ブログパーツ
QLOOKアクセス解析

サラウンドに嵌った男は他の事にも嵌ってます(笑)

サラウンドは永遠に不滅ですが、ブログの幅を広げます(笑)
サラウンドに嵌った男は他の事にも嵌ってます(笑) TOP  >  見た映画のリスト

最近、見た映画「レヴェナント 蘇えりし者」「マイ・インターン」

・レヴェナント 蘇えりし者(BD)(2017-6)

やっと見る事ができました!
嫌いじゃない、限りなく好きなディカプリオが初めてオスカーを
とった映画として気になってましたが、新作で見る事はないか・・・、とか
ゲームオブスローンズに嵌ってたりで随分時間がかかりました。



ディカプリオの映画はタイタニックみたいな役より粗暴な感じが
合ってると思ってて(皆がそうだと思いますが・・)、僕は今までの映画で
一番好きなのはブラッド・ダイアモンドです。

共演のジェニファー・コネリーが素敵だった事で印象に残ってるのかもしれませんが、
僕の中で粗暴版ディカプリオとの出会いの映画でした。※記事はありませんでした(^▽^;)



この映画の内容に関しては他の方が書かれてる記事も極力、
読まないようにして、出来る限りフレッシュな状態で見ようと努めました。
ただ、受賞したディカプリオのスピーチ?記事?で撮影中、寒くて死にそうだった
という事だけ予備知識でありました。内容、時代背景何も知らない状態で観ました。

なるほど、まずよく凍え死ななかったな・・(笑)
と思いましたが、ほとんど台詞のない、極端に言えば身振り手振りの
サイレント映画のような状態で力を出し切った印象を受けました。



実際に極限の状態で撮影した事も関係あるのかもしれませんが、想像以上で
驚愕しました。あれが極寒の地での撮影はごく一部で、ほとんどは暖房の効いた
スタジオで背景はCGですよ、なんて言われると興ざめですね(笑) 
※仮にそうだとしてもコメントは控えてください。夢に浸らせてください(爆)




内容は別にして個人的にツボに嵌った事があります。
まず、冒頭でディカプリオが熊と戦いますが、その熊は灰色熊(通称グリズリー)
というヒグマの一種で大きく凶暴な熊です。シートン動物記でも登場しましたよね?

僕は小学校低学年の頃にグリズリーが好きな動物の1頭でしたので、
勿論、CGだと思いますが、僕のイメージとピッタリあうグリズリーに感動しました。
色んな映画で人と熊が格闘するシーンは見てきたような気がしますが、そのリアルさ
ではこの映画が一番だと思います。※本物を見た事がなく、想像で無責任に書いてます(笑)

ハイイログマ
※ネットより画像を拝借

同じく映画ではムース(ヘラジカ)も名前だけですが登場してました。
体が恐ろしくデカく、子供の頃に博物館で見た巨大なヘラジカを思い出して
懐かしかったです。できればヘラジカにも登場して欲しかったです。

ヘラジカ2





どれだけデカいかというと・・
ヘラジカ1


凄いでしょ?(笑)
※いずれもネットで画像を拝借




熊の描写に限らず、全体的に景色や雪の描写が本当に綺麗な映画で、
4Kで見たら驚愕的な美しさなんでしょうね・・。残念ながらうちのプロジェクターでは
この映画の映像の本当の美しさは引き出せてないと思います。

天井やサイドの壁を黒くしたいな・・・、なんて思いながら見てました。
俗にいう迷光対策で、対策をされてるajisaiさん宅で見たら凄いだろうな・・、と。




音もしっかりしてました。

緊迫感の凄い映画で、見ていてかなり消耗したのでほとんどを寝転んで見てました(汗)

それでもトム・ハーディとなんちゃって家族のキン○マの腫れた子が帰還したシーンで、
隊長が2階に上がって降りてくる時の映像と音のシンクロ具合から、この映画は
音の作りも全体的にいいんだろうな~、と理解する事ができました。
吹雪のシーンも寝転がっていても全部のスピーカーがフル稼働だったので、
間違いないと思います。ちゃんと聴いておけば良かったです・・・(^▽^;)




内容については割愛しますが、神の存在や理解を得て勝手に変えてしまうと
恐ろしいですね・・。あとディカプリオンの奥さんが亡くなる前のシーンと現在が
前後する作りになってましたが、その辺の理解度が低いように思います。

