、田中邦衛が良かったです。
>ここの部分の構図も良かったです。田中の品の無さが満載で(笑)

ここの構図良かったですよね~。
六人で出入りに行こうとした時の言い訳も、唖然としましたよね(笑)
そんな、ヘタレな彼は坂井側についているかと思っていたらと
実は・・・とか。

「おい。若杉の兄貴の隠れ家 地図に書き込んで、サツに密告したんはおどれらか?」

「・・・そがな 昔のこと誰が知るかい」この切り返しが出来る山守の憎らしいこと。

>と思いきや、意外と冷静で・・・。

そうなんですよね!!
自分も初めて観た時はコイツらを何故?と思いました。

>ラストのシーンも同様で冷静な菅原文太がとてもカッコ良かったです!
>他の連中は必要以上に血気盛んだったので、余計に目立ちました(笑)

きちんと“長老”の大久保の花にも銃弾を撃ち込んでいるところも納得でした。
自分たちの保身の為には何でもする奴らに対して
ある種の宣戦布告であり
おためごかしに塗り固められようとしている坂井に対する
広能のなりの献花だったのかもしれませんね。
それでは!!

Edit | Reply | 

take51  2014, 06. 30 [Mon] 22:18

>きみやすさん、こんばんは!!

>六人で出入りに行こうとした時の言い訳も、唖然としましたよね(笑)

 ここも笑っちゃいました!組長の話も胡散臭いと思ってましたが、
 梅宮が「いい人に囲まれてお前は幸せ者だ」なんて言ってるのを
 疑問に思ってました。後で「やっぱり!!」と思ってました(笑)

>「おい。若杉の兄貴の隠れ家 地図に書き込んで、サツに密告したんはお
>どれらか?」
>「・・・そがな 昔のこと誰が知るかい」この切り返しが出来る山守の憎>らしいこと。

 あの開き直り具合が憎たらしいですね、、、
 っていうか、セリフを完璧に把握されてますね(笑)

>そうなんですよね!!
>自分も初めて観た時はコイツらを何故?と思いました。

 未だに謎な部分です。何度か見返すと理解が出来るのかも
 しれませんが・・・。感情や目先で動かないのかな?なんて
 思ってます。

>きちんと“長老”の大久保の花にも銃弾を撃ち込んでいるところも納得でした。

 はい!納得でした!!

>自分たちの保身の為には何でもする奴らに対して
>ある種の宣戦布告であり
>おためごかしに塗り固められようとしている坂井に対する
>広能のなりの献花だったのかもしれませんね。

 ヤクザや極道のすべてを肯定することは出来ませんが、
 こういう心意気は素晴らしいと思いました!

サントラも興味がありますし、続編も見るようにします!!(^.^)

Edit | Reply | 

マミイ  2014, 08. 10 [Sun] 13:13

ご無沙汰しております。
台風の影響は大丈夫でしょうか?

かっこよかったですね~。
男の映画でした!・・・・私は好きですけど(^^;

タイトルは「仁義なき戦い」ですが、
広能は仁義にあふれていて
どんだけ非道でロクデナシでも「親」だから
山守を捨てる事ができないんですよね。
それだからこそ、結局は多くの血が流れてしまう
・・・・・というジレンマにシビれました。

Edit | Reply | 

take51  2014, 08. 10 [Sun] 16:05

>マミイさん、こんにちは!!

 こちらこそご無沙汰してました!!
 台風は大丈夫でしたが、今回もお客さんで被害に
 合われてる方がいらっしいます。自然の猛威にはどうしようも
 ないですね。。。マミイさんの方は大丈夫でしたか??

 なかなかカッコ良かったですよね!
 続編も見なければ、と思いつつ借りれてません。
 一緒に見るかみさんが気乗りじゃなくて・・(^▽^;)

>タイトルは「仁義なき戦い」ですが、
広能は仁義にあふれていて
どんだけ非道でロクデナシでも「親」だから
山守を捨てる事ができないんですよね。
それだからこそ、結局は多くの血が流れてしまう
・・・・・というジレンマにシビれました。

なるほどですね!広能は「そこまでしなくても・・」
という程、仁義にあふれてました。だからこそ
血が流れたんですね!!どこかで使わせて下さい(笑)

早いうちに続きを見たいと思います!!(^^♪

Edit | Reply | 

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  「仁義なき戦い」見た
  •  今月のブログDEロードショーは「仁義なき戦い」である。淑女の多いこの企画には珍しい、下品で暴力的な実録やくざ映画である。誰だこんな作品推薦したの……わたしだった(笑)  推薦したのは、この映画が掛け値なしに「面白い」からである。充満する生命力と、それを象徴する、ディフォルメされた広島弁。粗い粒子とがくがく動く手持ちカメラの映像はこれがドキュメンタリーではないかとすら錯覚させる。つかみ...
  • 2014.06.29 (Sun) 20:24 | クリスタルの断章