点数が8点なのは、その辺がイマイチ分かって無く「???」状態だからですね・・

この記事の文字数がいつになく多いので、気に入った映画である事が
伝わってると思います(笑)

【点数】
 内容:8 点
 映像:9 点
 音 :9 点
 総合:8.5点
 ※ディカプリオを見捨てたフィッツジェラルド=トム・ハーディと気付いたのは
  見た後のYahoo映画で気付き軽くショックでした(笑)






・マイ・インターン(BD)(2017-7)



この映画はジャケットを見た瞬間に見たくてたまらなかったのに、
見るまでに随分と日を要しました。どこかでハズレだったらどうしよう??
という思いがあったからですが、とんでもなく素晴らしい映画でした♪



やっぱりデ・ニーロが主演なのだと思いますが、アン・ハサウェイも
なかなか素敵な役でした。デ・ニーロはマチェーテのような半分コメディの
悪役も好きですが、今回のような本当に素敵な紳士を演じてもいいですね・・
かみさんには「無理でしょ」と言われましたが、あんな風な大人になりたいと思いました。


アン・ハサウェイは最近、ダークナイト・ライジングのキャットウーマン
(それなりにカッコイイ)や、アリス・イン・ワンダーランドのような役の印象が強かった
ですが、こういうヒューマンドラマ系の役(しかも多少コミカル)な演技が素敵ですね♪

大きな目が表情豊かに訴えかけてくる様は流石です!

後半、ベッドの上(座っての会話)でデ・ニーロと家族の悩みを
打ち明けるシーンや、最後の最後に不仲になっていた旦那とやり直す
為の話し合いをしてる時は久しぶりに涙涙で見てました。ちなみに
このシーンは出来過ぎだと、かみさんは少し敬遠気味でした・・(^▽^;)

(追記1/15)
書くのを忘れてました!ベッドの上で二人がテレビを見るのですが、
その時に流れていた映画が去年のブログDEロードショーで見た
「雨に唄えば」のワンシーンでした!そんな不思議な縁?もあったりで楽しめました♪

レヴェナントに比べて文字数は圧倒的に少ないですが、
僕はこの映画の方が好きです!僕はこういうハッピーエンドが好きなんですね!!


監督はナンシー・マイヤーズさんでホリデイや
恋愛適齢期も彼女の作品なんですね!この監督さんの映画は
他も見てみたいですね!(^.^)


【点数】
 内容:10 点
 映像:8 点
 音 :8 点
 総合8.5点
 ※大好きな俳優さんの二人が熱演とあれば悪いはずもなく♪




 ・内容 ・・・マイ・インターン 10点


 ・映像 ・・・レヴェナント 蘇えりし者 9点


 ・音 ・・・・レヴェナント 蘇えりし者 9点




[ 2017年01月15日 06:00 ] カテゴリ:見た映画のリスト | TB(0) | CM(4)

最近、見た映画「ザ・ブリザード」「デッドハント」

・ザ・ブリザード(BD)(2017-4)

久しぶりにパニック物が見たいな~、というかみさんの
リクエストもあって何となく借りた映画です!

この映画も最近、多い実話をベースにしたものですが、
本当に凄いですよね・・。映画になるくらいですから並大抵の話では
ないのは最初から想像はつきますが、この映画の「それ」はなかなかのレベルです。

恐らく実際は映画以上に壮絶だったのでは?とも思えます。

救助に向かう人たちが好きで仕事についた人たちばかりと思えませんが、
命を顧みず責任を果たそうとする姿勢は何なんでしょう?いくら仕事は
責任を持って・・、と言えど僕には絶対に出来ません(汗)

とりあえず出演者の大多数が無事に帰還する事ができて良かったです。
見ていて「頼むから皆が助かってくれ~」と必死で願ってました。
ま、それくらい映画にのめり込んでいた・・、という事です(笑)

映像は暗いシーンが多く、プロジェクターの調子が悪いと辛かったと思います。
最近、それなりに調子がいいので楽しむことができました♪

音も波が船にぶつかる音や、船内で繰り広げられるパニック要素が音で
十分に再現されていてヒヤヒヤしながら見る事ができました。

名前を調べてないですが、リメイク版のスタートレックの主役の彼が
シリアスな役を演じきってました。チャラいキャラより、こういう演技の方が
向いてるかも?そんな印象でした!彼女役も知らない女優さんでしたが
素敵な方で良かったです♪

【点数】
 内容:8.5点
 映像:8 点
 音 :8.5点
 総合:8.5点
 ※今年は辛口かも??(^▽^;)





・デッドハント(DVD)(2017-5)

大好きなゾーイ・ベル様が主演という事で見るのを楽しみにしていた映画です♪



ジャケットからして、どんなアクションを見せてくれるのか??
と期待させられましたので♪

見終えた感想ですが、それなりに良くはできてるのですが、
ジャケットは誇張されてるかも???(^▽^;)

例えばデスプループで見せたボンネットに捕まったまま走る
ような派手なアクションを期待してると、肩透かしをくらった気分になるかも?
僕はどちらかというと、エクスペンダブルレディズのような映画を想像してましたが・・

いずれでも無い訳です(汗)

ある意味、ジャケットにある「この女、死なない」ですが、
思っていた映画とは違ったという事で・・・・

それなりに彼女の魅力は楽しめます。

以上(笑)


【点数】
 内容:6 点
 映像:7 点
 音 :7 点  効果音が気持ち悪かったです・・(^▽^;)
 総合:6.5点
 ※それでも彼女が好きです(笑)


 




[ 2017年01月10日 18:00 ] カテゴリ:見た映画のリスト | TB(0) | CM(0)

「その夜の侍」をブログDEロードショーで見ました!

・その夜の侍(DVD)(2017-3)

1月のお題(第5回 真冬のファンタジー企画)が発表となりましたが、
僕はようやく昨年のお題をクリアしました(笑)

「その夜の侍」と「ミロクローゼ」を見ましょう!という事でしたが、
近所のTSUTAYAに「ミロクローゼ」が無く、「その夜の侍」のみの鑑賞となりました。
ともに「山田孝之が出てる」という事ですが、全くピンとこずで・・・・

いくらテレビを見ない、邦画をほとんど見ないとは言っても
それは酷いとかみさんに言われる始末。そんなに有名な方だったんですね・・(^▽^;)





感想は何となく分かるような気もするけど「???」という状態で見終えました(汗)

最後のプリンは奥さんの死から吹っ切れた事だと思いますが、
それにしても何故あのような行動を・・、というのが正直なところです。
それでも堺雅人の目に初めて生気が伴ったような感じでした。

いや、自分もかみさんが死んでしまったら(しかも、あんな状況で)
暫くは引きづってしまうと思いますが、それでもあのプリンは理解できないです。

理解ができない最大の場面はラストのクライマックスです。

運命の8月10日となり決戦が繰り広げられます。途中の会話の「2回目の殺人は
死刑が確定なんだよ」というやり取りで「そうか、そういう事か!!」と思って見てました。
タイトルの「その夜」は事故から5年後の8月10日、山田との決戦の時で、堺雅人が
「侍」っぽい存在で納得しかけてました。

それが最終的には「この物語は関係ないんだよ」←そんな感じだったと思います
と堺雅人が言った時点で、それまでに頭の中で構築されていた「その夜の侍」が崩れました。

美術館に並ぶ抽象画を見てる気分です。
ありますよね?目の前の絵とタイトルが全く一致しない事が・・(^▽^;)




見終えてすっきりしない感じは残りましたが、堺雅人と山田孝之の
演技は見ごたえがありました。正直、この堺雅人の演技は好きとは言えないですが・・
山田孝之の狂人ぶりは凄かったですね・・。もちろん近くにあんな人がいたら引っ越しを
考えたくなるくらい関わりたくない人ですが見ごたえはありました。

それにしても堺雅人の相手をした風俗嬢、道路整備のお姉さん、山田孝之に
ボコられた中年のおじさん。みな「孤独」「さみしい」と言ってましたが、あんなに
寂しい人が世の中に溢れてるんでしょうか??ちょっと怖かったです(汗)




この映画で良かったのが絵的なところで、光と陰の使い方です。

例えば雨の決戦シーンでは土砂降りで月明りも街灯も(恐らく)無い状況で、
二人はまるで舞台にスポットライトが当たってるような感じにしてました。
その時の明かりと暗いところのバランスが妙に心地よいというか・・・

あと堺雅人が暗い部屋で一人でいる時の雰囲気も良かったです。
ほとんど、うつむいてる状況が多かったと思いますが顔の下半分だけ
光が当たってる状況なのにメガネだけ白く浮いてる感じ??

宮本篤
※ネットから引用

漫画、彼岸島の宮本篤を思い出しました(笑)



今回も企画でなければ絶対に見てない映画でしたので
参加をさせていただいて良かったです♪

ミロクローゼも機会があれば見てみたいです!!
どうやら、そちらの方が見やすかったようなので(笑)

今回もありがとうございました!!\(^o^)/


[ 2017年01月06日 23:36 ] カテゴリ:映画の感想 | TB(0) | CM(4)

最近、見た映画「ターザン:REBORN」「パンデミック」

・ターザン:REBORN(BD)(2017-1)

2017年、最初の映画はターザンでした!本当は年末にほとんど
見てるけど・・・。キリがいいので、今年にこかしました(笑)

ターザンといえば昔からある映画ですが、「どんな映画ですか?」と
聞かれると、ちゃんと答えることができず、「アーーーアァーーー」と叫びながら
森を駆け抜けるイメージしかありませんでした。

で、この映画を借りた理由は特になく、ゲームオブスローンズを見終えた後、
とにかく何か映画を・・、というだけです。

とは言え、子供の頃に見たアニメのターザンに思い入れがあったことや
(詳細は思い出せません)、動物が好きだった事も理由には違いないと思います。
とりあえず無責任に感覚的に借りました。

この映画は現代版のターザンで、昔のターザンの設定と若干の変更が加えられてます。
という事で僕の中にあるターザンのイメージと、今回の映画で貴族の設定にになってる
ターザンが合致せず話に入り込めませんでした・・(^▽^;)

全然知らない俳優さんがターザンというのも入り込めない理由の一つだと思いますが、
顔に似合わず恐ろしい肉体美の持ち主で、あの体ならツタを使ってジャングルを
飛び交う事も不可能ではないな・・、と思えるほどでした。(もちろんCGだとは思いますが・・)

そう思ってみてるうちに親近感がわき、しかも奥さん役の女優さん(マーゴット・ロビー)が
好みの美人という事で話に入る事ができました。「???」状態の僕にかみさんが
フォローしてくれたのが一番かも??(笑)

最後はターザンらしい??敵のやっつけ方でスッキリしました。
あれで動物が1頭でも死んでたら嫌な気分になってたと思いますが、
実際はあり得ないと思いつつ、いい終わり方で良かったです♪

あまりに見事な映像で動物はどこまで本当だろうと思いながら
見てましたが、恐らく全部CGなんですよね・・・。凄い時代です・・・(^▽^;)

音もそれなりに楽しめました。
ゲームオブスローンズが凄かったので、評価が辛口になってるかも
しれませんが、最近の映画はそれなり以上には楽しめる音なんだと思います。

ターザンがジャングルをぶら下がるツタを使って飛び回るのは
分かりますが、ゴリラも一緒になって飛んでましたが・・・
本当にできるんでしょうか?それだけが引っ掛かってます(笑)

【点数】
 内容:8 点
 映像:8.5点
 音 :8 点
 総合:8.5点
 ※書き忘れてましたが、今回のクリストフ・ヴァルツは
  まずまずのパフォーマンスでした♪








・パンデミック(DVD)(2017-2)

物凄くB級臭くて僕は借りたくなかったのですが、
ラストは意外に良かった映画でした。

ラストは良かったのですがカメラワークがRECのパクり的なノリで進行し、
正直、途中で見るのを止めたいな・・、と思える内容でした。

今から書く内容はネタバレになります

















主人公の女性は家族を探す為に医師じゃないのに医師と偽ります。
ウイルスか何かに感染してゾンビ化する世界で、感染すると医師以外は
見殺しにされます。医師だと助けられます。

そんな中、感染した娘を救出し、娘に自分の来ていた防護服を着させます。
つまり医師として救出させ、命が助かるよう仕向けます。

最後のドタバタで自分は撃たれて死んでしまいますが、冷静に考えると
意識を取り戻した娘が医者じゃない事がバレルとどうなるんだろう・・、と。
もっと遡ると、主人公の女性がそもそも嘘をついていた事がバレルと
どうなるんだろう・・・、と見終えて暫くしてから気づきました。

とりあえず見終えた直後は感動して涙してました・・・。一緒に見ていた
かみさんも涙していたので、気が付いたアラ(矛盾)は黙っておくようにします(笑)

娘さんを救出する際、医師と偽っていた事が分かってからも協力してくれたのが、
ゲームオブスローンズのシオンでしたが、ちょっとカッコイイ役で良かったです♪
ゲームオブスローンズでは酷い役でしたので・・・(^▽^;)

【点数】
 内容:7 点
 映像:7 点
 音 :7.5点   恐怖をあおる音づくりだったと思います
 総合:7.5点
 ※ゾンビ映画もそろそろ限界のような・・・(^▽^;) 









[ 2017年01月02日 20:00 ] カテゴリ:見た映画のリスト | TB(0) | CM(2)

最近、嵌りに嵌ってるゲーム・オブ・スローンズの話

久しぶりにカテゴリで「音、内容ともに最高の映画」を使いました。
正確にいうと映画ではなくTVドラマですが、この際いいでしょう・・(^▽^;)

このドラマはエミー賞も最多受賞という事でかなり人気のある作品です。
ドラマに嵌ると他の事ができなくなるので、極力関わらないようにしてたのですが、
久しぶりに手を出しちゃいました。

僕も普通の映画を見る時間が無くなるほど、このドラマを見まくってます(笑)

2812ゲームオブスローンズ (1)

内容については割愛します。暴力、エロいシーンが多く、それが嫌な人には苦痛かも
しれませんが、平気な人にとってはかなり面白いと思います。暴力シーンは相当で、
虐待シーンなどは目を覆いたくなる事も??(汗)

2812ゲームオブスローンズ (2)

という事で、ここでは音について紹介したいと思います。
このドラマを見始めた時に面白いだけでなく、音もいいと書いた記憶が
ありますが、シーズン5以降の音声フォーマットは何とDolby Atmosで収録(汗)

うちは5.1chでの視聴ですが、このドラマの空間表現は半端じゃありません。
例えば戦闘シーンの音が激しいとか音の繋がりがよい・・という話ではなく、
(いや、それも素晴らしいんです)、ちょっとした何でもないシーンで周囲の喧騒感の
作り込みが丁寧なんです。その丁寧さで臨場感が半端なく伝わってきます。

いや、ここまでの映画はお目にかかったことがないかも??

最近、映画は寝転がって見る事が多く、もしかしなくても製作者がこだわって作った
であろう、音を聞き逃してるはずです。(音にこだわったブログを書いてるはずなのに)

そんな僕がこのドラマだけは、ほぼ所定の位置に座って見てます。

例えば砲撃が頭上を超えていくようなシーンは5.1chにも関わらず、
結構な高さを感じる事ができます。いや、これはatmosだとどんな鳴り方を
するんだろう??と激しく想像してしまいます。

このドラマの音について書かれたブログが無いか、少し検索してみましたが、
どうやらいらっしゃらないようですね・・・。shuさんが書かれてたらごめんなさい、
見つける事ができませんでした・・(^▽^;)

お金のかけかたが半端じゃないと思われるのは出演者の衣装が
凝りに凝ってる事からも想像できます。プロジェクターの調子がいいと
質感もしっかりでて見ごたえ十分です!!

向こうのTVドラマは日本では考えられないくらいの費用が投入されてる
らしいですが、このドラマは別格ですね、恐らく。そういった類の記事を
他でも見ましたので間違いないでしょう!

今、シーズン6まで出てますが続きが気になった仕方ありません(笑)

何でもシーズン8で終わりらしいですが、1シーズン10話ではなく
合計13話とか??今の流れから考えると知り切れとんぼになりそうな予感??
そんな結末だけは勘弁してもらいたいです・・・(^▽^;)


音、内容だけでなく映像も素晴らしいですから・・
久しぶりに大当たりの作品でした♪












[ 2016年12月27日 21:00 ] カテゴリ:音、内容ともに最高の映画 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

take 51

Author:take 51
なんちゃってホームシアターで
映画を楽しんでます!

映画は内容も大事ですが、
やっぱり音ですよ!
サラウンドですよね!!!

派手な音が入ってると
思わずニンマリ!(笑)

【他に嵌ってる事のブログ】
「↓↓↓」もどうぞ!(^^♪

メダカに嵌った男のブログ
競馬に嵌った男のブログ
「麺」に嵌った男のブログ

見られてる記事ランキング
月別アーカイブ

FC2ブログランキング
ブログランキグ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ blogram投票ボタン
カテゴリ
ブログ内検索
QRコード
QRコード